Archive for 2012年 1月

平成24年度予算編成に向け政調会を実施
  安全安心の基盤づくりについて意見交換

 県議会公明党・県民会議は、1月11日から13日までの3日間にわたり県庁内で政務調査会を実施し、県当局から平成24年度当初予算の編成状況や主要施策などについて説明を受けるとともに質疑を行いました。


 県は、平成24年度の主要施策として、津波防災インフラの整備など防災・減災対策や広域的なドクターヘリの運行支援などの健康対策、地熱発電の導入といったエネルギー対策、また、県産県消県民運動の展開など競争に強い農林水産業対策、地域づくり研修の実施など地域の元気づくり対策等を挙げています。

 質疑では、国の社会保障と税の一体化改革をはじめ、先行き不透明な経済情勢などを背景に、第2次新行革プランを踏まえたさらなる選択と集中の徹底による歳入歳出対策、東日本大震災の教訓や地域格差の拡大などに対応した安全安心の基盤づくりなどについて活発なやり取りが行いました。

若者の声を政治に反映/成人の日街頭演説

中野ひろまさ党青年局次長(兵庫8区・尼崎市)と共に開催しました。
 尼崎市で中野氏は、「若者の就職や子育て支援に全力を挙げる」と強調。さらに「官僚の天下りなど既得権益を打ち破り、希望ある日本を築く」と訴えました。

 尼崎商工会議所をはじめとする各団体合同祝賀会に参加し ました。
 昨年は東日本大震災は発災し復旧・復興に向けて、本年は重要な年です。
 そのためにも西日本また兵庫県が頑張ってリードして行かなければならないと決意しております。

2012年新春街頭演説会を1月3日11時より阪急塚口駅南側さんさんタウンにて開催した。

次期衆院議員選挙予定候補者の中野ひろまさ(34歳)、赤松まさお衆院議員(公明党兵庫県本部代表)とともに参加。

 中野ひろまさ氏は、冬柴前衆院議員の後継者として決意を述べるとともに、景気回復に全力で取り組むこと、尼崎をより住み続けたい街、災害に強い街、中小企業が発展する街、若者や青少年が希望を持てる街にすることを訴えました。

 私、谷井いさおは、中野ひろまさ氏を先頭に県議・市議が団結し冬柴の遺志を引き継ぎ「いい人、いい街、あまがさき」を更に発展させてことを訴えました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
兵庫県 谷井勲
tanii-no1ama449@work.odn.ne.jp