menu
バックナンバー 2020年 11月
img_20201126_164215_785.jpg

川崎市議会/本会議にて分割議決議案1件の委員長報告(河野ゆかり市議)と議員提出議案1件の採決を行ない原案可決となりました。

一昨日は議場で”川崎市議会議員研修会”が開催され「若年層における薬物依存症の現状及び対策について」講義を頂きました。
(国立精神·神経医療研究センター 松本講師)
→”夜回り先生”こと水谷修さんと旧知との事)
データに基づく解析結果から示唆に富む講義内容で認識を改めるに至りました。
今後も継続的に研鑽を重ねたいと思います。

img_20201124_201525_050.jpg

本日より川崎市議会第6回定例会がスタート。
本会議終了後に総務委員会にて分割議案の審査が行なわれました。
(今定例会の上程議案54本)
団会議も真剣勝負。気を引き締めて会期を駆け抜けます!

img_20201119_143224_945.jpg

登庁前に道路舗装整備が完了した現地確認へ。
川崎市営千年新町住宅の近く”せせらぎ遊歩道”沿いの路面剥離など損傷が激しく、類似箇所を含めて補修要望の声を頂いていました。
部分補修で経過観察中でしたが、早々に再発が確認される状況から今回、大きな規模で全面舗装へ。
同対応は時間も要し維持管理の大変な事業です。(対応前後の木々の写真で季節の移り変わりがうかがえます)

img_20201118_183219_396.jpg

川崎市議会定例会の会期日程が正式に示され、様々慌ただしくなってきました。
本日は総務委員会で定例会提出予定議案(総務企画局,財政局,経済労働局,選挙管理委員会事務局)の説明を受けています。
コロナ禍で状況も一進一退ですが一層、体調管理に留意したいと思います。

img_20201115_184104_294.jpg

市民相談対応で”久末”地域へ。
共同所有の私道に関わる維持管理や各種制度の概要を含めて、課題解決に向けた提案等を行う場を設けたものです。
近年は”共同所有”に係る問題が多く顕在化しています。特にマンションの大規模修繕や建替え等で合意形成が出来ず…等々。高齢化や所有者不明の空洞化も深刻です。
一人ひとりの状況は様々ですが”地域コミュニティの充実”が急務です。それらの手助けが出来るよう引き続き現場へ飛び込んで参ります!

img_20201114_141517_337.jpg

気持ちの良い天気です。
“蟹ケ谷”地域で要望を受けていた道路舗装整備が終了した現場確認へ。
直ぐ近くの史跡”蟹ケ谷古墳群”へ足を伸ばしました。小高い丘の上で静寂に包まれた環境と、遠くの武蔵新城タワーマンション群の眺望も良好です。近くにお越しの際は是非とも立ち寄って下さい。
(小生は革靴でしたが…運動靴が最適です)

img_20201112_195445_743.jpg

地元の”高津区市議会議員懇談会”として、令和3年度の予算編成に関する要望書を市長へ提出。
地域固有課題を重点15項目に集約提示しました。
その後は総務委員会、市民相談対応や資料作成等に集中しました。
朝晩の冷え込みが徐々に肌で感じる時期です。
改めて健康管理に留意して頂きたいと思います。

img_20201111_190351_643.jpg

“防災地下神殿”首都圏外郭放水路の視察調査へ。
洪水被害軽減を目的に周辺5つの中小河川洪水を江戸川に排水する巨大な施設です。
過去の最大排水実績はH27年台風17,18号の時に約1,900万㎥を記録。
今後の防災·減災対策を推し進める上でも、現場で現物に触れることは改めて有意と感じます。

img_20201110_131952_436.jpg

登庁前に安全対策が完了した現地確認へ。
“明津”地域の狭あい道路沿いに関わる相談を受けていました。
①側溝の劣化損傷が著しく通行時に支障。
→側溝交換+舗装整地
②カーブミラー根本に触れ転倒するケース有。
→注意喚起の視認性を高めるポール設置
③側溝ガタツキの騒音、排水枡より異臭等々。
→補修整備+清掃
声を寄せて下さった地域の方々に行き会って、直ぐにご報告。”笑顔”を受領させて頂きました。

img_20201108_151249_826.jpg

総務委員会で「川崎市総合防災訓練」視察へ。
近年の災害対応による教訓を踏まえ、実践的な訓練メニューで実施されました。
やはり”避難所運営”の充実が最重要であり、有事に備えた取り組みを更に深めたいと思います。
〔訓練概要〕
①救出救助訓練(FUSOグリーンガーデン)
→警察·消防·自衛隊でブラインド型連携訓練
②救援物資輸送訓練(等々力球場)
→災害時の物資輸送拠点として救援物資搬入
③避難所開設·運営訓練(宮内中学校)
→コロナ禍と風水害の複合災害とした訓練

Twitter
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
平山 浩二
hirayama.vp@gmail.com