Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
泉大津市 溝口浩
h-mizo@amber.plala.or.jp

Archive for 2007年 10月

オブザーバー出席が認められている、議会だより編集委

員会が開催され、出席した。今回から記名掲載される、第

3回定例会の一般質問の内容について原稿が出揃い、意

見交換がされた。

15日、16日の2日間で第2回全国市議会議長会研究フォ

ーラムin熊本が熊本市民会館で開催され、参加した。初

日は、竹中平蔵元総務大臣より基調報告があり、東京大

学教授の神野直彦氏をコーディネーターとして、関西学院

大学教授の林宣嗣氏、読売新聞東京本社編集委員の青

山彰久氏、明治大学大学院教授の笠京子氏、熊本市議

会議長の牛島弘氏をパネリストとして、「地方行財政改革

の行方」と題してパネルディスカッションが行われた。2日

目は課題討議として、コーディネーターの政策研究大学院

教授の横道清孝氏の進行で、「予算決算のあり方」として

富山市議会議長の佐伯光一氏、多摩市議会副議長の安

藤邦彦氏、「委員会運営のあり方」として久留米市議会議

長の石橋力氏、函館市議会議長の阿部善一氏より報告

並びに会場からの質疑に応じた。午後は、私達のグルー

プは環境問題の視察として、ニシハラウィンドファーム(風

力発電)、白川水源へ向った。

11日、12日の2日間、第69回全国都市問題会議が、静

岡市で開催され、参加した。初日は、奈良県立万葉文化

館館長の中西進氏の基調講演、静岡市長の小嶋善吉氏

の主報告、NHKアナウンサーの堀尾正明氏、大分市長の

釘宮磐氏、静岡大学教授の小和田哲男氏の一般報告、2

日目は、法政大学教授の名和田是彦氏をコーディネータ

ーとし、ローカル・ガバナンス研究所所長の木原勝彬氏、

認定特定非営利活動法人言論NPO代表の工藤泰志氏、

株式会社いろどり副社長の横石知二氏、埼玉大学教授の

後藤和子氏、北海道伊達市長の菊谷秀吉氏、東京都多

摩市長の渡辺幸子氏のパネリストによる、パネルディスカ

ッションが開かれた。

総務部副部長を務める大阪工大学園校友会の運営会議

が工大大宮西学舎で開催され、出席した。間近に迫った

創立50周年記念総会・全国支部交換会の最終打合せを

行った。

会長を務める地元マンションの自治会拡大役員会を開催

した。ボーリング大会の日程を、11月4日フタバボウルに

て開催。クリスマス会の日程を12月9日キッズルームと決

定した。

公明党大阪府本部で開催された10月度の議員総会に参

加した。先の東大阪市の市会議員選挙で当選した議員の

紹介や、大阪府議会の政務調査費についての公明党大

阪府議団からの条例制定についての報告があった。

大阪工業大学高等学校校友会の平成19年度総会・懇親

会が学園大阪センターで開催され、卒業生として参加し

た。総会では前山会長の挨拶の後、平成18年度事業報

告、平成18年度決算報告・監査報告、平成19年度運営

方針及び予算が報告事項として説明された。懇親会の場

では、来賓祝辞として学園より坂口理事長、学園校友会

から庄司会長等の挨拶があった。来年から常翔学園高等

学校と名前の改変がある事が報告された。

議長としてオブザーバー出席が認められている、市街地

整備対策特別委員会が開催され、出席した。南海本線連

続立体交差事業の進捗について報告があった。南海電

車、国、府、本市のそれぞれの財政負担の下、当初の工

程から大幅に遅れている本事業であるが、平成20年7月

半ばに上り本線の切替が予定されており、全線の竣工に

向けて、更なる事業認可の申請が行われる模様。都市計

画マスタープラン策定のワークショップの中でも、南海線

高架下の利用について検討されており、市民との協働の

成果も期待できるのでは?と感じた。

泉大津市民生委員推薦会が市役所3階会議室で開催さ

れ、出席した。最初に神谷市長より、泉大津市民生委員

推薦会委員の委託を受けた。任期満了となる、全民生委

員児童委員の再任、退任、新任の選出について、審議を

行なった。