Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
泉佐野市 辻中隆
souka0503@ybb.ne.jp

7/6(月)午前10時から
市議会だより編集委員会が開会されました。 6月定例議会での議案の採決や、質問項目等など。内容の審議を行い、8月号の市報に折り込み予定です。 終了後、会派室で団会議。
九州方面の熊本県をはじめとする豪雨でお亡くなりになりました方々にお悔やみ申し上げます。 また避難されている皆様、救援活動をされている関係各位に感謝申し上げます。
命最優先の行動をお願い致します。
#市議会だより編集委員会

7/2(木) 公明新聞に泉佐野市会議員団の実績が掲載されました。
#公明新聞
#議員報酬
#新型コロナウイルス対策
#公明党泉佐野市会議員団
#市議会ぎ#辻中隆

あおり運転が厳罰化されました。
本日、7/1市内のオートバックスで、ドライブレコーダーを取り付けました。
#あおり運転の厳罰化
#ドライブレコーダー

昨夜、我が家の晩ご飯の味噌汁の中にこの度のミニ家庭菜園ではじめて収穫した茄子が具として入ってました。
茄子をはじめ、トマト、きゅうり、ピーマン等など。 順調に育ってきてます。 心配事があります。
今朝、トマトの近くに烏(カラス)が、2羽近づいてましたので、追い払いました。 ネットを購入しなければならないよ〜
#ミニ家庭菜園
#初めての収穫

6/25(木) 泉佐野市6月定例市議会が閉会致しました。
今回の質問では、やはり新型コロナウイルスに関する質問が多かったです。
特別定額給付金事業については、泉佐野市の場合、6/17時点では、給付対象世帯数約47700世帯に対して、給付済み世帯数が45079世帯、率にして94·5%です。 また給付予定金額では、100億3400万円に対して、給付済み額が96億4600万円、率にして96·1%です。 まだ、申請していない方は、忘れずに申請のほど願います。
 議会としても、新型コロナウイルスでの影響を鑑み、議員報酬15%カットを来年の3月迄、全ての委員会視察の取りやめをあわせて約1800万円の減額を今秋の国勢調査のおり、市内の各世帯に対して各10枚のマスクの配布の予算が成立しました。
6/26(金)午前10時〜
泉佐野市田尻町清掃施設組合議会が開会されました。
今年度も泉佐野市から6名、田尻町からは4名の組合議会議員が選出されました。
公明党議員は、田尻町の東議員、泉佐野市からは、私(辻中)と大庭議員が選出されました。
今後とも、宜しくお願い致します。
#泉佐野市6月定例市議会
#泉佐野市田尻町清掃施設組合議会
#市議会議員
#辻中隆

6/23(火)午前10時〜
市役所5階 議場於いて
6月定例市議会第2日目
会派代表質問がはじまりました。
チーム泉佐野創生、公明党、大阪維新の会の3会派の代表質問で終了。
6月議会から議場の壇上にはアクリル板が設置されました。
明日6/24(水)も残りの会派代表質問からはじまります。
#6月定例市議会
#市議会議員
#辻中隆

6/16(火)
我が家のミニ家庭菜園の報告
日に日に、実ってきている野菜。
なんか嬉しいですよね。
茄子やトマト等など。
#ミニ家庭菜園
#辻中隆

6/16(火)公明新聞より
大阪府の施策で、この度の休業要請外にも支援金がはじまります。
先週、行きつけの散髪屋に行きましたが、この度のコロナの影響があるとのこと。 常連のお客さんが曰く、お店を休んでいたんだろ?って。
勝手な思い込みもあってかなりの売上減収との事です。
本当に嬉しいですよね。
早速、行きつけのお店に知らせます。
#大阪府休業要請外支援金
#公明新聞
#市議会議員
#辻中隆

6/11(木)午前10時〜
厚生文教常任委員会が土原委員長(公明党)の進行のもと、開会されました。 私は、所属委員ではないので、隣接の部屋で傍聴致しました。委員会では、奨学金基金条例をはじめ、様々な補正予算が審議され、全員賛成のもと承認され午前中に閉会致しました。

6/10(水)午前10時〜
委員会室に於いて
総務産業常任委員会が開会されました。 市内の中学校や小学校のプール整備の入札や新型コロナウイルスに対する補正予算等々が審議されました。
委員会では、全ての審議について了承されました。 とりわけ、私は先月、議長職を退任までに、議員報酬15%カットと各種委員会視察の取りやめを推進してまいりました。 全会派一致で減額することに賛同を頂きました。議員報酬分と視察分をあわせて1836万円を新型コロナウイルス対策への財源にして頂く事になりました。
委員会での質問で、全世帯10枚のマスクの配布にあたり、以前と比べて店頭にも品物(マスク)が、ならぶようになり、値段も安くなって来てます。 さらに価格も安くなる事を予想して、当初よりも不用額が出る事を考慮して、議会としても再度、マスク以外にも市民の方が喜ばれる案の協議を設けることを提案いたしました。 現場の声に耳を傾け、何を求めているのか、どうすれば、喜ばれるかを今後も考えて参ります。