menu
バックナンバー 2021年 7月
img_20210729_162222.jpg

”新型コロナワクチン接種に関する緊急要望”
首都圏で感染拡大が深刻化する現況を鑑み、公明党川崎市議会議員団として川崎市長へ緊急要望書を提出。(伊藤副市長に対応頂きました)
〔要望概要〕
①教職員·保育士·幼稚園教諭等,クラスターが発生しやすい現場の職員等へ早急に接種推進
②中学校区毎の巡回接種による接種体制を講じる等,接種場所確保や移動負担等の軽減へ
③生徒及び保護者等へワクチン接種の正しい情報提供を丁寧に実施
④諸事情で接種出来ない方々へ差別等を起こさぬよう丁寧な配慮を
→引き続き動向を注視して諸対応に尽力します。
—–
環境委員会では環境局に関わる陳情の審査ほか、9月議会に提出予定の議案大綱として令和2年度「上下水道局所管の決算概況」「交通局所管の決算概況」について各々報告を受けました。
これから議会準備等が本格化してきます。
—–
”帯状疱疹の予防ワクチン勉強会”に参加。
(講師;グラクソ·スミスクライン㈱)
〔要点〕
○帯状疱疹は皮膚症状のほか疼痛を伴う疾患
 (…長期間残る神経痛の合併症も)
○加齢に伴う免疫低下で誰もが発症リスク有り
○発症率は50歳代から上昇,生涯で約30%罹患
○ワクチンで予防可。…等。
→水痘ワクチン定期接種化の反作用が指摘されており、子育て世代へのブースト効果で発症リスクが上昇との報告が憂慮される所です。
今後の検討課題として認識を深めました。

img_20210728_185833.jpg

「第88回川崎市都市計画審議会」が川崎市産業振興会館にて開催されました。
(今年度より審議会委員の役務を頂き初参加となります)
議案は「”川崎市都市計画マスタープラン川崎区構想,幸区構想及び中原区構想”の改定について」
まちづくりの進捗や取り巻く状況変化に応じ、区別構想を改定して計画的なまちづくりの推進を図る趣旨です。
特に近年の激甚化する自然災害等を踏まえ、都市防災の視点で強化される事を含んだ改定案が整いました。引き続き事例研究等の研鑽を重ね、審議に臨んで参りたいと思います。

img_20210726_181157.jpg

川崎市で開発中の”新川崎市総合防災情報システム”について視察調査へ。
防災減災対策を進める上での情報管理は要です。これまで別々の対応により取得、発信していた情報を新システムで「一元管理」し、災害対応力向上を目指します。
市民の生命と暮らしを守る有用なシステムに整う事が期待されます。充実に資する提案を含め引き続き注視して参ります。

img_20210721_183125.jpg

上田勇公明党神奈川県本部代表と川崎市議団で、建設中の多摩川スカイブリッジ(羽田連絡道路)を視察。
この橋は川崎区殿町地区と羽田空港跡地地区を結ぶ道路で、本年度中の開通を目指し、整備が進められています。
この橋が開通すれば、川崎区のキングスカイフロントや大田区のHANEDA INNOVATION CITY等の拠点形成が図られ、国際競争力を強化し、経済の発展などに寄与する事が期待されます。
afterコロナにおいては、インバウンド効果も期待されます。
環境や生態系に配慮されて工法が採用され、冬の澄んだ空気では、綺麗な富士山や初日の出も見ることができるそうです。

img_20210716_201900.jpg

”川崎市水道100周年記念式典”をカルッツかわさきにて開催!
川崎市議会からは議長と副議長、及び環境委員会が御招き頂きました。
川崎市の水道事業が給水開始より100年、日常的に享受している「水」の大切さを、歴史を振り返りながら再認識したひと時でした。

https://www.city.kawasaki.jp/800/page/0000115576.html

img_20210715_165606.jpg

川崎市議会/環境委員会で上下水道局より”生田浄水場用地の有効利用”に係る報告を受け、多目的広場·スポーツ広場等の整備工事他、供用への予定スケジュールが示されました。
午後はJAセレサ川崎本店にて”JAセレサ川崎農業協同組合”との政策懇談会に臨み、要望等を頂いて様々な意見交換を行いました。
重要性が高まる都市農業の振興を期して、今後も連携強化を図って参りたいと思います。
—–
かわさき農業トピック/H29年度実態調査
延作付面積の順位(単位:a)
○野菜…①ジャガイモ,②トマト,③ダイコン
○果樹…①ナシ,②カキ,③ミカン
○花卉…①ハナモモ,②ケイトウ,③パンジー

img_20210708_162953.jpg

公明党川崎市議会議員団の政策懇談会も終盤、2団体から各々要望等を受け、意見交換を行いました。
各団体の専門的な知見や提案、情報提供等に改めて感謝する次第です。
延べ30を超える諸団体から寄せられた声を整理して、着実に取り組んで参りたいと思います。

img_20210707_183524.jpg

公明党川崎市議会議員団の政策懇談会は3日目を迎え、10団体から各々要望を伺い、闊達な意見交換をさせて頂きました。
三浦のぶひろ参院議員、西村県会議員、上田県代表秘書にも出席。ますます市−県−国の連携が重要であり、更に充実させて参りたいと思います。

img_20210706_163916.jpg

2日目となる公明党川崎市議会議員団の政策懇談会。10団体と各々活発な意見交換が行われました。切実で貴重な現場の声を今後、しっかりと生かして参りたいと思います。
三浦のぶひろ参院議員、西村くにこ県会議員、上田いさむ県代表秘書も参加して頂きました。
—–
午前中の懇談会で小生の前職の大先輩が会長を務めておられ、十数年来の再会を果たすシーンも…。

img_20210705_182053.jpg

公明党川崎市議会議員団の政策懇談会がスタート。
感染症対策を踏まえた縮小体制ですが、初日は9団体の皆様と質疑、意見交換を行いました。
上田いさむ県代表、古屋範子衆院議員、佐々木さやか参院議員、三浦のぶひろ参院議員秘書の各位も参加頂き、有意義な時間を共有致しました。
様々な課題解決に向けて力強く臨んで参ります。

Twitter
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
平山 浩二
hirayama.vp@gmail.com