バックナンバー: 2020年 9月

 本日から5日間の日程で、「決算特別委員会」の質疑が始まりました。令和元年度の「一般会計」において、実質収支は16憶5千万円の黒字、単年度収支は8700万円の黒字を計上。また「特別会計」においては7会計中、自動車駐車場会計が赤字、「企業会計」においては3会計中、病院事業会計が赤字を計上。そして「健全化判断比率」は、全指標において健全な財政状況です。しかし今後、生産年齢人口の減少や法人市民税の税率引き下げ、さらには新型コロナウイルス感染症拡大に伴う景気や雇用情勢の悪化など、厳しい状況が続くと予想され、健全な財政運営を維持していくためには、効率的かつ効果的な行政運営をさらに進めていかねばなりません。 今回、我が会派からは、上野議員・大地議員・丹生議員・一原議員の4名が、決算委員として審議に臨みます。

IMG_5078

 

 本日、監査委員会が開催され、「例月現金出納」の検査と「財産区会計決算審査」についての全員協議を行いました。枚方市の「財産区」は昭和15年11月15日、「氷室村」「津田村」「菅原村」の3村が合併し津田町が設置された際に設けられた「氷室財産区」「津田財産区」「菅原財産区」の議会を有する「新財産区」3区と、それ以前から設けられている「旧財産区」31区があり、昭和30年10月15日の津田町と枚方市の合併を経て、現在に至っています。

IMG_5075

 厚生労働省では、毎年9月24日から30日の一週間を「結核予防週間」と定めて、結核に関する正しい知識の普及啓発を推進しています。公益財団法人 結核予防会は、「結核は昔の病気と思われがちですが、今でも1日に43人が発病し、6人が死亡している、日本の重大な感染症です」、「長引く咳は赤信号 2週間以上続くその咳は、結核かもしれません!」と結核への警戒を呼びかけています。枚方市保健所では、「年に1回、胸部のエックス線検査を受けましょう」と、啓発しています。

IMG_5052

 我が国は、高齢者の介護や地方経済の活性化など、様々な課題に直面しており、その解決に向け、地方行政の取り組みとあわせ、民間事業者のノウハウ等を積極的に活用することが求められています。 そこで内閣府は、地方自治体などが民間委託契約で事業の成果に応じて支払額を決定する、「成果連動型民間委託契約方式」を推進しており、事業効果の最大化を目指しています。 本日、内閣府・成果連動型事業推進室の石田直美参事官による「成果連動型民間委託契約方式(PFS)」についてのオンライン研修が開催され、PFSの概要、活用状況、導入フロー等について説明を受けました。

924①

924②

924④

《番組のお知らせ》
レット症候群の娘さんとご家族の、ここ3年間の生活を記録したドキュメンタリー番組です。深夜の時間帯ですが、ご紹介させていただきます。ぜひ、ご覧ください。

先日、「風見の丘公園」(津田山手1丁目)の側溝清掃の要望を周辺住民の方からお聴きし、土木部に清掃をしていただきました。現在、台風12号が西日本に接近していますが、台風への十分な備え、警戒・注意をお願いいたします。

922①

清掃された側溝

922②

土砂が堆積した側溝

 

 今日から「動物愛護週間」が始まりました(9月26日まで)。枚方市では、広く市民の方に動物愛護及び管理への関心と理解を深めていただくように、「動物愛護週間」のポスターに用いる啓発標語と写真を募集し作成しました。動物の福祉が守られる社会に取り組んでまいりましょう。

119708308_1289760091364537_6673773406472038671_o

四連休初日の今日は、彼岸の入り。田んぼのあぜ道には、彼岸花が咲き始めました。

119860798_1288854934788386_5759686640678696835_o

今日から、第31回「枚方平和ポスター作品展」が始まりました。市内42小学校の6年生が、平和を願い描いた、色彩豊かな作品が展示されています。

119613588_1288396424834237_7584860040137344317_n

119488114_1288396474834232_4611490803648100750_n

119450373_1288396604834219_283067911165652533_n

一般質問4日目(最終日)の本日、以下の4項目について質問をいたしました。
①「農業水利施設の安全対策について」
②「バス通学の課題解決策について」
③「副教材の活用について」
④「まち美化の取り組みについて」

①「農業水利施設の安全対策について」では、昨年12月議会で要望しておりました、ため池の「ハザードマップ」と「管理マニュアル」が今年度中に完成の予定。 また③「副教材の活用について」では、小学校3・4年生用副読本「わたしたちのまち枚方」の完全デジタル化が開始される令和4年4月までの間、QRコードを記載した新たな副読本(第18版)を発刊し、今年度中に全児童生徒に配布されるタブレット端末を活用したICT授業を行うとの答弁をいただきました。

IMG_3658