バックナンバー: the ‘党活動、党行事’ Category

sns_tmp_74861_0673402001613199581.jpg午前、自宅事務所でリモートによる議員総会に参加。
今後の予定など、諸課題について協議。

sns_tmp_74861_0819030001611812510.jpg公明党の県議・和歌山市議・海南市議が出席。
担当職員によるIR(統合型リゾート)誘致の現状等の説明を受け、質疑応答。
私は、国道42号や海南駅周辺で予想される交通渋滞等への対策について私見を述べ質問しました。

土・日は機関紙「公明新聞」の配達担当です。
午前5時、夜中に降った雪が車に積もっていました。
安全第一で、無事配達完了しました。sns_tmp_74861_0830516001610143420.jpg

県内550河川「総点検」基に知事へ要望/水害対策計画作り急げ

本日の公明新聞に、公明党和歌山県本部が昨年から約1年かけて実施した「河川総点検」に関する記事が掲載されました。

13250176148286_0

15a公明党和歌山県本部・県民運動局6名がオンラインで2021年の活動について協議を行いました。

終了後、局長である私が会議の概要をまとめ県本部へ送信しました。

内容については、次回の議員総会で発表します。

1205-1午後1時30分から和歌山市のホテルアバロームきのくににて開催の鶴保庸介参議院議員の講演会に出席。
早めに到着したつもりでしたが、メイン会場が満席となったため映像配信の3階で視聴。
鶴保参議院議員の挨拶の後、岡本昭彦吉本興業ホールディングス(株)代表取締役社長が「コロナ禍におけるエンタメ」と題して基調講演。1205-2

15a午前10時からオンラインで開催の支部長会に出席。

当面の行事予定や諸課題について協議を行いました。

近日中に各局で2020年の運動方針等についての協議を行い、次回の議員総会で局長から報告する事が決まりました。

599019時から、海南保健福祉センターにて11月度の党支部会を開催。
新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、今年2月に開催予定の支部会を中止して以来、10か月ぶりの開催となりました。
また今回、党県本部顧問でもある熊野せいし参議院議員(農林水産大臣政務官)が、有田支部と海南支部の支部会へ出席し、国政報告を行いました。熊野正士

午後3時、和歌山市のホテルアバローム紀の国で開催された自民党の石田真敏衆議院議員(=前総務大臣・和歌山2区)の時局講演会に出席しました。
基調講演で講師をつとめられた西村経済再生大臣は、新型コロナウィルス感染予防の徹底と経済活動の両立が重要である事を強調・力説されました。sns_tmp_74861_0682238001605343921.jpg

公明党和歌山県本部として、多田代表、中副代表、岩井幹事長、西風和歌山市議とともに知事室を訪問し、河川総点検を基に取り纏めた6項目の申し入れを行いました。

仁坂吉伸県知事からは「申し入れの内容はごもっともである。それぞれ、前向きに進めたい」といった趣旨のお答えを頂きました。

その後、県庁内にある記者室を訪問し、河川総点検の概要並びに知事に申し入れを行った内容等について、会見発表を行いました。0001