安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

横浜市「不妊症・不育症」パートナー以外との相談支援について 5717

未分類 / 2022年7月3日

IMG_7611昨日は朝礼、ご挨拶まわり。途中、谷本公園多目的グラウンドで行われた少年少女サッカー大会へ。猛暑対策、水まき担当。子どもは元気です。

選挙中だからこそ頂く声があります。「ご友人から」とのことで不妊治療に関するご連絡を頂きました。この4月から始まった不妊治療の保険適用。20年以上前から助成金の創設、拡充などに取組んできた公明党。菅前総理が決断され始まりました。更なる支援充実へ。三浦のぶひろ、頑張れ!

先週、横浜市が「不妊症・不育症」への対応について、パートナー以外との相談ができる支援策を記者発表しました。費用面の支援だけでなく、相談機能の充実が重要とのことで、今年度予算に盛り込まれています。

横浜市が昨年度実施した約 200 人の不妊症・不育症に悩む方を対象にしたアンケートにおいて、7割近くの方が不妊治療についてパートナー以外の人と話ができる場を求めていることがわかったとのこと。この結果を受け、同じ悩みを抱える当事者同士で話し合えるピアサポート事業と、気軽に助産師に相談ができる電話相談を令和4年7月から開始するとしています。ご紹介します。

<ピアサポート事業>(7月30日土曜日開催)

『オンラインお話し会』はなしてみよう!日頃話せない不妊・不育のあれこれ

(1)対象者

不妊症・不育症に悩んでおり、同じ悩みを持つ当事者と話すことを希望する市民の方

(2)実施内容

・ NPO 法人 Fine 公認不妊ピア・カウンセラーがファシリテーターを担当するグループミーティング(オンライン開催)

・ 年 3 回実施、1回 90 分程度、土曜日または日曜日、事前申込み制

・ 定員各回7組、第1回の申込開始は令和4年6月 27 日

(3)申込 URL

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/teate/josei/

peer-support.html

<電話相談事業>(7月2日土曜日開始)

ママになりたい♡あなたのためのほっとライン

(1)対象者

妊娠、出産に至るまでの過程について相談をすることを希望している市民の方

(2)実施内容

・ 横浜市助産師会所属の助産師による電話相談

・ 第1・第3土曜日、午後2時~午後5時、予約不要

(3)電話番号 045-534-8108

【参考】平日は、各区こども家庭支援課にて助産師および保健師が電話・対面によるご相談をお受けしています。(9時~17 時)