安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

横浜市「小児医療費助成制度」拡充への取組みについて 5674

未分類 / 2022年5月21日

IMG_0370 (2(昨日は本会議一般質問。公明党を代表して久保和弘議員(瀬谷区)が登壇。多岐にわたり市長に質しました。

その中のひとつに、長年にわたり公明党が推進してきた「小児医療費助成事業」のこれまでと、今後についての質問がありました。横浜市における同事業の変遷や、公明党市議団の取組みがよくまとめられた内容。ご紹介します。

「本市の制度は、現在、中学3年生までを助成対象としておりますが、ここに至るまでの道筋は我が党が開いてきたものです。

今からさかのぼること30年前、我が党は、平成4年に本市会において、初めて乳幼児の医療費自己負担の無料化について提案をしました。その後も粘り強く主張を重ね、時の市長との喧々諤々の議論の積み重ねを経て、平成7年1月、ついにゼロ歳児を対象とする医療費助成制度の創設が実現しました。

それ以降も我が党は、子どもを安心して産み育てられる環境を整えるために、持続可能な制度となるようにしっかり議論をして制度のさらなる拡充に取り組み続け、平成31年4月には助成対象を中学3年生まで拡充し、令和3年4月には1,2歳児の所得制限の撤廃を実現しました。

我が党はこれからも、助成対象年齢を18歳まで引き上げ、所得制限を撤廃し、一部負担金なしの全額助成へと拡充することを目指し、引き続き全力で取り組んでいく所存です。

市長は、中学3年生までの所得制限の撤廃などの公約の実現については、まず、今年度に庁内横断的に検討していくとしています。

重要な施策であり、ぜひとも多角的な検討をしていただきたいと思いますが、一方で、制度のあり方については、最終的にはリーダーである市長が示すべきものではないでしょうか。

そこで、 (1)現時点で、小児医療費助成事業の方向性をどのように考えているのか、市長に伺います。

子育て中の方々にとっては、今まさに必要としている支援であり、議会での議論を行える案を早期にお示し頂くよう強く要望します。」

厳しい財政状況であっても、子育て、教育は、決して旗を降ろしてはならない、最重点分野。

助成対象年齢を18歳まで引き上げ、所得制限を撤廃し、一部負担金なしの全額助成に向け、引き続き、取り組みを進めます。

時局講演会と菅前首相のご挨拶要旨について 5673

未分類 / 2022年5月20日

IMG_0370 (1 (4)昨夜、神奈川県民ホールで、今夏の参院選予定候補者でもある三浦のぶひろ参議院議員の時局講演会を開催。山口那津男代表、「夜回り先生」で知られる水谷修先生が応援に駆けつけました。内容も素晴らしく大盛況。青葉区をはじめ、各地から多くの方にご参加頂きました。感謝です。

昨日の公明新聞に、今週、別の公明党の会合に出席された、菅義偉前首相のご挨拶の要旨が掲載されていました。ご紹介します。

【新型コロナ対策】

今年の大型連休は、3年ぶりに制約がない状態で迎え、非常に感慨深かった。昨年はデルタ株が猛威を振るい、極めて厳しい状況だった。先行する海外の対策を見ながら「ワクチン接種こそがコロナ対策の切り札だ」と見定め、ここに全力を集中していく決断をした。一日も早く、一人でも多くの方に接種することで国民の命と暮らしを守る。そうした思いだった。

「1日100万回接種」は高い目標だったが、予定よりはるかに早いスピードで接種が進んだ。(2021年7~8月で)65歳以上の高齢者10万人以上の感染を防ぎ、8000人以上の命を救うことができた。

感染拡大で日本経済が大きな影響を受けたことは事実だが、大胆な対策を講じた結果、失業率は3%を切り、昨年度の倒産件数も五十数年ぶりの低水準に抑えられた。

【経済対策】

ロシアがウクライナを侵攻し、原油価格や物価が高騰している。こうした時に、国が補正予算をできるだけ早く成立させることは当然だ。同時に、円安のメリットを生かし、昨年初めて1兆円を超えた農林水産品の輸出を促進すべきだ。中堅・中小企業のものづくりを海外に輸出する体制づくりも政治の役割だ。

