バックナンバー: 2020年 10月

ポスターコロナ対策 公明党の提案が実現‼
◎1人あたり一律10万円(特別定額給付金)
◎全国民にワクチン確保へ
◎中小企業への支援を拡充(雇用調整助成金・持続化給付金等)

熊野せいし農林水産大臣政務官(公明党参院議員・党県顧問) 、多田純一県議会議員(党県代表) 、森下貴史海南市議とともに『JAながみね』を訪問。
蔵出しミカンの生産販売について、鳥獣被害の現状について、耕作放棄地の現状について、営農後継者の問題について等々、常務理事にお話を伺いました。sns_tmp_74861_0082783001603180043.jpg

午後、和歌山市勤労者総合センターにて『第13回・公明党和歌山県本部大会』を開催しました。

IMG_1963ご来賓の尾花正啓和歌山市長は
「小中学校の全ての普通教室にエアコンを設置。コロナ禍の中、児童生徒が暑い思いをせずに済んだ。公明党の尽力に感謝する」
などと挨拶。

IMG_1965IMG_1966IMG_1973県本部顧問の熊野せいし参院議員、山本かなえ参院議員、浮島とも子衆院議員が挨拶。

IMG_1970県本部代表には、多田純一県議会議員が再任し、新たな決意を述べられました。

IMG_1982北側一雄党副代表は、代議員からの
①「衆院解散・総選挙の時期は」②「大阪都構想に対する考え」などの質疑に
①「様々考えられるが、総理のご発言からは、年内はないのではないか。ただ、最大でも来年10月には任期満了を迎えることから、常在戦場で闘う」
②「もともと公明党は大阪府と市の二重行政の改革に積極的であったが、前回案は問題があり、拙速な進行に反対した。その後、公明党からの様々な提案が反映された制度案になったので、賛成・成立を目指している」との趣旨で回答。
最後に、明年2月14日で任期満了となる岩出市議選(選挙日未定)に立候補予定の3名(現職2名・新人1名)に公認証書を授与しました。

IMG_1962会場には、「河川総点検」に関する資料として、河川総点検台帳や写真が展示され、多田代表の挨拶の中でも紹介されました。

00 (1)先日に引き続き『河川総点検』の総括・取りまとめのため、多田県代表・芝田御坊市議と共に県の日高振興局を訪問し、局長・部長・担当職員の方々と河川に関する課題について意見交換を行いました。

その後、管内を流れる印南川の浚渫工事の予定箇所などを視察しました。00 (2)

00 (3)

arida-sinkoukyoku (1)公明党和歌山県本部として取り組んでいる『河川総点検』の総括・取りまとめのため、多田県代表・岡田有田市議と共に有田振興局を訪問し、局長・部長・課長らと意見交換を行いました。
その後、管内の山田川・北谷川・江上川の危険個所や改修予定箇所などを視察しました。arida-sinkoukyoku (2)arida-sinkoukyoku (3)

sns_tmp_74861_0970392001601707105.jpg本日午前、党県本部主催の支部長会をオンラインで開催。

多田県代表から党全国大会に参加しての報告がありました。

今後の行事予定や会合開催における留意点など、諸課題について協議を行いました。

写真は、会議開始の15分前、妻がスマホで撮影したものです。

本会議当局から提出された議案は、いずれも、承認、または認定、または可決し、閉会しました。

定例会閉会後、議会運営委員会を開催し、議員および事務局職員を対象としたタブレット端末の導入に係る諸課題について協議、検討を行いました。