今日は早朝より打ち合わせ。その後議会運営委員会が開催され、3月度の議会に向けての陳情の取り扱いや、審議日程の確認等行われました。

その後、会派での打ち合わせなど。その後は福生警察や調査活動を行いました。

夜、台湾の父の(小学校の同級生の)友人から電話があり、「こちらはホカホカして暖かいよ〜」との声に「羨ましいねえ〜」と父の弾んだ声。段々と同級生が少なくなるとぼやいているなか、よく台湾から電話を頂く3人の中のお一人です。

いずれも女性ばかり。やはり91歳ともなると女性の方が元気なようです。ところで、父が祖母の思い出話としてよく出て来る言葉があります。

埼玉県幸手市の観光

「世の中に寝るよりほかに楽は無し 浮世の馬鹿は起きて働く」通産大臣賞を頂いた大変働き者だった祖母が、いつもその言葉を云って家族を笑わせていたとのこと。

父に云わせると「自分のことより、まず人のこと。模範のような母だった、その母が…その言葉を?」と笑いながらも何か意味があるのだろうと感じて来たと。

幸手市の観光協会で飼われているチャボ

ところでこの言葉の意味、実は『働かないで楽な暮らしをすることがいいのだ、それが幸せなのだ』という意味ではなく、

ここに出てくる〝馬鹿”は 『空手バカ』や『野球ばか』などに用いられる褒め言葉。一途に仕事に打ち込む姿を讃えているということだそうです。

また、休養の大切さと同時に打ち込める仕事を持つことの大切さも込められているのでしょうか。

厳しい時代を常にユーモアを持ち、老いても孫と意気投合する若い精神力を持っていた祖母に少しでも近づきたいと感じるのは、これまた、父の影響なのでしょうか。

さて、ロシアへ落ちた隕石。上空で遭遇した飛行機が、衝突を避けることが出来て良かったです。日々、これまで出会った事の無いような事件や出来事が続いています。嬉しいニュースが続くことを願っています。インフルエンザも流行っています。皆様お大事に。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
羽村市 西川美佐保