【携帯料金引き下げ、不妊治療支援】

携帯電話料金は法律で競争環境を整備した結果、昨年5月に1570万件が割安プランに変わり、国民負担が年4300億円軽減した。今年3月には、格安プランの契約件数が3710万件になり、国民負担の軽減に拍車が掛かった。

少子化対策は待ったなしだが、子どもを産み育てたくても、不妊治療の費用が高く、十分に治療を受けられない。そうした中、保険適用を行い、誰もが治療を受けられる体制を築いた。

携帯電話料金の引き下げや、不妊治療の保険適用に向けては、公明党が多くの署名を集め、政府に届けてくれた。それに応えたいと思い、私も実現に力を尽くした。

■日米同盟、自公政権が再構築

【安全保障政策】

ロシアによるウクライナ侵攻は、国際法違反であり、絶対に許すわけにはいかない。ウクライナがNATO(北大西洋条約機構)に加盟していれば、こうしたことは起きなかったと思う。日本にとって、ロシアは近接する国だ。加えて、北朝鮮や台湾海峡の問題を考えた時に、日米同盟を信頼感のある同盟にしなければならない。

民主党政権では、当時の首相の発言によって日米同盟が機能不全に陥り、その間、ロシア大統領が北方領土に初めて足を踏み入れた。日米関係が厳しい状況にあると、こうした事態が次から次へと起きてくる。

そこで、続く安倍政権では、日米同盟の再構築に最優先に取り組み、(安全保障上、重要な情報を「特定秘密」に指定して政府が保護する)特定秘密保護法と、国家安全保障会議設置法、そして平和安全法制を作った。

当時も北朝鮮からミサイルが何発も発射されていた。これまで北朝鮮のミサイルから日本を守る米国の艦船が攻撃されても、自衛隊が守ることはできなかったが、平和安全法制の制定で可能になった。この三つの法整備によって日米同盟が機能できる体制になった。

参院選では、平和安全法制に対し「戦争法案」などと反対した政党などの候補者と戦うことになる。国民の安全・安心を守るために、自民党は公明党と協力している。参院選では、何としても公明党に勝ってもらいたい。」

激励に感謝です。夏の勝利へ、頑張ります!

ラーメン価格 過去最高について 5672

未分類 / 2022年5月19日

IMG_0370 ( ((2昨日、「工事が始まりました。原因は汚水管の破損でした」と大場町にお住いのご婦人Aさんからご連絡を頂きました。一昨日は「ガス管工事の後、道路が陥没して、車で通ると跳ねるほどに下がっている」との一報。土木事務所と連携。私は議会で行けませんでしたが、専門の皆さんがすぐに現場へ。即対応。街を守る力に感謝です。

昨日は本会議で議案関連質疑。公明党から斉藤伸一議員(保土ヶ谷区)が登壇し、各種議案について質しました。

ところで、うちの長男は横浜を中心に展開するラーメンチェーン「大桜」に勤めていますが、激しい物価高騰の直撃を受けているようです。

先日、日経新聞が「ラーメン価格過去最高 609円、食材高騰が直撃 1年で小麦粉12%高、しょうゆは6%」と題した記事を掲載していました。

「ウクライナ危機などによる世界的な食材価格の高騰が「庶民の味」を直撃している。その象徴がラーメンだ。小麦粉やチャーシューに使う豚バラ肉など多くの原材料の価格が1年前より上昇し、ラーメン1杯の全国平均価格は過去最高値圏となった。海外でもキムチや、カレーに不可欠なスパイスが高騰しており、消費者の生活防衛意識が高まっている。

「この原材料高はボディーブローのように効いている」。東京・神田の人気ラーメン店「なな蓮」の谷口直史代表はため息をつく。売れ筋の「鶏そば塩」は1杯850円。新型コロナウイルス下で客足が6~7割の水準に落ち込むなか価格を据え置き、原材料高で採算は悪化した。

当面は焼き鳥や地酒など居酒屋メニューの充実でラーメンのコスト高を吸収する考えだが、「値上げも視野に入れている」と打ち明ける。

ラーメンは麺やスープ、具材に様々な食材を使うため、原材料高の影響を受けやすい。なかでも価格上昇が際立っているのが麺に使う小麦粉だ。総務省の小売物価統計調査によると、ウクライナやロシアからの供給不安に加え、天候不順の影響から価格は1年で12.3%上昇。スープのベースとなるしょうゆも大豆の高騰で5.8%高だ。

