茨木市議会12月定例会が12月17日に終了しました。

茨木市の新型コロナウイルス感染症の緊急対策第5弾として、①介護・障害事業所の従事者等へのPCR検査費用の助成、②初期救急、三次救急医療機関への支援、③高校3年生等(18歳・19歳)への若者応援給付金の支給(1人2万円:3月支給)、④ひとり親世帯への臨時特別給費金の支給(第1子5万円・第2子以降1人3万円:12月28日振込)、⑤加算措置対象外の家計急変ひとり親世帯への臨時特別給費金の支給(1世帯5万円:12月28日振込)、⑥在宅の要介護者や重度障害者等へのあんしん支援給付金の支給(1人1万円)などが決定しました。

河本は、茨木市議会基本条例の座長として、2年間の活動の締めとなる茨木市議会委員会条例の一部改正を提案し(写真)、承認されました。これまで、議会基本条例検証報告書の取りまとめ、課題の抽出、課題に対する具体策やその検討作業を行い、成果を残すことができました。1月の市議会議員改選後から、それらの成果を基に、さらなる議会改革・活性化につなげて行くことが重要です。

12月議会3ssss

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
茨木市 河本光宏
m-kawamoto@ibarakishigikai.jp