本日開催された「羽村市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」の主な関連情報等をお知らせいたします。

1 特別定額給付金について
・5月28日申請書発送
・受付状況 (R2.6.2 11:00現在 速報)10,706件(オンライン787件 郵送9,919件)
・給付状況 (R2.6.1現在)711件(171,900千円:1,719人)
・電話問合せ(6/1 約500件 6/2 11:00現在約120件)

2 新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内
・市民周知のための標記「個人・世帯・事業者向け案内」を作成
・今後、市公式サイトに掲載

3 保育園・学童クラブの状況
・6月1日 保育園 登園率70.2% 学童クラブ 登所率54.1%

4 経営支援状況
・テイクアウト支援推進事業(エール飯半額補助)現在88店舗が参加、うち29店舗が完了。そのうち11店舗では、今回の利用者がコロナ後の利用客につながるよう新たなメニューの開発や独自の割引サービスなどを実施しはじめている。IMG_4817

5 市立学校の対応
・教育委員会が、今年度の授業日・授業時数の確保に向けた以下の考え(以下概要です)を学校に示し、学校の実情に応じた教育課程の変更を行う。
(1) 授業日・授業時数の確保に対する考え方、授業日・授業時数の確保のため、以下のことを可能とする。
〇長期休業日の短縮及び学校公開を伴わない土曜授業日の設定を可能とする。
〇学校行事の重点化や準備期間の縮減など工夫して取り組む。
〇授業の一単位時間を原則、小学校45分間、中学校50分間としているが、一単位時間を40分間、45分間に短くした上で、一日当たりの授業コマ数の確保を行うことも弾力的に考えてよい。
(2) 長期休業期間について
○夏季休業日について
・7月31日(金)までは全校授業日とする。
・8月1日(土)から8月7日(金)までを授業日としてもよい。
・8月20日(木)から8月31日(月)までを授業日としてもよい。
・夏季休業期間は、原則連続16日間確保することが望ましいが、学校や地域の現状(行事や工事など)に応じて短縮できるものとする。ただし、その場合は事前に教育委員会と協議し、決定する。
○冬季休業日について
・1月5日(火)から授業日としてもよい。
○土曜日授業について
・学校公開を伴わない土曜日授業の設定を可能とする。
以上、現段階での情報を基としており、今後、変更が生じた場合は、改めて通知する。
(3)プール指導について
・今年度のプール指導は行わない。 

6 施設の再開時期について
・ステップ2に該当する施設の、再開日程については、さらに関係部署で調整をした上で決定することとなりました。決定次第お知らせいたします。

以上

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
羽村市 西川美佐保