Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
泉大津市 溝口浩
h-mizo@amber.plala.or.jp

第6回全国市議会議長会研究フォーラムin青森

が青森市文化会館で開催され、参加した。初日は

元総務大臣で野村総合研究所顧問、東京大学公

共政策大学院客員教授の増田寛也氏による「二

元代表制と地方議会改革」と題した基調講演があ

った。東日本大震災の例を通し、緊急時に首長に

変わって、議会が機能を発揮すべきとの指摘があ

った。次に「地方議会と直接民主主義について」と

題してパネルディスカッションが行われた。コー

ディネーターは東京市政調査会研究担当常務

理事の新藤宗幸氏、パネリストは、東京大学法

学部教授の宇賀克也氏、東京大学公共政策大

学院教授の金井利之氏、読売新聞東京本社編集

委員の青山影久氏、青森市議会議長の花田明仁氏で、議会が代理人としての機能を

果たしているか、首長主体の劇場型政治、喝采型政治とポピュリズムに対抗し、多様な

意見を汲み上げていく議会のあり方に立ち返れとの指摘があった。

コメントは受付けていません。