バックナンバー: 2021年 8月

 枚方市では、高齢者の皆さんが、日中、介護予防のサービスや創作活動など多彩なメニューで、生き生きと過ごせる住民参加型の憩いの場として、「街かどデイハウス」が市内11箇所で運営されています。本日正午前、地域の方から、街かどデイハウス「多・宝・夢『ひろば』」(池之宮2丁目)の前の道に凹凸ができているとの、路面補修のご相談をいただきました。すぐに土木部へ補修を依頼し、午後には、対応していただきました。

IMG_6700 (2)

補修された路面

IMG_6674 (2)

 

 本日、枚方市の文化芸術の新たな拠点として「枚方市総合文化芸術センター」が、新町2丁目にオープンいたしました。市民会館大ホールの老朽化に伴い、その代替施設として、当初は隣接する「枚方市立総合福祉会館(ラポールひらかた)」と併せて、平成10年に開館の予定でしたが、市の財政事情により、当初の計画から20年余り遅れましたが、この度のオープンとなりました。

IMG_6666 (2)

センター内には、1,468人収容の「大ホール」をはじめ、 325人収容の「小ホール」、200人収容の「イベントホール」があり、いずれも音響効果の高いレンガを、壁面に採用し、床の木材との相性も良く、重厚な雰囲気で、優れた響きを生み出す、ホールの造りとなっています。

IMG_1684

「こけら落とし公演」として、能楽師で枚方市文化芸術アドバイザーでもある、辰巳万次郎氏らによります、能と狂言の華やかな、伝統芸能で、オープニングを、祝賀いたしました。また、開館を記念して、9月5日には、大阪フィルハーモニー交響楽団の特別公演が、そして11月には、枚方市出身の世界的ヴァイオリニスト、五嶋みどり氏のコンサートも予定されているほか、オープニングイヤー企画として、豪華アーチスト達による、感動のステージが目白押しです。

IMG_1665

さらに、本年12月には、この度、同センター内に開設されました「美術ギャラリー」において、公募選抜型・美術工芸展「第1回枚方市展」が、センターの開館を機に、開催され、今後、毎年開催されてまいります。枚方市の新たな「ランドマーク」となることを、大いに期待いたしております。

hirakatasiten_poster

 本日、市民福祉委員協議会を開催し、①「国民健康保険料の収納率向上の取り組みについて」、②「ひらかたポイント事業の現状について」、③「重層的支援体制整備事業の構築に向けた取り組みについて」の3案件を、協議いたしました。終了後引き続き、所管事務調査として、来月18日から施行される「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」に係る取り組みについて、担当部署から説明を受け、質疑応答を行いました。

市福① (2)

市福② (2)

 

 大型車輛の往来が激しい春日西町1丁目の劣化した路面の補修を、土木部に要望しておりました。先週、5日間程の夜間工事を行い、工事が完了しました。

IMG_6652 (2)

補修された路面

IMG_6608 (2)

劣化した路面

IMG_6601 (2)

劣化した路面

 現在、新型コロナウィルス感染症が”災害級”ともいえる拡大をしています。先日、公明党として政府に緊急要請を行いました(8月21日公明新聞)。そこで、リスクの高い妊婦の方へのワクチン接種の優先予約の取り組みを枚方市も検討。これを受け、枚方市では、8月27日(金)から接種予約を、開始することになりました。
詳細は、枚方市ホームページをご覧ください。
2人、立っている人、テキストの画像のようです

天候が不順な日々が続きますが、今月も「いつまでも 住み続けたいまち」守口市を、訪問いたしました。

234063089_1534286653578545_6944095943945419583_n

240482262_1534286706911873_2624333839747906239_n

233699471_1534286563578554_8602924346987033137_n

 

 先日の雨で、春日北町2丁目にあるトラック駐車場の擁壁の合間から、砕石が側溝を超えて歩道にまで流れ出しました。歩行者等の砕石による転倒が心配されるため、土木部から駐車場の所有者に対応策を講じるよう、要望していただきました。早速、昨日、擁壁に鉄板が設置されました。

IMG_6631 (2)

鉄板が設置された擁壁

IMG_6605 (2)

擁壁の合間から砕石が流出

 

 今朝、近所の丁字路の路面に凹凸を見つけたので、登庁後、土木部に補修を依頼。午後には、応急ですが補修を行っていただきました。

IMG_6632 (2)

補修された路面

IMG_6627 (2)

凹凸ができた路面

 異常気象が続く昨今。先日、市民の方から「枚方市の気象観測施設は、どこにあるんですか?」とのご質問をいただきました。枚方市の気象観測所(アメダス)は、桜丘北小学校・北側の一画にありますが、改めて現場を確認させていただきました。

気象庁ホームページによりますと、アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。 雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。

IMG_6615 (2)

IMG_6621 (2)
IMG_6618 (2)

 

 本日、76回目の「終戦の日」を迎えました。先の大戦で犠牲となられた全ての方々に、謹んで哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。本年1月22日に「核兵器禁止条約」が発効され、核廃絶の機運が高まっています。唯一の戦争被爆国として「核兵器のない世界」の実現に取り組むとともに、他国への過去の侵略を反省し、戦争を二度と繰り返さない「平和への誓い」を新たに、「平和の党」として恒久平和と人類の繁栄に向けて、邁進してまいります。(写真提供:NHK)

IMG_1555