具材に使う豚バラ肉や、だしを取る昆布や煮干しも軒並み値上がりしている。コロナ禍からの経済回復などを受け、飼料の価格や漁に出る船の燃料費がこの1年で上昇基調にあったことが背景にある。のりは値下がりしているが、不漁の影響で高止まりしている。

原材料高でラーメン1杯の価格は上昇している。総務省の調査では、2月の中華そば(ラーメン)の平均価格は609円と前年同月比で6円上昇し、調査を始めた2000年以降で最高となった。

3月は最高値圏で推移し、4月以降も上昇する可能性が高い。「中小零細の事業者が多いラーメン店にとって、原材料高の負担は重い。今後値上がりの動きが広がるとともに、倒産件数も増える可能性がある」(東京商工リサーチ)」

「大桜」はコクのある豚骨・醤油。「クセになる」「ハマるラーメン」と人気。

只、私は「味噌ラーメン」が好きです。

「ヤングケアラー」と「こどものうつ症状1~2割」について 5671

未分類 / 2022年5月18日

IMG_0370 ( ((2昨日は「こども青少年・教育委員会」。今年度は同常任委員会の委員を拝命。ウクライナからの避難民のお子さん4名が横浜市立学校でスタートしたことや、選択制の中学校給食の喫食率が30%を超えたことなども報告されました。

大人に代わって日常的に家事や家族の世話をするヤングケアラー。厚生労働省が文部科学省と連携して調査し、今年3月にまとめた結果によりますと、世話をしている家族がいると答えた中学2年生は5.7%、全日制高校2年生は4.1%。これは日本全国の中学2年生17人に1人、全日制高校2年生24人に1人の割合とのこと。

一方、日経新聞が「コロナ禍の小5~中3 うつ症状、1~2割に 国立機関調査 家庭内で抱え込む傾向」と題して記していました。

「新型コロナウイルスの流行が子どもの生活や健康に与える影響について、国立成育医療研究センター(東京)が調査したところ、小学校高学年から中学生の子どもの1~2割にうつ症状が見られたことが5日、分かった。家庭内で抱え込む傾向も浮き彫りになり、担当者は「正しく理解し、SOSを出してほしい」と呼びかけている。

調査は2021年12月、無作為抽出の郵送と、任意のインターネットで実施。小学5年生から中学3年生の子どもとその保護者計約5400人から回答を得た。

その結果、郵送では小学5~6年生の9%、中学生の13%に中等度以上のうつ症状が見られた。インターネットでは小学生13%、中学生22%と高くなった。

また、自分にうつ症状が出ても「誰にも相談せず自分で様子を見る」と答えた(郵送調査)のは、小学5~6年生で25%、中学生で35%と、学年が上がると抱え込む傾向があった。

保護者への郵送調査では、自分の子どもにうつ症状が出た場合「病院は受診させず様子を見る」が29%だった。

同センターの森崎菜穂社会医学研究部長は「コロナ禍の長期化でストレスが高い状態が続き、保護者も余裕がない可能性がある」と指摘。いらいらしている、朝起きられないなどサインに気付いたら「まずは子どもの話を聞くことが大切だ。必要と感じたら、保護者はためらわず相談や受診をさせてほしい」と話している。」

子ども達を守る取り組み。私は私の現場で、改善に向け、全力で頑張ります。

「冷蔵庫はテレビに勝てるか」について 5670

未分類 / 2022年5月17日

IMG_0370 ( ((2昨日は今月末に行われる「財政ビジョン特別委員会」の準備。物価高騰が日本に暗い影を落としていますが、その原因となっているウクライナ危機。まだ終わりの見えない日々ですが、先日、日経新聞コラム「大機小機」が「冷蔵庫はテレビに勝てるか」と題して記していました。

「テレビと冷蔵庫の戦い」なのだという。ロシアの民意をめぐるたとえだ。テレビは国営放送が垂れ流す官製プロパガンダを象徴する。冷蔵庫は、人々の生活実感を表す。

冷蔵庫がいっぱいのうちは人々は、テレビの言うことを信じるが、冷蔵庫の中身が乏しくなれば、官製情報を疑い始めるというのだ。

ロシアの独立系世論調査機関の4月下旬の調査では、ウクライナ侵攻を支持する人は74%で前月比7ポイント減。まだテレビが優勢のようだ。

だが、西側による制裁が強まり、長引けばどうだろう。モスクワ市長は、西側企業の撤退で同市は20万人の雇用を失うとみている。生活必需品の不足や値上がりが顕著になれば、冷蔵庫が巻き返す場面も出てきそうだ。

