東大阪市議会議員 松川けいこホームページ

貴重な意見交換となりました

未分類 / 2021年4月30日

先日、東大阪商工会議所において、女性経営研究会の役員の皆様と意見交換をさせていただきました。
創設されて30年、視察や研修などを重ねるなかで、情報交換や触発を受けておられるとの事。私も女性議員として、共感できる内容も多々あり、大変貴重な時間を過ごすことができました。
開催にあたってご尽力頂き、心から感謝いたします。

緊急要望を提出

未分類 / 2021年4月26日

本日、緊急事態宣言再発令に伴い東大阪市議会公明党議員団として野田市長に緊急要望を提出させていただきました。
ワクチン接種の円滑な実施のための対策や感染症対策の更なる強化など大きく10項目にわたる内容です。即効性、実効性、そして市民の皆様からの声を踏まえて要望しました。
市長からは早速に対応する項目を示していただき、その行動力に感謝申し上げます。
議員団として、国や府ともしっかり連携を取りながら、あらゆる手を打ってまいります。

一週間がスタート

未分類 / 2021年4月12日

一週間の始まり。
土日にかけて伺った数件の市民相談を朝一番から対応。解決に向けて丁寧に取り組みたいと思います。
我が家では、秋に植えたチューリップが小さなプランターの中で全て咲き揃いました。
明日は雨の予想なので、一番綺麗な時を写真に収めました。

グリーフケア

未分類 / 2021年4月11日

昨日、公明党大阪府本部女性局主催のウィメンズトークミーティングが党女性委員会副委員長山本かなえ参議院議員に入って頂き開催しました。
『周産期グリーフケアはちどりプロジェクト』共同代表の大竹まみさんが当事者として、また助産師として医療側の立場で支援を行っておられる兵庫県立大学看護学部母性看護学助教の遠藤佑子さんからお話を伺わせていただきました。
流産や死産、新生児死を経験した女性と家族への支援が不十分である現状の中、当事者がいかに悲しみや孤独の中で過ごされているか、小さな命を亡くされた当事者の悲しみを伺い、あらためて、支援がいき届いていないことを痛感しました。
これまで何度かお話を聞かせて頂く機会もあり、子育て世代包括支援から抜け落ちている現状をなんとか伝えていき支援に繋げたいと、12月議会で初めて取り上げ、後の委員会でも取り上げながら、本当の意味で切れ目のない支援の必要性を訴えてきました。
この機会を頂き更に、心の支援を含めてグリーフクアの理解と寄り添った支援を進めて行く事が必要だと感じています。
これまで大切に進めてこられたこの取り組みをしっかり理解しながら、何より当事者の心とともに、その思いを施策に展開できるよう、これからもご意見を伺いながら一歩づつ進めていきたいと思います。
最後にお忙しい中をお越しくださり貴重な講演を行ってくださったお二人に心から感謝申し上げます。
今後とも宜しくお願い申しあげます。

朝のご挨拶

未分類 / 2021年4月7日

火曜日と水曜日は石切駅で朝のご挨拶。多くの方とお会いすることができました。先週と違い少し肌寒いですが、お昼からは陽射しが出て暖かくなっています。
ワクチン接種についてのお問い合わせが多くなっています。
東大阪市では市民の皆さんに円滑、迅速、安全に接種できるよう準備を進めています。接種券については、4月下旬以降、年齢ごとに段階的に発送する予定です。予約についても、接種券が届いてからになります。
詳細が4月15日の市政だよりに掲載されています。ご参考ください。

緊急要望

未分類 / 2021年4月1日

今頃の投稿になってしまいました。
3月31日水曜日。
定例の石切駅北口からの挨拶。その後役所へ。
またこの日、野田市長へ緊急要望を届けさせていただきました。
国では、地域女性活躍推進交付金で孤独、孤立で不安を抱える女性が、社会との繋がりを回復する事ができるように「繋がりサポート型」が拡充されました。
コロナ禍で非正規雇用など女性の経済的困窮が課題となっており、中には、生理用品や女性用品さえ購入できないという現実もあります。
このことを鑑み、①災害備蓄品として用意されているものをローリングストックして、学校現場などで提供②今後も様々な角度から女性の負担軽減への取り組みを推進。
など要望させていただきました。
市長は早速、取り組みを進めてくださると即答。そのスピード感と行動力に感謝申し上げます。
この交付金の目的はあくまでもこの提供をきっかけとして支援に繋げ、繋がっていく事です。これからも女性の視点で誰一人取り残さない社会の実現を目指し力を合わせて取り組んでまいります。

緊急要望

未分類 / 2021年4月1日

今頃の投稿になってしまいました。
3月31日水曜日。
定例の石切駅北口からの挨拶。その後役所へ。
またこの日、野田市長へ緊急要望を届けさせていただきました。
国では、地域女性活躍推進交付金で孤独、孤立で不安を抱える女性が、社会との繋がりを回復する事ができるように「繋がりサポート型」が拡充されました。
コロナ禍で非正規雇用など女性の経済的困窮が課題となっており、中には、生理用品や女性用品さえ購入できないという現実もあります。
このことを鑑み、①災害備蓄品として用意されているものをローリングストックして、学校現場などで提供②今後も様々な角度から女性の負担軽減への取り組みを推進。
など要望させていただきました。
市長は早速、取り組みを進めてくださると即答。そのスピード感と行動力に感謝申し上げます。
この交付金の目的はあくまでもこの提供をきっかけとして支援に繋げ、繋がっていく事です。これからも女性の視点で誰一人取り残さない社会の実現を目指し力を合わせて取り組んでまいります。

記念樹配布事業

未分類 / 2021年4月1日

東大阪市では、みどり豊かなまちづくりを目指して、様々な緑化の推進を図っています。その一つの事業として、入園、入学、新成人、結婚、結婚記念など家族の記念日に記念樹の配布を行っています。
我が家でも、3月28日にその苗木を受け取り、植えてみました。
今日から我が家の花たちに仲間入りをしました。大きな花を咲かせますように。