市川市議会議員 宮本ひとしのホームページ

誠心誠意がんばります

議会報告

未分類 / 2020年8月4日

今日は暑いですが午前中は議会報告のポスティングです。
街頭演説、訪問も自粛の中での活動で僅かな数ですが午後も継続します

6月市議会定例会

未分類 / 2020年6月9日

市(公式)、市長のSNS発信が新たに政治に興味を抱く一助になってきたと思います。
議会前に聞かれる事が多くなってきました。
予算の承認まちではありますが、キャッシュレス決済普及促進事業について自分なりに考えてみました。
Q1 キャッシュレス決済サービスは何か?
一番新しいQRコード決済が有力と思います。
加盟店手数料が少ないスマホ決済の〇〇payが有力。
paypayの場合、市内加盟店は約3000。
paypay利用者は市内で約10万人
(全国で220万店舗、ユーザー2800万人から
市川市の人口比率より計算)
Q2 高齢者は使えないのでは?商品券や給付金の方が良いのでは?
今回の事業は市内事業者向けの政策で、背景には政府の一律10万円給付がある事で消費活動の中心になる世代をターゲットとしたものと思います。年代別スマホ所有率は50代以下で7割超を示しています。
給付金の場合、原資は財政調整基金。仮に1人4万円として約200億。
(給付作業に係る経費は含まず)
現在の財政調整基金は約190億。
これからの災害時の対応を考えると基金を使い切る事はできません。
商品券の場合、過去に幾度か行ってきた中で課題は、加盟店の伸び悩み(直近で927店舗)大型店舗に集中する、販売場所での混雑、商品券の枚数不足、ニセ商品券、抽選購入で当選後のキャンセル、販売手数料・換金手数料の経費、購入できなかったなど、苦情が続いています。キャッシュレス決済の場合は課題の大半は解決できますが大型店舗に集中する傾向はあると思います。大型店舗を除く手立てもありますが、そうすると全体の活性化に繋がらない心配があります。多くの会派が質疑通告すると思いますが
この当たりが賛否の判断のポイントと思います。
(グラフは総務省 通信利用動向調査より )

水害ハザードマップ

未分類 / 2020年5月7日

市川市の水害ハザードマップが新しいなりました。
自治会配布の予定を変更し民間業者によるポスティングとなります。

4月5日 公明新聞 関東版

未分類 / 2020年4月5日

条例化している市はまだわずか。今までは規則のみで運用されていた公文書の管理です。現状を変える土台になるよう今後も行革に取り組んでいきます

令和2年2月議会報告

未分類 / 2020年4月2日

2月議会報告ができました。
A4両面 これからポスティングに回ります
R0202表-1
R0202裏-1

市議会2月定例会

未分類 / 2020年3月11日

過日行われた代表質問、昨日の予算案賛成討論、議員発議への質疑の動画です。
今回の令和2年度予算案の特徴は新規事業は44事業で8億8千4百56万9千円の予算案で、新生児聴覚検査事業、私立保育園等副食費支援負担金、キッズゾーン整備事業、高齢者見守り支援、高齢者等ゴミ出し支援事業(いずれも新規事業)また不登校生徒への居場所つくり、妊産婦への支援、産後ディケアなど、ゼロ歳から高齢者まで全世代にわたる安心で快適な活力のあるまちづくりの施策が数多くあります。また長年取り組んできた公文書管理では条例の制定(市民の方から寄せられた貴重な意見を取り上げ専門職としてのアーキビストの必要性も質疑しています)、市川市文化会館大規模改修では大ホール専用エレベーターの設置など。これまでの公明党の要望が多く反映されています。また、昨年から争論の的となっている新第1庁舎1階~2階の階段設置については、窓口業務のワンストップサービス、市民利用スペースの利用を高めるものとし、予算修正案を30対11の賛成多数で否決し、8月より4階から7階で供用開始、階段工事の終わる明年1月より1階~2階の供用開始となります。

代表質問

修正案質疑

討論

市議会2月定例会①

未分類 / 2020年3月11日

市川市のコロナウイルス対策を最優先とするため一般質問を中止、本日をもって2月議会が終わりました。冒頭東日本大震災により犠牲となられたすべての方々に対し哀悼の意を表すべく議場にて黙とうを捧げ、ご冥福をお祈りいたしました。

2020 新成人の集い

未分類 / 2020年1月12日

令和元年度新成人の集いに行ってきました。
新成人となられる方はおよそ4500名。オープニング公演はシャイニングプラネッツのチアダンス。ゲスト公演は松丸亮吾氏。知ってる人は知ってる「謎解き」の仕掛け人。私は全く知らない。
夢や希望を持てる社会かどうか?
これは政治の責任、政治の一端を担う議員の責任は大きい。

危機管理

未分類 / 2019年12月25日

ついに出たか、とう気持ちです。
早速危機管理室に聞いてみました。
「市川市でも普及用に訓練時に液体ミルクを使用しています。
取付が簡単で直飲みが出来れば災害時にも負担が減ることは間違いないでしょう。
但し、粉ミルクのほぼ2倍の金額、保存期間が短い、保管場所(倉庫内では不向き)の課題もあります。引き続き研究、検討していきます」
との事。政府で後押ししている液体ミルクの普及ですが、予算が確保されたとしても保管場所の温度が常温を超える場合は適さない場所となります。哺乳びん、乳首の洗浄・消毒も考えないといけません。また一つ新たな課題です。

市川総支部

未分類 / 2019年12月23日

市内3ヶ所と新浦安駅前で市川総支部街頭演説。私からは12月議会、全世代型社会保障の話をさせて頂きました。