Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
泉大津市 溝口浩
h-mizo@amber.plala.or.jp

Archive for 2014年 4月

総務副部長を務める大阪工業大学学園校友会の

平成25年度決算の監事による監査が開催され、

出席した。会計決算上の不備はなく、承認いただ

いたが越前屋監事から、支部総会への本部役

の来賓出席の頻度、現役学生への卒業記念品

在り方、理事会の経費削減の考え方など、種々の

提言があった。内山会長より、運営会議の中で、

議論していきたいとの回答もあった。校友会の持

続可能な運営上での提言は本当に有り難い。これ

からの真剣な論議が待たれるところである。

副会長を務める大阪工業大学校友会の企画会議が

学園大宮西学舎の研修センターで開催され、出席

した。北條会長の挨拶の後、報告事項として4月4日

開催の平成25年度会計監査に伴う平成25年度会

計決算・監査報告について池田総務部長から説明

があった。又、4月5日の大阪工業大学入学宣誓式

に出席された北條会長からその内容について報告

があった。次に学園校友会の理事選出について、

大阪工業大学校友会推薦の平成26・27年度理事

について4人の氏名の報告があった。審議事項に移

り、①平成26年度総会について、総会案内の送付

や、会場の決定、講演者の決定、各科同時開催の状

況等、協議した。②平成26・27年度の役員について

各部の部長、副部長(案)について人選を行い、それ

ぞれ内諾を得る作業に入る事を確認した。③その他として、北條会長の私案による、各

の取り組み課題について説明があり、それぞれについて協議した。

総務副部長を務める大阪工業大学学園

校友会の運営会議が学園大宮西学舎の

研修センターで開催され、出席した。審

議事項として①平成26年度・積立金会計

予算ついて②平成25年度会計・決算に

ついてを私より提案し、承認をいただい

た。③会則の変更について④高槻支部か

らの会員認定申請についてを北條副会

から提案があり、承認された。⑤役員

候補者選考委員会の設置についてを

内山会長から提案があり、役員改選を選

考するための組織体の設置が承認された。⑥平成26年度理事会[5月24日開催]の

スケジュールについてを確認し、⑦平成26年度理事会の提案事項について協議した。

⑧「さぁ、手を振ろう」の再CD化について審議し、⑨支部援助金の申請について、支部

青年部会の設置に伴う申請があり、全会一致で承認された。⑩その他として、運営会議

の年齢制限について会長から提案があり、了承された。次に報告事項として、①一般経

過報告についてを辻井事務局長から、②総務部会[4月9日開催]についてを北條副会

長から、③平成26年度総会・全国支部交歓会の参加申し込み状況についてを村田事業

部長からあり、バスツアーの参加者が見込みより多くなったので、船をチャーターした旨

の報告があった。④青年部活動について田村副部長から、新しくメルマガを発行したい

旨、報告があった。⑤その他として、眞野組織部長より停滞している支部の状況につい

て、告があった。


公明党大阪府本部4月度議員総会が関西公明会館で開催され、出席した。最初に小笹

府本部幹事長より、幹事会報告があり、次に議員活動報告として、小北吹田市議会議

より報告があった。国会議員報告として国重府本部副代表(衆院議員)から、最近の活動

状況と、空家等対策の推進に関する特別措置法案の解説があった(写真左下)。次に佐

藤府本部代表から、雇用保険法の改正について、育児休業給付率の引き上げの説明が

あった(写真右下)。

最後に北側関西議長(衆院議員)から、憲法に基づく国民投票法の対象年齢の18歳に

ついての考え方について説明があった(写真下)。


京都府、京都文化博物館、産経新聞社、京都新聞

主催の光の賛歌印象派展が京都文化博物館で開

催されおり、鑑賞した。マネ、モネ、シスレー、ピサ

ロ、ルノワール等世界でも有名な印書派の画家の

絵が集結し、ルノワールの「ブージヴァルのダンス

」も間近に観た。モネの睡蓮は、池に浮かんだ睡

蓮の間の水面に空が映し出されるもので、少し離

れた位置から観るほうが良く解かり、その技法の素

晴らしさに驚かされた。又、シスレーの「モレの橋」

は、日本の浮世絵の遠近法が影響を与え、いか

にも町へ入っていこうとする視点が鋭い。又、セーヌ

川が海へと注ぎ込むヨンキント作の「エトルタの海岸」

では、断崖と空と海とのコントラストが効いていて、印

象派ならではの作品だと感心した。



副部長を務める大阪工業大学学園校友

会の総務部会が学園大宮西学舎の研修

センターで開催され、出席した。協議事

項として①平成26年度・積立金会計予算

について②平成25年度・会計決算につ

いて③会則の変更について④高槻支部

からの会員認定申請について⑤平成26

年度理事会[5月24日(土)開催]のスケ

ジュールについて⑥平成26年度理事会

の提案事項について⑦「さあ、手を振ろう

」の再CD化について⑧支部援助金の申

請についてをそれぞれ、協議した。特に、理事会の運営については、今回役員改選時期

を迎えており、きめ細やかな運営が望まれる事から、細部の検討が必要だと思った。


上條小学校の入学式が体育館で開催さ

れ、来賓出席した。①開式のことば②国

歌斉唱③校長のお祝いのことば④PTA

会長のお祝いのことば⑤担任発表⑥新

2年生の歓迎のことば⑦閉式のことばと

続いた。写真右は新2年生の楽器演奏

で、1年違うとこうも違うものかと思われる

程、統率もとれ、声も大きく立派な「歓迎

のことば」だった。本年103名の入学お

めでとう!

中学時代(大阪市立三国中学校)陸上部

の同窓会で、顧問の中村先生を囲んだ、

中村会が梅田のがんこで開催され、参加

した。クラブの後輩との集まりで、昔話に

が咲き、楽しい一時となった。

幹事を務める大阪工業大学学園校友会

青年部の平成26年度第1回青年部幹事

会が学園大宮西学舎の研修センターで

開催され、出席した。協議事項として、①

今年度事業について②支部総会への参

加について③メール配信についてを協議

した。特に事業については、青年部本来

の若い世代の掘り起しについて、参加者

全員で、真剣な議論を重ねた。

副会長を務める大阪工業大学校友会の平成25年

度決算の会計監査が学園大宮西学舎の研修セン

ターで開催され、三船監査委員から、その報告を受

けた。平成25年度は初めての試みとして、ホームカ

ミングデイを校友会と大学とが共同で開催し、大成功

を収めた。事業の会場費を抑えたり、参加費も受益

者負担の原則を徹底させ、収支改善を図り、数年ぶ

りに単年度での黒字会計となり、監査委員からもお

褒めの言葉をいただいた。中長期の財政管理を念

頭に置いた事業運営の必要性を実感した。