menu
バックナンバー 2012年 6月

尊敬する政治評論家、森田実さんのブログ
「森田実の言わねばならぬ」より
防衛という国家の要職を民間人に任せるというのは、内閣として無責任、堕落の極みで、野田首相のセンスを疑う。国防には、国民から選ばれた国会議員が責任を持ってあたるべきで、民主党に適任者がいないなら、他党からでも人材を求めるべきだった。専門知識があるから、というだけで民間人を選ぶのは間違っている》
野田首相の人事は間違いだらけである。あまりにも無能である。無能すぎると思う。人間を見抜く力のないトップは必ず失敗する。それに防衛という国家の任務が何なのか、を理解できていない。防衛は国権の最高機関である国会のメンバーが責任をもって当たるべき国の最重要責務である。民間人に任せるべきではない。それに、森本氏は小泉政権以後の自民党政権の御用学者だった人だ。無責任すぎる。
野田首相がいまなすべきことは衆議院解散である。衆院解散だけが野田首相に残された唯一の課題である。これもできないのであれば、即退陣しなさい。

最近の記事
公明党広報
Twitter
QRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者