menu
バックナンバー 2014年 12月

IMG_0096(軽) 先の衆議院総選挙は自民・公明が勝利し、引き続き政権を担う結果を得た。改めて我が党にご支援いただいた全ての皆さまに衷心より感謝し御礼を申し上げたい。ありがとうございました。重い重責を負う政権与党には難問が山積している。今年5月に有識者らで組織する日本創成会議が発表した、2040年に全国の数多くの市町村が「消滅」の危機に直面するとした試算は、多くの国民に衝撃を与えた。本県においても、2005年から人口減少が始まり今後も長期にわたって減少傾向が続き、2040年には人口100万人を割り込み、974千人となると推計されている。人口減少問題は待ったなし。また、7月に閣議決定した安全保障法制の整備についての閣議決定についても来春、関連法案の審議が始まる。さらには今回の選挙での最大の争点となったアベノミクス、その効果は地方、家計にはまだまだ届いていない。これらの課題について、一つ一つ論点を明確にして丁寧に熟議を交わし、合意形成に努めていくことが求められる。その役割が一番求められるのが連立を組む公明党であると確信する。公明党は今回の選挙で現行制度導入後最多となる議席を国民から与えられた。公明党に対する期待は大きい。国・地方あげてこの期待に応えていく決意を新たにし、明年へ向けて出発します。

最近の記事
公明党広報
Twitter
QRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者