テレビ対冷蔵庫の構図は、やはり言論統制が厳しい中国にもあてはまりそうだ。ロックダウン(都市封鎖)された上海の住民が、SNS(交流サイト)に、空っぽの冷蔵庫の画像をあげていた。

上海市のトップ、李強共産党委員会書記が視察先で住民の抗議を受ける動画や、団地の住民が一斉に鍋をたたいて封鎖に抗議する音声など、政権批判ともとれる投稿が、検閲をかいくぐって拡散した。

感染症対策の第一人者とされる鍾南山医師は先月、学術誌への寄稿で、ゼロコロナ政策を「長期的に続けることはできない」と指摘した。ネット上の転載は、当局が片っ端から消しているようだ。

重症化率が低いオミクロン型が主流になり「ウィズコロナ」が世界の潮流になる中、なぜ中国はゼロコロナに固執するのか。秋の党大会でトップ3選を目指す習近平(シー・ジンピン)国家主席の業績と見なされていて、変えられない、との見方がある。

思えば、北京冬季五輪開幕式当日の2月4日に会談した習主席とプーチン・ロシア大統領は、共同声明で「民主主義保護の名目で他国に内政干渉している」と、西側を強く非難していた。民主主義が悪い、とでも言わんばかりに。

民主主義にも山ほど欠陥はあるが、民意をないがしろにし、独裁者の面子(メンツ)のために多くの人の命が失われたり、理不尽な都市封鎖で自由を奪われたりする体制よりは、はるかにマシだ。

ここは旗色を鮮明にしておきたい。がんばれ冷蔵庫。そしてSNSも。」

自由には義務が伴いますが、自由と放縦を間違え、他人に迷惑をかける、勝手気ままな振る舞いさえも抑制できないような民主主義は問題だと思います。

他国がどうあれ、それはその国が決めることですが、本文が指摘している通り、欠陥はあっても民主主義を追求することが、長い人類の歴史が作り上げてきた、「生活者の幸せ」のための知恵ではないかと思います。

そこにこそ確たる哲学が必要であることは、キング、ガンジー、マンデラなど、「人権の闘士」とされる歴史の人物が示してきたことでもあります。

沖縄復帰50年と琉球王国・尚寧王について 5669

未分類 / 2022年5月16日

IMG_0370 ( ((2昨日、沖縄の本土復帰50年。公明党は昨日発表した党声明で、社会インフラや産業振興、文化を活かした観光面を中心に「沖縄観光1000万人」の実現したことをはじめ、平和創出拠点としての発展に全力で取り組むとしています。

一方、在日米軍施設・区域の多くが沖縄に集中しており、基地負担の軽減に向け、着実な取り組みを進めると共に、「在日米軍基地総点検」を通して当時の政府に対し、沖縄返還を求め、さらに、付帯決議として、国是となる非核三原則を国会決議するよう訴え、成立させることができた。これからも「持たず、作らず、持ち込ませず」との三原則を強く堅持するとしています。沖縄には公明党が築いてきた平和の礎があります。

しかし、まだ続く県外との格差問題。在日米軍施設の約7割が沖縄に集中。また、一人あたりの所得は239万円と全国の75%。子どもの貧困率はひとり親世帯の約6割。母子世帯の割合は全国の2倍近くとなっています。

真に「平和で豊かな沖縄」を実現していかねばなりません。

他方、沖縄県になる前は「琉球王国」。廃藩置県で沖縄県となる1879年までの450年、中国や東南アジア各国との貿易で繁栄。日本とも交流はあったものの上下関係なし。その間、豊臣秀吉は日本の支配下に入るよう島津氏を通じて迫り、朝鮮出兵に協力させたり、徳川家康は中国・明との国交回復に琉球を利用しようとするものの、日本の支配下に組み込まれることを嫌う。島津氏と互角に戦う力があったとされた琉球王国ですが、最終的には、島津氏からの武力侵攻を最小限にとどめたところで、第7代国王・尚寧王が和睦を申し入れて首里城を開城したとされています。

