バックナンバー: 2016年 11月

 「自宅前の道路が劣化により、路面が歪みアスファルトが剥がれてくる」との報告を受けました。先日、担当部署に依頼し道路補修をしていただきました。

1130

補修前の劣化した路面

1129②

補修後の路面

 

 本日、厚生委員協議会を開催。「ドクターカー導入の検討状況について」をはじめ「障害のある方への就労支援の取り組みについて」「待機児童対策について」など、8案件を協議いたしました。枚方市では、救命率の向上、予後の改善及び社会復帰率の向上を図るため、枚方寝屋川消防組合を実施主体として、平成29年4月からの「ドクターカー」運用開始に取り組んでいます。

1128②

 「枚方市駅周辺 まちづくりシンポジウム」が開催され、「エリアマネジメントによるまちの魅力創出」と題して、法政大学教授の保井美樹氏が基調講演を行いました。地域における良好な環境や価値を維持・向上させるために、「行政機関」「事業者・地権者」「地域住民」の3者が協働するエリアマネジメント。少子高齢化が進展するなか枚方市においても、新たに継続的な賑わいづくりによる経済効果の創出が求められます。

1126①

 

 自覚症状がなく、日本における中途失明原因の上位疾患である緑内障。日本緑内障学会は、多治見市において緑内障の疫学調査を平成12年9月から13年10月にわたりおこないました(通称:多治見スタディ)。現在、多治見市では、緑内障の早期発見のための「節目眼科検診」を実施しています。多治見スタディをはじめ、節目眼科検診等にご尽力されてきた、元多治見市民病院眼科部長で眼科医師の岩瀬愛子先生に眼科検診の取り組みと緑内障について詳しくお話をお聞きすることができました。今日のご教示を参考に、枚方市においても眼科検診の実施に向け全力で取り組んでまいります。

1124③

多治見市保健センター

1124①

岩瀬愛子先生(写真:左)

 

 自閉症児と共に生きる社会の実現を願い活動をしている「枚方自閉症児(者)親の会」の結成50周年を記念する集いが行われました。2歳半の息子さんが「自閉症」と診断されて「親の会」を結成した代表の鶴島緋紗子氏を中心に50年間、地域で「ともに学び、ともに生きる」ことを貫いて活動してこられました。鶴島代表の息子さんとの歩みをえがいた原作は、山田洋次監督により「学校Ⅲ」として映画化もされました。鶴島代表は「一人で悩まず一緒に話しましょう」と語りかけられました。

1123①

1123②

 

 本日、「くにみの丘公園」に安全柵が設置されました。ご要望をいただいて1年を要しましたが住民の皆さんの声に、お応えできたのではないかと思います。安全で安心して公園を利用していただくことを念願いたします。

1122

1122①

1016①

安全柵のない転落の恐れがある法面(平成27年9月)

1016②

杭と番線を施した簡易柵(平成27年10月)

 

 

 17日(木)・18日(金)の2日にわたり「ひらかた友好・交流都市物産展2016」が開催され、四万十市(高知県)をはじめ、別海町(北海道)・名護市(沖縄県)など7友好・交流都市が枚方市で名産を販売。

1120①

19日(土)、JA北河内・枚方中央市店にて「第34回枚方市農業まつり」が開催され、安全で安心な枚方産のフレッシュ野菜を買い求める来場者で場内が混雑するほどの大盛況でした。

農①

 同じく19日(土)大阪府立枚方支援学校において「第2回・学習発表会」が開催されました。 小学部から高等部の児童・生徒の皆さんが、体育館ではダンスや劇、合唱を披露、また家庭科調理室では、喫茶「LiveCafeわっしょい」を開店し、来場者においしい飲み物(手作りコースター付)を販売してくれました。

1120②

体育館の発表会ステージ

 

1120

「LiveCafeわっしょい」のオレンジジュースと手づくりコースター

1120③

 

 「くにみの丘公園のフェンス設置工事」が先月から始まりました。公園の急勾配な法面に対して、利用者から「転落防止の安全対策」の要望をいただいており、これまで杭と番線を使った簡易な転落防止柵で対応していましたが、いよいよ本格的なフェンス設置工事に取り組んでおり、現在、支柱のベースを埋め込んでいます。

国見②

国見①

 本日、枚方T-SITE前にて献血バスによる献血キャンペーンが行なわれ、400ml献血をしました。人通りも多く、たくさんの方が献血に協力をされていました。日本赤十字社では、16歳から64歳までの健康な方に献血の協力を呼びかけています。

献血

 

 快適な市民生活を送るための重要なサービスの1つが、家庭から排出される一般廃棄物の処理業務です。枚方市は平成20年12月に東部清掃工場焼却施設を本格稼動し8年を迎えます。現在一部運転を停止し補修工事を行っている焼却炉・ボイラー施設と、約100メーターの高さの煙突を本日、視察しました。

1117①

1117②

煙突屋上(赤〇部分)から、枚方市街を背にして。

1117③

焼却施設内

1117④

焼却炉内(粉塵がかなり舞っています)。