menu
バックナンバー 2019年 11月 3日

朝は年2回の市民清掃の日、地域の皆様と道路やゴミステーション付近の掃除を。
午後からは毎年伺っている「合唱の祭典」に出席致しました。
市内で活動する各グルーブが日頃の練習の成果を発表。
市民会館大ホールにはたくさんの皆様が鑑賞を。
それぞれ素晴らしい歌声でしたが、「混声 88」が歌った群青に涙がでました。
東日本大震災で同級生を亡くされた中学生が作詞を。
福島県南相馬市の中学校、原発事故の影響で、大半の中学生が北は北海道、南は長崎県まで離ればなれに。
友を想う、故郷を想う詩に音楽の先生が曲を。
東日本大震災復興支援コンサートで披露されたことがきっかけで全国に広まり、歌い継がれています。
年月が経っても、あの未曾有の災害後、まだまだ復興途中の被災地に思いを馳せて涙が。
合唱が盛んな新座市の大切なイベントとして開催されている「合唱の祭典」が、出演された皆様にも、鑑賞された皆様にも思い出に残ることでしょう。
関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

公明党広報
ブログバックナンバー
カレンダー
2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子