menu

市立伊丹病院と近畿中央病院の統合編成による統合新病院!
~令和7年開院・令和8年グランドオープン予定~
市立伊丹病院検討特別委員会が3月26日に開催されました。
昨年12月に示された診療機能・施設整備(案)や市民の皆様が統合新病院を訪れた場合に関係の深い受付、待合、案内表示、レストランなどをテーマで、市民の皆様のご意見やご提案を参考に取りまとめた統合編成基幹病院と健康管理施設に係る施設の基本設計が示されました。

SKM_C360i21032612150_0001

昨年12月診療機能・設備計画を踏まえた基本設計コンセプトが➀高度急性期病院としての医療機能充実➁全ての患者、職員に快適な病院➂大規模災害に拠点となる強い病院➄感染症への対応➄医療ニーズの変化への対応➅2050年カーボンニュートラルに向けたグリーン化技術の取り組み➆医療現場におけるデジタル化への対応⑧わかりやすいワンフロア外来と安全性を高めるウイング型病棟です。
その基本方針を基に、令和3年度に実施設計が予定されています。

SKM_C360i21032612150_0002 SKM_C360i21032612150_0003

患者の移動負担軽減を図る外来、看護動線が最短距離となるウイング型の病棟や直射光の適度な遮断に加え、プライバシーを意識した病室など、安全性を高め快適な療養環境を確保した計画となっています。
また、医療ニーズや感染症への対応。高速通信網の構築や多様化する情報システム等デジタル化に対応する。さらに、ZEB Ready取得を目指す省エネを意識した環境にやさしい取り組みを導入し、免振構造に加え、災害時業務継続計画に基づき自家発電やライフラインのバックアップ体制など災害時に十分機能が発揮できる施設・設備が導入された基本設計となっています。

今、高齢化が進展し、救急医療強化とともに高度医療が求められています。
そうした医療ニーズに対応し、患者をはじめ、病院を訪れる方々が便利で快適に利用できる。
さらに、大規模災害にも対応できる病院が現地建替えで建築されることは市民の皆様に安心していただけるではないかと感じました。
また、地域医療構想の実現に向けた重点支援区域に昨年8月25日に指定され
国による助言や集中的な支援が受けられるようになっています。
総事業費の予定額が409億円。その財源内訳が、国・県・その他 約168億円で、市負担が約99億円、市立伊丹病院142億円となる予定です。
今後も、国、県の動向を注視し、補助金等が確保できるなど市民の皆様の負担軽減につながるよう努めて頂きたいと訴えました。

コメントは受付けていません。

竹村かずと
<
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
公明党広報
サイト管理者
伊丹市 竹村和人
kazu2010haru@asahi-net.email.ne.jp