バックナンバー: 2012年 6月

7月1日から再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まります。

この制度は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーによって発電された

電気を電気事業者が一定期間、一定価格で買い取る事を義務付け

再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者が

それぞれ使用量に応じて賦課金という形で電気料金の一部として負担する

仕組みだそうです。エネルギー自給率4%の我が国において、今後

原子力発電に変わる、安定したエネルギー確保の為には、普及・拡大

が望まれます。本市においても、淀川衛生事業所敷地内にメガソーラ

設置が予定されています。

先日、杉ひまわりグループの清掃活動に参加しました。

毎月の清掃活動にもかかわらず、いつも多くのゴミを回収します。

人目に付きにくいところには、かためて不法投棄されています。

ゴミの持ち帰りはもちろんのこと、自分の出したゴミは責任をもって

処分することを心がけて頂きたいと、毎回の清掃時に思います。

清掃活動に取り組む杉ひまわりグループの皆さん

昨日、3日間の一般質問が終了。

我が会派からは4名が、本市の課題点、展望について質問、要望をしました。

今回の一般質問を通し、通告内容と質問の仕方や

質疑の内容の在り方などについて、少し気になる点がありました。

今日から3日間の一般質問が始まりました。

初日の今日は、9名が質問。 我会派からは、大森議員が

枚方ブランド、 都市経営、 高齢者施策、子育て施策等の

7項目について質問。    今回27名が登壇しますが、

中学校給食、新名神高速道路、市駅周辺整備等の通告が

集中しています。

 

「枚方市の医療通訳を実現させる会」(代表・島田二郎氏)主催の第3回医療通訳

フォーラムが開催され、群馬大学医学部付属病院・医療情報部・産学官連携研究

員の瀧澤清美氏が群馬県で進めている、遠隔医療通訳の実用性、有効性について

講演をされました。枚方市には、約1000名の聴覚障害の方や約4200名の在住

外国人がおられます。医療サービスを受けるときに症状のやり取りがうまく出来ないと

患者にとっては不安であり、誤診にもつながりかねません。講演の話を聞き、受診時、

入院時の医療通訳の必要性を感じました。瀧澤氏の言われるテレビ電話システムに

よる遠隔通訳なら最小限のスタッフで対応できます。「健康医療都市」を目指す本市

においても近いうちに医療通訳の導入をすすめてまいりたい。

島田代表と講師の瀧澤氏(右)

第2回枚方市議会定例会が本日より6月25日までの会期で

始まりました。初日の今日は、市長の挨拶のあと、13の報告

と11の議案が上程され審議・可決されました。このうち

枚方市立幼稚園条例の一部改正については、文教常任

委員会に付託されました。

本日、来る7月2日に開設する交野警察署の施設見学会に参加しました。

洞ケ峠から国道1号線を南下し、出屋敷南交差点で府道枚方交野寝屋川線

に入り交野市に至る東部地域を交野警察署が管轄する事になります。

交野警察署館内の人口は、枚方市東部約9万人、交野市約8万人、計約17

万人です。二署化に伴い警察職員が約120名増員し約590名になり、職員

1人当たりの市民の人数は、約1000人から約800人に強化されます。

東部地域に多発しているひったくり事件に歯止めがかかる事を願います。

 

 

 

 

本日、午前10時より消防本部5階議場にて枚方寝屋川消防組合本会議が

開催され、議長、副議長、監査役等の役選に続き8項目の議案について

議決をしました。今回初めて議会に参加して、市議会さながらの消防組合の

議会運営に少し驚きました。

今晩、津田南小学校で「ホタルの観賞会」が開催され

小学校の児童、保護者や地域住民、約1200名が訪れ

淡いホタルの光りに酔いしれました。

 1年を通しホタルとその餌となる巻貝の飼育に専念され

ている保存会の皆様に心より御礼申し上げます。

今年度、枚方寝屋川消防組合議員に選出されました。

昨日、新規議会議員を対象に消防本部で説明会が行われ

枚方市から4名、寝屋川市から1名参加。

消防庁舎の現状、行政改革の取り組み、第3次将来構造計画等

についての説明を受けました。