この時の尚寧王の総合的な判断、決断が評価されています。それは、強大な隣国の中国・明がいつ攻めてくるかわからない。島津氏が攻めてくれば、負ける可能性もある。

そうした現実を踏まえ、最も重視したことが「いかにして犠牲者を最低限に抑えるか」。

尚寧王の選択は、死者を少なくするソフトランディング。

戦いを止めるのも、戦う意志を貫くのも、決めるのは為政者。

歴史において、戦争の犠牲者となり、命を奪われ、また過酷な状況に置かれて辛酸をなめるのは、大多数を占める罪のない庶民。

当然、本意ではないものの、尚寧王は、国のトップとして、国民の生命を守る姿勢を貫いたとされています。

翻って、現在のウクライナ危機。ロシアの侵略は絶対に許されるものではなく、厳しく裁かれるものですが、この約8年、ウクライナの為政者のかじ取りは、政治的に「どうだったのだろう」と、個人的に感じることがあります。

防衛力を持ちつつ、戦争を起こさない、起こさせないのが為政者の役目。

日本を守る自衛隊の方々も、誰一人として命を落とすようなことがあってはならない。

歴史が評価していくのだろうと思います。

横浜市「外国の介護人材 市が受入・定着を後押し」について 5668

未分類 / 2022年5月15日

IMG_0370 ( ((2昨日は市民相談対応、午後からご挨拶まわり。夜は地元の会合へ。横浜の未来に関することなど、青年の皆さんから様々なお声を頂きました。

うちの妻が勤める介護施設には、インドネシアからの実習生が頑張られていましたが、昨年末に任期満了で帰国。しかし、その方たちが戻ってきたとのこと。詳細は分かりませんが、「特定技能」 の資格を取得され帰ってこられた模様。実習生の時も、要介護5のご高齢の方々を、介護の現場で一緒になって支えてきた皆さん。再来日にあたって、色々お土産を持って来て下さったようで、その中には懐かしい「ドリアンキャンディ」もありました。強烈な香りから好き嫌いが分かれる「フルーツの王様・ドリアン」ですが、私は特別に好きなわけでもありませんが、嫌いでもありません。

先日、タウンニュースが「外国の介護人材 市が受入・定着を後押し」と題した記事を掲載していました。

「横浜市が2022年度、外国人介護人材の受け入れに関する事業所向けのセミナーと研修事業に着手する。介護業界における慢性的な人手不足を改善する一手として、外国人の受け入れ促進や定着化を支援していく。

市によると団塊の世代が75歳以上になる25年には、市内で約6500人の介護人材が不足すると推計される。市は人材確保の一環として、ベトナムの都市や学校と締結した覚書(18年度)を皮切りに海外からの受け入れを本格化。中国の都市とも同様の覚書を交わしたほか、訪日前の日本語研修や市内施設とのマッチング支援を行ってきた。

セミナーは事業所の経営者や人事担当者ら向け。手続きやメリットの説明に加え、外国人介護人材の日本語能力を把握できるような内容も検討しており、今年度に2回ほど開く予定。受け入れ施設の職員などを対象にした研修も行い、コミュニケーション方法などのノウハウを事例を交えて紹介する。研修の形態や回数は検討中という。

セミナーや研修を行う背景には、コミュニケーションなどに不安を抱く施設が多い点がある。言語だけではなく、価値観や生活マナー、宗教などが異なるため、日本人職員や利用者との関係性、指導方法などが心配されているという。受け入れの仕組みづくりが難しいという声もあり、市担当者は「(セミナーや研修が)不安を解消することにつながれば」と話す。」

目の前の「介護問題」と共に、日本では深刻な「労働力不足」、そして「人口減少問題」を抱えています。

引き続き、外国人の方が安心して暮らすことのできる環境づくりを進めます。

横浜市「物価高騰等を踏まえた緊急要望書」提出について 5667

未分類 / 2022年5月14日

IMG_0370 (1 ((

昨夜、22:26頃より青葉区で最大62,480軒の停電。5:23復旧。約7時間にわたり、約12.5万世帯の町の半分で電気が止まりました。停電対策をはじめ、いざという時の備えの必要性を改めて感じます。

