Archive for 2010年 6月

視覚障害者がトライアスロンに挑戦 兵庫県

  日ごろの練習を条件に−協会が初の受け入れ 全盲の女性タンデム自転車で完走

   一般公道での走行を実現した公明議員が激励

兵庫県三木市で6月27日に開かれた「グリーンピア三木 トライアスロンフェスティバル2010」 (兵庫県、大阪府トライアスロン協会などが主催)に全盲の女性が初参加し、見事に完走した。兵庫県協会は、自転車競技の危険性が高いため視覚障がい者の参加は、これまで認めてこなかった。しかし、兵庫県内では公明党議員の推進でタンデム自転車の一般公道走行が2年前から解禁されており、「日ごろの練習が可能」とみて、今回初めて受け入れに踏み切った。

全盲というハンディを抱えながらトライアスロンに初挑戦したのは、大阪市在住の柏木桂子さん。「初心者体験」の部門に参加した女子19人のうち16位でゴールイン。

トライアスロン歴18年の大西健夫さん(大阪市在住)を伴走者に、水泳0・3㌔、自転車9・5㌔、マラソン3㌔を走り抜き、大勢の参加者から祝福を受けた。

大会の会場には、タンデム自転車の公道解禁を推進した公明党の谷井勲県議が駆け付け、柏木さんらに「みんなで応援しています。最後まで頑張って」と声を掛けた。

相木さんは「完走できたのは周囲で支えてくれた皆さんのおかげ。全国の視覚障がいの人たちにも、自転車に乗れる楽しさをぜひ知ってほしい」と熱く語った。

タンデム自転車の普及や公道の走行については、武庫川河川敷(兵庫県西宮市)でボランティア活動をしていた愛好家から要望を受けた谷井議員が、県道路交通法施行細則の改正を議会などで粘り強く訴えた結果、2008年7月に実現した。

これにより、公道から同河川敷へ、タンデム自転車に乗ったまま出入りできるようになり、障がい者らも公道でタンデムを楽しんだり練習できたりと、便利になった。 協会側によると、これまでの競技大会では聴覚障がい者を受け入れたことはあったものの、視覚障がい者は危険性が高いため、参加へのハードルが高かったという。 ところが、「兵庫県では公道でタンデム自転車の練習ができる」として参加への強い要望が寄せられたため、「日ごろの練習がしっかりできれば、安全面もクリアできる」と判断し、視覚障がい者の受け入れにゴーサインを出した。

なお、柏木さんをよく知る大阪府守口市議会公明党の井上照代議員は、自宅近くの河川敷で練習に励んだ柏木さんの苦労話を聞き、谷井議員から詳細な取り組みを聞いた。「大阪府内でもタンデムが公道を走れるよう、府議会公明党と連携して推進したい」と話す。

携帯電話の回収呼び掛け エコあまフェスタ2010

   県、市がコーナー開設 尼崎市

「レアメタル(希少金属)を再利用しよう」と、兵庫県と同県尼崎市は、同市内で先ごろ開かれた「エコあまフェスタ2010」で、多くのレアメタルが含まれる使用済み携帯電話の「リサイクルキャンペーン」を実施。訪れた市民に協力を呼び掛けた。

これには、同キャンペーンを推進した兵庫県議会公明党・県民会議の谷井勲、尼崎市議会公明党の前迫(まえさこ)直美、福島さとり、眞田(さなだ)泰秀の各議員が参加、担当者から反響などを聞いた。

同フェスタは毎年、尼崎市などが主催し、大勢の親子連れや買い物客らで腱わっている。今回は、県環境整備課と市ごみ減量推進課が共同で、「使用済み携帯電話リサイクルキャンペーン」のコーナーを初めて開設した。

同コーナーでは、携帯電話の回収ボックス設置のほか、携帯電話のリサイクルの流れを解説したパネル展示なども実施。訪れた市民らが、使用済みの携帯電話回収の呼び掛けに快く応じていた。

兵庫県は今年度、尼崎をはじめ、神戸、伊丹、三田など県内6市とタイアップし、回収イベントを展開する予定。

レアメタルの回収、再利用については、公明党・県民会議の岸本一尚県議が09年9月議会で、レアメタルが〝都市鉱山″として期待を集めている現状を指摘し、「県として広報・啓発活動を行うべき」と要望。井戸敏三知事が「広く普及啓発を行っていきたい」と答えていた。一方、福島市議も啓発活動を訴えてきた。

電気自動車普及などでの燃やさない文明の実現へ    村沢東大総長室アドバイザーが講演

県議会公明党・県民会議は、6月15日神戸市内で定例の研修会を開きました。東京大学総長室アドバイザーの村沢義久氏を講師に迎え「電気自動車と太陽光発電による『燃やさない文明』の提言」について研修しました。  村沢氏は、電気自動車や太陽光発電の普及を中心とした低炭素社会の実現によりエネルギー自給率の向上や地域経済の活性化などが図れるとの持論を展開しました。

はじめに地球温暖化について解説。このまま地球温暖化が進むと21世紀末までに気温上昇が最大7℃、海面上昇が100から200cmという最新のデータをもとにCО2削減が急務であることを指摘。石油資源の枯渇や原油価格の再上昇などが予測されることを示し「今後、電気自動車や太陽光発電といった『燃やさない文明』への発送の転換の必要である」と強調しました。

 次にCО2の排出量ゼロで注目されている電気自動車業界などについて説明。2008年秋のリーマンショックの影響で自動車産業界のビッグスリーの勢いがなくなりつつある一方、電気自動車ベンチャー企業の米テスラ・モーターズや中国のBYD社などが電気自動車産業メーカーとして名乗りを上げていることを紹介。今後、ビッグスリーにかわって小さな企業に支えられるスモールハンドレッドへと自動車産業界の構造が変化するとの考えを示しました。

 また、村沢氏が提案しているガソリン車中古車を改造して電気自動車を生産するプロジェクトを説明。「中古車からエンジンや関連装備をとりはずし、モーター、バッテリー、制御装置などを積み込むといった事例を紹介しました。車両価格は10万円で改造価格が約100万円ですみ町工場やわずかなスペースの場所で作業が可能で、1ヶ所で年産100台程度が可能との試算を提示。全国で1万社が年産100台改造すれば年間100万台となり、1兆円産業が誕生する」との見通しを述べ「中小事業者が軸となるだけに雇用を含めた経済効果が期待できる」と話しました。

 続いて、太陽光発電について言及し「CО2の大幅削減のためには大規模な地面置き形のメガソーラーの推進が不可欠。そのために必要となる広大な土地に耕作放棄地の活用を提案。全国にある約39万ヘクタールの耕作放棄地にソーラーパネルを敷き詰めると日本の総発電量の50%を発電することができ、CО2の削減効果は最大で30%にのぼる」との考えを示しました。さらに、昼間の家庭でのソーラー発電での余剰電力を電気自動車のバッテリーに蓄えて、夜間にバッテリーから放電して家庭内の電力需要をまかなうという構想を紹介しました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
兵庫県 谷井勲
tanii-no1ama449@work.odn.ne.jp