公明党広報局
ブログバックナンバー
公明党広報
サイト管理者
門真市 内海武寿
utsumi@komeikadoma.com

Archive for 2020年 2月

南部市民センター多目的ホールで第5回砂子校区自治連合会文化祭が開催されました。

オープニングで萱島くすのき和太鼓の迫力がある演奏で体中に振動が伝わりました。

その後、地域の方々の舞踊が披露され、大きな拍手に包まれました。

1

 

ヤクルト千成の職員の方からヤクルト健康教室として「おなかの健康と腸内細菌」の講演があり、人間の腸には約1000種類の細菌がおり、小腸は約6m、大腸は1.5mの間で善玉菌と悪玉菌が攻防戦を繰り返しているそうです。

2

今回の医療講演は安田眼科クリニックの医師から「白内障の症状と治療」と題して、白内障の症状や手術方法など詳しく教えて頂きました。

3

午後からは、砂子校区楽々体操やカラオケが行われ、最後にはお年玉抽選会で盛り上がったようです。

今後もこのような地域行事を通し、たくさんの方々が参加し世代間を超えた交流が続いていくよう期待しています。

寝屋川市にある讃良立坑を見学しました。

見学前に大阪府寝屋川水系改修工営所の職員の方から寝屋川流域総合治水対策の取り組みをレクチャーしていただきました。

1

寝屋川流域の特徴として水はけ悪いのが挙げられ、京橋口が流域唯一の出口となっています。

治水対策として河道改修、下水道の整備、分水路、地下河川などがありますが、今回は地下河川につながる讃良立坑を見学しました。

讃良立坑は内径35.0m、壁厚2.5m、掘削深さ48.8m(12~13階のビルの高さ)、工期は、平成21年6月~平成24年6月までの約3年間で建設されました。

中に入ってみると深さや径の大きさが実感できました。

2

 

3

4

 

5

6

7 (2)

また立坑前には簡易な部屋ができるテントパーコラが設置できる防災広場になっています。

8

想定外の自然災害が毎年のように発生し、全国各地で多大な被害が出ています。

今後もしっかりと治水対策が重要だと痛感しました。