生い立ち

かまた悦子 生い立ち写真 かまた悦子 生い立ち写真

朝起きると、すぐに靴を履いて隣の家に遊びに行ってしまう。悦子は、小さい頃からそんな活発な子どもでした。

ある日のこと。母親から「人のおうちにお邪魔する時は『お邪魔します』と言ってから入るのよ」と教えられました。すると、お隣の家にあがる際、「いただきます!」と悦子の大きな声。お隣の方が笑いながら教えてくれたそうです。

悦子は家の中よりも、外で遊ぶことが大好き。目をぬすんでは外に行くため、母親も家でじっとしていられないほどでした。

祖父は自分の子ども達が全員男の子でもあり、初孫で女の子の悦子をとても可愛がりました。祖父は町内の知人の家をはじめ、勤め先だった区役所にまで悦子を連れて行き、自慢して歩きました。

1歳7か月違いで妹が、小学校2年生の夏休みには弟が誕生。二人のことをとても可愛がりました。

小学校時代

かまた悦子 小学校時代

悦子はとても目立ちたがり屋でした。遠足では、必ず写真屋さんが同行して写真を撮ってくれます。目立ちたい一心で写真屋さんの後を追いかける悦子に、写真屋さんから「あなた写りすぎだから、どいてね」と苦笑いされたことも。

小学校時代まで過ごした団地は、大切な思い出の場所です。団地の中は車が入ることもほとんどなく、子どもたちが全力で遊んでも安全でした。毎日のように友達とかくれんぼや鬼ごっこ。走り回ったり、滑り台をしたり、高い塀の上でドンじゃんけんをしたり。

6年生の最後のお楽しみ会では、「青い海と少年」というお話の劇を披露。監督は、悦子です。本番までグループの中心として、小道具や大道具を作り、演技の仕方を考えました。大成功をおさめた達成感は宝物になっています。

中学校時代

かまた悦子 中学校時代

上板橋第3中学校のバレーボール部は、区内でも好成績を残すチームでした。学校外の合唱団にも所属していた悦子は、部活動と合唱団の両立を目指しました。苦労もありましたが、バレーは控えのセッターとしてやり通しました。

3年生の時の文化祭(若鳩祭)ではクラスで大凧づくりに挑戦。企画から準備までみんなで協力して成し遂げました。日本橋にある「凧の博物館」 にも見学に行くなど努力した末、大空を舞う大凧を見上げた時の感動は、今も鮮明に残っています。

高校時代

かまた悦子 高校時代

ある日、バレー部で「団結」が課題になり、話し合いを重ねます。

でも、なかなか団結が見いだせない時、顧問の先生から「一人ひとり個性も考えも違うのだから、全てをそろえる必要は無い。団結に大切なのは、全員が同じゴールを目指すこと。山登りと同じで、登り始める場所や登り方は自由で良い」と教えられました。

さらに「ただし、目指すゴールが同じであれば、ゴールに近づけば近づくほど、全員が近くに集まっていき団結できるものだ」とも。

青春の一コマに学んだ思い出は、社会人生活で、また現在に至るまで大切な指標になっています。

大学時代

かまた悦子 大学時代

サークル活動は「教育学部企画」に所属。これは大学祭で、展示やアトラクションを行うことを目指し、学部生の絆を強めることを目的とする団体です。

仲間達から、誕生日を「どっきり企画」で祝ってもらったことがありました。家族も巻き込んだもので、とても驚き、感激。これをきっかけに、1年間を通して、仲間の誕生日を「どっきり企画」で祝うことに。

周りのみんなを笑顔にすることに全力を注ぎ、企画や準備に没頭しました。

教員時代

かまた悦子 教員時代

クラスの子どもたちと向き合う際に心掛けたことは、一人一人の心と心をつなげていくこと。逆に、友達の悪口を言って、子ども同士の心が離れてしまうような言動は、きちんと注意をしました。

学級には、教員に自分から話しかけてくる子もいれば、そうではない子がいます。また、そばに居るけれど言葉が出てこない子、そばにも寄って来られない子も。

子どもたちにとって、最も身近であり、味方である教員でいられるよう、子どもたちに自分から声を掛け、近寄るように意識しました。これらを積み重ね、一人一人が大切にされる温かい学級作りを目指したのです。

昭和47年12月 板橋区生まれ
昭和63年3月 板橋区立上板橋第三中学校卒業
平成3年3月 創価高校卒業
平成7年3月 創価大学教育学部卒業
平成7年〜平成10年 北区立幼稚園教諭
平成10年〜平成24年 小学校教諭(板橋区立志村小学校・金沢小学校など)
平成24年 創価大学教職大学院
平成25年 台東区教育委員会指導主事
平成29年 渋谷区立西原小学校副校長
平成31年 台東区教育委員会統括指導主事
令和2年10月 退職
令和2年11月 公明党 東京都本部女性局次長
令和3年7月 東京都議会議員選挙 初当選(1期目)
趣味 旅行・読書
性格 明朗
尊敬する人

 

LINE Twitter Instagram Facebook YouTube

 

かまた悦子 公明党 東京都本部女性局次長(板橋区・鎌田悦子)

プロフィール  政策  動画

Twitter
サイト管理者
かまた悦子
e.kamata.itabashi@gmail.com