安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

横浜市「児童虐待状況」と「日本版CAC」について 6437

未分類 / 2024年6月20日

FullSizeR (31)昨日は子育て支援関連団体、知的障害者団体、精神障害者団体、トラック協会等との政策懇談会。その中で、NPO法人 子ども支援センター「つなっぐ」の皆さんからもお声を頂きました。

「つなっぐ」は虐待・性暴力・いじめ等を受けた子どものためのワンストップセンター、通称「CAC」( Childrenʼs Advocacy Center )。中立的に多機関多職種と連携しながら、先進的取組みを進める米国から導入した「司法面接」や「系統的全身診察」「こころのケア」を行われています。

(HP) NPO法人子ども支援センター つなっぐ (tsunagg.org) https://tsunagg.org/

区役所、児童相談所、警察等、ケースによって対応の場が異なり複雑化している虐待対応。また、子ども達の精神的負担の大きい虐待事案について、発生時には一旦CACで受け付け、その後にトリアージ(分類)してから各機関で対処した方が、子ども達にとって適切な対処ができるとの指摘。また、そうすることで慢性的な人手不足の中、膨大な作業を続ける児童相談所の負担も大きく減らすことができるとの話もありました。

また、今すぐにできることとして、警察に持ち込まれた虐待事案を、子ども専門機関であるCACが受けて子ども達の声を聴き対応することで、よりスムーズに多くの子ども達を救うことができるとの話も。

欧米では当たり前となっているCACの設置と子ども達を守る取組み。日本ではまだ始まったばかりとのことでしたが、尊い取り組みに頭が下がります。

時を同じくして、昨日、令和5年度の横浜市における児童虐待の対応状況について、区役所と児童相談所のそれぞれの状況が記者発表されました。

令和5年度の傾向として、市全体の対応件数の合計は 14,035 件と過去一番多い数。前年度から 1,058 件の増加(前年度
比 8.2%増)。

経路別件数のうち、前年度に比べて増加が多かった主な経路は、「学校」からの通告が 463 件増(27.9%増)。「福祉保健センター」が 191 件増(13.4%増)。「警察等」が 159 件増(3.7%増)。

個別のデータを見ると、構成比の50%を占める「心理的虐待」が令和4年度比で5%増。同27%を占める「ネグレクト」は23%増。同22%を占める「身体的虐待」は横ばい。構成比1%の「性的虐待」は9%増となっています。

この状況について横浜市は、地域の中で児童虐待防止や体罰禁止等への意識が高まり、市民に身近な関係機関等からの相談や通告の増加につながっているとしています。

従来の延長線上で対処すべきことと、新たな展開を必要とするものもあります。

国との連携も視野に、取り組みを検討します。