バックナンバー 2020年 4月

〜 東京都医師会 会長からのお願い 第2弾 〜 

;

「もしも6週間みんなで頑張れたら」

 恐れていたことが、ますます現実に近づいているような気がします。

昨日4日には、初めて118名と三桁台に感染者が増えました。今日は、143名で更に増えています。皆さんの自粛行動が緩んだ3連休の数字が見事に出ているような気もします。

 国は、全国的には…と言って、いまだに緊急事態宣言をしていただけません。

東京都医師会としては、医療界としては、これまでになく危機感を強めています。「医師会独自で緊急事態宣言」を明日にでも出すつもりです。そこで改めて、都民(そして東京周辺の県民)の皆様にお願いです。

 世界中の人々が新型コロナ感染症で苦しんでいます。日本でも多くの人が苦しんでいて、これまでみんなで自粛しながら頑張ってきました。でもなかなか患者さんの数が減ってきません。

多分それは日本という国が自由で、それぞれの判断に任されているためだからと思います。そして、いよいよ歯止めが効かなくなって感染爆発(オーバーシュート)の可能性が出てきました。

自由は日本のいいところだと思っていますが、このままでは自粛どころではなく、都市閉鎖(ロックダウン)やら、本当に窮屈になってしまうこともないとは言えません。

 

 そこで東京都医師会からのお願いです。皆さん想像してみて下さい。

『新型コロナウィルス感染症に、もしも今この瞬間から、東京で誰一人も新しく感染しなかったら、2週間後には、ほとんど新しい患者さんは増えなくなり、その2週間後には、ほとんどの患者さんが治っていて、その2週間後には、街にウィルスを持った患者さんがいなくなります。』

 だから今から6週間、皆さんが誰からもうつされないように頑張れば、東京は大きく変わります。

もちろん、みんなで頑張ってみても、すでに起きているクラスターからは患者さんが出現するでしょうし、外国からだけではなく、東京に持ち込まれてくる可能性はあります。でもそれに対応する方法はあります。

だから東京都内で、近くの人や人混みで移されないようにしさえすれば、東京は大きく変わり、窮屈な自粛から解放されることになります。たった6週間です。誰からもうつされないように頑張りましょう。

 長い文ですが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 東京都医師会の心からのお願いでした。

〜東京都福祉保健局より〜

新型コロナウィルス・都内区市町村別感染者状況(4月4日時点)

羽村市では、3、4週間前の発生時から3名のまま推移しています。なんとか持ちこたえていけますように!153-5

 

 

あるご家庭で、娘さんと友人が海外から帰国されるという。

帰国者は公共交通機関は使えないということで、

娘さんのご家族が羽田へ車で迎えにいき、その友人も送るという案も。

yjimage

;

私にご相談頂き、「それは危険」と思いすぐに帰国者・接触者相談センターに確認。

相談センターでは、「検疫をした後

2週間滞在するホテルを紹介」してくれるとのこと。

それを伝えたところ、簡易宿泊所のことや、外のホテルのこと、送迎など

もっと聞きたいと、ご家族は相談センターに電話してもなかなか繋がらない。

.

ご家族は、帰国者でも借りられるウイークリーマンション(陽性だったら入れない)など探し、

相談センターに連絡するもずっと話し中。

夕方から翌朝5時までかけ続けだったとのこと。ギリギリまでバタバタしたとのことでした。

IMG_7623

.

一方、娘さんは前日の朝5時に羽田に到着して、検疫結果を空港の指定場所で待つ。

結果、陰性が出たのは、夜の11時。そのまま朝まで空港で過ごし、

朝、ご家族が手配してくれたウィークリーマンションに移動したとのこと。

周りの人は、家族が迎えに来て、検疫結果を待たずに家族と自宅へ帰宅される方もおられた様子。

そのあとのリスクを考えたら、ご本人もご家族も大変だったと思いますが、絶対に自宅へすぐに帰宅するのはやめて正解だったと思います。

=====

また、若い研修医が、15人位で食事、その後カラオケへ行き感染。

数名に広がっています。

両親が感染していない赤ちゃんの感染も、お父さんはお医者さんで、

クラブに飲みに行ったとのこと。洋服か何かについていたのでしょうか。

.

ちょっとした油断、命に関わることは取り返しがつきません。

それぞれが後悔のないよう可能な配慮、慎重な行動が求められます。

 

初めて、冷凍のお弁当を買ってみました。(400円以下)とっても美味しく時代は進んでいるなと実感。

災害対策の備蓄品としてローリングの1つに使用出来ます。ちなみに容器は紙。環境にも配慮されています。人数の少ないご家庭向けでしょうか。

91092850_1918826501595417_8123559976116420608_n

新型コロナウィルスは、非常事態のような状況ですが、新しい気づきも沢山もたらしています。
自分に出来る予防策をとり、必要以上に不安にならない。ポジティブな思考を意識する。自分を見直す。他人軸(人のせい)ではなく、常に自分はどうするのか自分軸を意識する等々。

IMG_7601外食産業の方は、テイクアウトに切り替えたり、物が売れなくなっている事業所では、必要とされている商品への切り替え、

集まらなくてもできるセミナー、インターネットで教えられる塾、映像での会話で遠隔診療‥等々。

仕事の在り方も変化していくのでしょう。

新しい時代への変革と、自己改革のチャンスを地球から与えて頂いていると感じています。必ず、道は開けるでしょう!

safe_image.php

東京都は1日、区市町村別の新型コロナウイルスの感染者数を公表した。都が自治体ごとの数を発表するのは初めて。3月31日時点で世田谷区が44人と最も多く、次いで港区の39人、杉並区の28人だった。

都内の区市町村別感染者数(都発表、3月31日時点)

千代田区3、中央区19、港区39、新宿区22、文京区4、台東区15、墨田区5、江東区10、品川区24、目黒区21、大田区15、世田谷区44、渋谷区18、中野区15、杉並区28、豊島区9、北区4、荒川区2、板橋区4、練馬区20、足立区8、葛飾区6、江戸川区8、八王子市4、武蔵野市3、三鷹市7、青梅市1、府中市1、調布市1、町田市6、小金井市1、小平市1、日野市3、東大和市1、東久留米市1、稲城市1、羽村市3、西東京市8、都外20、調査中116(永寿総合病院106含む)

上記の通り、4月1日に初めて東京都の各自治体の感染者数を発表されました。羽村市での三人の感染者をお聞きしたのはもう3週間ほど前。3人以上に3月31日まで広がっていないことは、ちょっと安心しました。

今のところ、市内は安定しているようですが、今後も引き続きかからないように気をつけていきたいと思います。

 

 

 

 

本日は雨の中、公明新聞の取材(会派4人で)がありました。

青梅線では唯一古いままの羽村駅の駅通路が、やっと広く改修工事が完成し、安全な通行が可能となりました。

91409179_1918577874953613_7373010184827830272_n

公明党国会議員との連携で長年動かなかった事業が完了しました。市でも長期間かかり大変だったことと思います。

91618091_1918577968286937_8462335537452154880_nまた、小作駅では、喫煙所が完成。

これまでの喫煙場所は、通行人の方から横を通ると受動喫煙の問題で苦情を頂いていました。

コンテナで作られた喫煙所は、都の100%補助事業で行われました。結構多くの方が利用されています。路上喫煙が少しでも減ることを願います。

水木公園から二プロさんに向かう通路も広くなりました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
羽村市 西川美佐保