昨日、横浜市会第2回定例会が開会。本会議では、今年度の「減災対策推進特別委員会」の委員長に任命されました。また、補正予算案を含めた議案が発送されましたが、現下の物価高騰等を踏まえた緊急要望書を市長に提出。公明党市議団の政調会長として本文を作成しました。ご報告します。

<原油価格・物価高騰等を踏まえた緊急要望書>

政府は4月26日、原油高騰対策と生活困窮者支援などを柱とする「総合緊急対策」を決定しました。財源として、2022年度予算の予備費を充てるほか、公明党が強く訴えた補正予算を編成し、今国会での成立に全力を挙げています。

こうした動きを受け、本市としても、物価高騰などから市民の暮らしを守るため、国による各種対策の円滑な執行と共に、今回拡充された地方創生臨時交付金を、生活現場の声に応える形で、迅速かつ有効に活用することが求められます。

つきましては、スピード感をもって対策を講じるよう、下記の通り緊急要望致します。

【1】 物価高騰対策

グローバルに物価が高騰する今、最も求められる経済対策は、物価に対する耐性を付けるしかなく、国内の賃金を上げることなどが求められる。経済対策は国がその多くを担うものであるが、国の臨時交付金を、現場の声を受け止めつつ、柔軟に活用することにより、国が例示しているように、生活に困窮する方々の生活支援や子育て世帯への支援、また、運輸・交通分野をはじめとする中小事業者の支援等、コロナ禍において原油価格・物価高騰等に直面する生活者や事業者等を強力に支援されたい。

【2】 生活困窮者支援・ひとり親家庭支援

低所得者の子育て世帯及びひとり親家庭を対象に子ども一人当たり5万円の支給について、6月から順次給付される見通しだが、もれなく迅速に給付するよう取り組まれたい。また、ひとり親家庭の子どもを対象とした支援について、さらなるニーズの把握に努めるとともに、柔軟かつきめ細かな対応が行えるよう努められたい。

【3】 中小企業支援・経済対策

中小企業の資金繰り支援でセーフティネット貸付の金利引き下げ幅が拡大され、また、経営が悪化した企業向けに政府系金融機関が提供する実質無利子・無担保融資と危機対応融資の期限を9月末まで延長するとしていることについて、早急に周知するよう努められると共に、国の補正の趣旨を踏まえた市における資金繰り支援等についても適時適切に講じられたい。また、ウィズコロナとして、横浜経済を成長させるには国内外からヒト・モノ・カネを誘引することが必要であり、市としての成長戦略を実行するよう取り組まれたい。 以上

市民目線で、変化に柔軟に対応するよう取り組みを進めます。

五月病「一人で頑張らない」について5666

未分類 / 2022年5月13日

IMG_0370 ( ((2昨日は市が尾駅前での街頭演説の後、地元の企業、幼児教育の現場などへ。駅頭はいつも一人ですが、先日、日経新聞「こころの健康学」に、認知行動療法研修開発センターの大野裕氏が、「五月病、一人で頑張らない」と題して寄稿されていました。

「新年度の慣れない環境のなかで緊張が続いていた人も、ゴールデンウイークで一息ついていることだろう。一方で、ゴールデンウイークで忙しくなっている人もいる。一息つくにしても、逆に忙しくなるにしても、リズムが変わったときには精神的なバランスを取りにくくなる。往々にして自分の理想と現実とのギャップに目が向いてつらい気持ちになりやすいので注意しなくてはならない。

精神的な不調に陥りやすいこの時期によく使われる言葉に五月病がある。最初は、将来の夢を持って入学してきた大学生に使われた。大学で勉強できることに胸を膨らませていた新入生が、何百人も入る大教室で講義を受けることになり、高校での濃密な授業とのギャップから孤立感を覚えて生じるこころの変調を意味していた。その後、会社などでも新しい環境になじめず不調に陥る人が5月に増えることから、様々な場面で使われるようになった。

4月は無我夢中だが5月になると少し慣れてきて、現実が目に入る。がんばろうと思っていた反動で、思うようなことができていなかったり、事前の期待と違ったりしていることなど、よくない側面に目が向く。

