Archive for 2008年 6月

1 日 時:平成20年6月30日(月)<詳細は日程表参照>

2 調査先:(1)兵庫県立国際高等学校 大久保昇一校長

(芦屋市新浜町1-2 電話:0797-35-5931

      (2)兵庫県災害医療センター 小澤修一センター長

       (神戸市中央区脇浜海岸通1丁目3-1 電話078-241-3131

      

3 調査団:大野、松田、合田、北条、羽田野、松本、岸本、谷井
災害医療センターのみ:野口、下地

4 視察内容:

(1)兵庫県立国際高等学校

 (1)訪問時間:10:3012:00

 (2)受入者:大久保校長、馬渕事務局長、教頭2

 (3)調査内容:県下初の民間出身校長が赴任され、1980年に県下唯一の国際文化コースをスタートさせた。

      国際社会に貢献できる国際人の養成と自ら発信し、多文化・多言語も受容できる人材の育成を教育目標に掲げられている。

      出身中学校は阪神間が多く、1学年の生徒数120名に対して男子生徒は10名〜17名と大変が女子生徒。

      進学率も非常に高く就職は年間1名〜3名程度。大半は文学系の大学に進学されているようである。

      国際人を育てるには、まず日本文化を理解すること。語学力は英語のみではなく、多言語を学べる環境が必要である。

      外国人との交流、海外研修も多く取り入れられ身近に多文化との交流を推進されている。

      今後の課題としては、教員の育成・成長が生徒の育成・成長に直結する。要は人材確保が難問。(大久保校長の言)

 

(2) 兵庫県災害医療センター 

 (1)訪問日時:13:3015:00

 (2)受入者:小澤センター長、中山副センター長、黒木看護部長 他2名

 (3)調査内容:患者の受け入れ人数が平成15年においては4,719名であったのが、平成19年においては、10.130名と約2.5倍に増加している。その理由としては、開設時より当センターの認知度が増したことと、他病院において救急体制がとれず当センターに搬入されるケースが増加しているようである。これも医師不足の現れのようである。
ヘリ搬入も地域住人との協定されている30回を超える44回(平成19年実績)に増加傾向にある。
建設中である新加古川病院にドクターヘリの設置に対して強い要請を受けた。利用頻度や立地条件、乗り組むドクターやスタッフ、それらを受け入れ出来る病院・センターのなどの環境面などにおいても新加古川病院が適切である。
防災ヘリなどは僻地や山間部などと併用すれば更に効果的である。救急医療体制については、お金が非常に掛かるため救急処置全般について保健点数の増も強く要請を受けた。
我が会派の使命でもある県民の命を守る党として、これらの課題について今後も積極的に取り組んいきたい。

 

1 日 時:平成20年6月30日(月) 8:00〜9:30

2 場所:ラッセルホール 地下1階「パンジー」

3 講演 

(1)  講師:兵庫県中小企業再生支援協議会

支援業務責任者(プロジェクトマネージャー)三木敏弘氏

(2)  テーマ:兵庫県中小企業再生支援協議会の活動状況について

4 式次第

(1)  開会あいさつ 松田 一成 政調会長

(2)  講 演    三木敏弘 支援業務責任者

(3)  質疑     各議員

(4)  閉会あいさつ 大野 幸雄 幹事長

5 所感
兵庫県においては、365件の相談中、37件の計画策定支援の実績があり、それなりの成果をあげておられるが、債務超過の企業でかつキャッシュフロー比率が10倍以下に限定されているため一部の企業のみが対象となっている。我が会派に接触の多い零細企業は対象外になるケースが多く大変残念である。
零細企業の状況(高齢化・担い手なし・不況)は深刻である。
県においても独自対策の検討が急務であるが、国への要望を促進させていく。

名神町3丁目の産業道路東側の歩道に水溜りができているとの情報を頂き現状調査を行いました。早々に歩道改良して頂くよう西宮土木事務所に申し入れ致しました。

「今後の日本経済について」三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部長 五十嵐敬喜氏による講演をお聞きしました。

国土交通相 冬しば鉄三大臣が出席され挨拶をされました。

世界観光機関_大都市観光国際会議

日時:平成20年6月9日 午前8:30〜

場所:神戸国際会議場 メインホール(1階/地下1階)

セッション2-日本における大都市観光について

1、講演「震災からの復興と神戸における観光振興」 

     神戸市国際文化観光局長・観光監 大森伸一氏

2、講演 「緑と活力と伝統の成熟都市をめざして」 

     東京都 副知事 猪瀬直樹氏

この度、地元自治会の皆様の強い要望が実り、尼崎東高校前にある藻川の堤防に街灯を設置致しました。

これには、下食満福祉協議会(堀江会長)、福島市議との連携によって実現したものです。

今後も安全で安心なまちづくりに全力で取り組んで参ります。

2007年12月06日下食満福祉協議会・堀江会長より、藻川右岸堤防、横断歩道の街灯設置について要望を受け現地調査を行った時の写真です。

以前より地元自治会の皆様のご要望を受け、改良工事を随時実施して頂いております。今回車道路面に最新のアスファルトを舗装する改良工事を実施して頂きました。

急なカーブで下り坂の車道路面に対して、滑りにくい水はけの良い最新アスファルトを使用しております。また、夜間でも道路形状が認識し易いように塗料の色などにも工夫して頂いております。

今後も更なる安全対策を進めて参りたいと決意しております。

1枚目、2枚目の写真は舗装改良後の写真です。

3枚目の写真は07年11月16日(当時)舗装改良前の写真です。

久々知西町2丁目十三銀行前の歩道の水溜について歩道整備を求めておりこのほど整備が実現しました。

2008年05月13日久々知西町2丁目十三銀行前の歩道の水溜と夜間が大変暗いため対応して欲しいとの連絡を受け現地調査した時の写真は以下の通りでした。

下記写真の通り、水溜が発生しているため、西宮土木事務所へ早期改善対策を依頼しました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
兵庫県 谷井勲
tanii-no1ama449@work.odn.ne.jp