バックナンバー: 2017年 6月

 6月27日から6月30日の4日間にわたり「第20回枚方市小学校合同音楽会」が開催され、市内46校の代表学年がそれぞれ出場し、授業で学んだ合唱や斉唱を2曲発表。多くの保護者も来場されていました。

630③

 

 本市の1~2歳児の待機児対策として、平成29年度から小規模保育施設2箇所を開設します。4月に開設した「市立おおがいと小規模保育施設」に引き続き、7月から2箇所目の「市立楠葉なみき小規模保育施設」が北部支所1階事務スペースを活用し開設します。本日、見学会が行われ参加いたしました。7月3日から、保育が開始されます。

629①

629②

629③

 枚方市は、家庭から出る「粗ごみ」 と「大型ごみ(有料)」の粗大ごみを1世帯に付き月1回の申込みを受け付け、翌週水曜日に収集しています。しかし近年、この粗大ごみを持ち去る条例違反行為が横行しており、市ではパトロールの強化をおこなうとともに、「持ち去り行為禁止!」の看板を作成し、持ち去り防止に取り組んでいます。本日、要望がありました自治会に看板をお届けしました。

628

 先日、富山大学経済学部の同窓会である「越嶺会」関西支部総会が開催され、今年も遠路はるばる富山市より、中村和之学部長、福井修教授そして越嶺会の鳥居由美子副会長にも、お越し頂きました。富山市は、昨年3月の北陸新幹線開通に引き続き、本年8月には「富山県美術館」がオープンの予定。そして学部長からは、本学に「都市デザイン学部(仮称)」が平成30年4月の開学に向けて、準備を進めているとの報告がありました。~この学びが、やがて都市の未来をひらく。~

sus-design2017

平成30年度開学予定の「都市デザイン学部」(写真:ホームページより)

 

626

8月オープン予定の富山県美術館(写真:ホームページより)

 

 第17回「レスキューロボットコンテスト(レスコン)・大阪予選」が北大阪高等職業技術専門校で開催され、西日本から16チームが本選目指し参加。レスコンは、阪神・淡路大震災を契機に、レスキューロボットの研究の中から誕生。1/6の被災市街地を設定し、人が立ち入りできない所の要援助者(ダミアン)を、迅速かつ優しくロボットを遠隔操作し救出する競技です。『レスコンを見たり、参加した子ども達が大きくなった時代には、もっと災害に強い世の中になっていなければならない』との思いを込めて毎年開催されています。

19437355_488247428182478_5055373460904965841_n

19420888_488247441515810_2827388173053055063_n

 

 まだ食べられるのに捨てられている食品を「食品ロス」といい、日本で年間約621万トン。その約半分が一般家庭から排出されます(世界食糧援助量に相当)。枚方市はこのほど「食品ロス」削減に対する市民意識の向上を目指し『日曜日は食べのこサンデー』というキャッチフレーズを作成。日曜日に限らず毎日の取り組みが重要ですが、まずは日曜日から実行を!

19420353_486658171674737_3063581757929070946_n

 本日から4日間の日程で、6月定例月議会の一般質問が始まりました。今回、質問順位の1番目を担当させて頂き、「枚方市駅周辺再整備及び新庁舎整備について」をはじめ「コミュニティ・スクールの導入について」「動物愛護について」「受動喫煙防止について」など9項目にわたり質問をいたしました。8月1日に、市制施行70周年を迎える枚方市が直面する課題の1つ1つに対して、スピード感をもって丁寧に取り組んでまいります。

619

「父の日」の今日、地元自治会主催のボーリング大会が開催され、幼児から高齢者まで、世代を越えて81名が参加。地域の交流を深める和やかな大会となりました。私も体育部役員に付きながら2ゲーム、プレーしました。

19366132_484385288568692_3458794652040701563_n

 

 渋滞が激しい府道交野久御山線と春日通りが交わる丁字路に、昨日、交差点標示が設置されました。これまで道をふさいで信号待ちをしていた車両が、標示の前後で間隔をあけ停車するようになりました。地域の方からのご要望が実現しました。

613①

津田駅前1丁目

613②

 6月定例月議会が本日から6月26日まで、15日間の会期で始まりました。第1日目の今日は、「外郭団体の経営状況について」をはじめ11件の報告と、「条例の一部改正について」をはじめ15件の議案について、審議・可決を行いました。そのうち、市立生涯学習市民センター条例、市立図書館条例の一部改正については、常任委員会付託されました

612