こうしたときには、あまり一人で頑張りすぎないようにした方がよい。思うようにいかないことがあってもあきらめないで行動することは大事だ。しかし、あきらめないで頑張るということと、一人で頑張るということとは違う。気になることがあるときには、一人で頑張りすぎないで信頼できる人に相談すると、上手に問題に対処できるようになる。」

 人間は「人の間」にある存在と言われますが、人とのつながりの中にあってこそ「人間」ということなのかと思います。

それが家族、友人であれ、見知らぬ相談窓口の人であれ、つながることが大事。

つなぐ人の存在も大変重要だと思います。

「新リーダーの目指すもの」について 5665

未分類 / 2022年5月12日

20220510田奈路面標示完成2昨日、榎が丘小学校前の坂の上、田奈町との交差点付近に「速度おとせ」の路面標示が完成しました。尾根道で速度が出やすく、事故の多い場所。地域の声を受け止めて頂いた関係者に感謝です。

1989年の夏、大学の東南アジア研究会の一員として、革命の熱気も落ち着いたフィリピンの首都マニラに向かいました。1986年、長期にわたり独裁・強権政治を続けたマルコス政権。それに抗議する100万の群衆がエドゥサ通りに集結。多くのマニラ市民によってマラカニアン宮殿を包囲されたマルコス夫妻は、米軍のヘリコプターで脱出し米国へ亡命。20年以上にわたる独裁が終わりました。

世界的には「エドゥサ革命」と称されていますが、現地の方の殆どは「ピープルズパワー革命」と呼ばれていました。

民衆こそが大地。政治は国民の声に応えることが役目。

あれから30年以上が経ち、今週、フィリピンの大統領選挙で、故マルコス大統領の長男・フェルディナンド・マルコス氏(64歳)が、人口6700万人の国で、3000万票を超える得票。次点と2倍以上の差をつけて圧勝。人口の過半数以上が過去のマルコス政権の時代を知らない世代とのこと。同氏はインフラ整備や治安・麻薬対策などを進めたドゥテルテ現大統領の路線継承を掲げ、SNSを活用した選挙戦で若い世代に支持を広げたとされています。

副大統領はドゥテルテ現大統領の長女とのこと。まだ「何をしたいのかが見えない」との報道も。それにしても、マルコス、アキノ、ドゥテルテ等、聞きなれた名前の方がよく登場するような気がします。

他方、韓国ではユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領が就任。5年ぶりの保守政権。ユン氏は北朝鮮との融和路線を追求したムン・ジェイン(文在寅)前政権の外交政策を転換し、米韓同盟の強化や日本との関係改善に取り組むとみられています。

また、執務室は権力の象徴と呼ばれた青瓦台から国防省の建物に移すとのこと。

昨日の日本経済新聞コラム「春秋」が記していました。

「明治維新で活躍した人には、囲碁の愛好家が少なくない。とりわけ有名なのが大久保利通だ。藩の実力者の島津久光と懇意にしていた碁の達人のもとに通い、久光に近づくきっかけをつかんだとの逸話が残っている。このころ大久保は一日中碁盤に向かっていたという。

伊藤博文や大隈重信なども、囲碁にこだわりを持っていた。選択をひとつ間違えば、新政府の土台が揺らぎかねない時代だった。盤面をじっと見つめて熟考する時間は、日本をとりまく情勢の先の先を読む訓練のときになったのかもしれない。いまも大切な政治と外交の心得だろう。きのう韓国で新しい大統領が就任した。

すかさずアクションを起こしたのが中国だ。王(ワン)岐(チー)山(シャン)国家副主席を就任式に派遣した。これまで多くの難局を任され、「消防隊長」とも称された重鎮だ。中国外務省は「中韓のより高いレベルの友好協力を望む」と力説する。本音は韓国の新政権が日本や米国に近づくことへのけん制にあるとされている。局面が動き始めた。

新国家の建設に奔走した大久保らも、韓国や台湾、中国といかに向き合うかが焦点だった。囲碁で攻防を左右するのは、碁盤の全体を見渡して判断する大局観だ。いったん打った石を動かす「ハガシ」は反則になる。流動する力のバランスの行方を過たずにどう読み解くか。外交の打ち手がずしりと重い時代になってきた。」

韓国の新大統領は元検事総長。目指すところは「真の公正な社会」。大いに期待しています。