安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

ふるさと納税返礼品「横浜マラソン出走権」について 4856

未分類 / 2020年2月23日

cache_Mes昨日は午前中に長坂谷公園にあるサッカー場での青葉区サッカー協会主催の少年少女サッカー大会の準決勝、決勝。午後は谷本公園サッカー場での中学生大会決勝。白熱した試合。今の子どもたちのプレーはレベルが大変高く、私の世代とは雲泥の差。ライフスタイルも食べているものも違うからか、身体も大きく、足も長い子が多いです。青葉区からは数多くのJリーガーが誕生していますが、桐光学園時代に高校No1アタッカーと言われ、現在はセレッソ大阪で活躍する西川潤選手も青葉区の青葉FC出身です。

横浜市にはサッカー、野球、バスケットボールのプロチームがあるなど、スポーツの盛んな街でもあります。2015年からはフルマラソンの「横浜マラソン」も開催。昨年は台風の影響で中止となりましたが、定員2万5千人でも競争率の高い、抽選を行うほどの人気の大規模イベント。「ふるさと納税」で100億円以上の税収減となる横浜市ですが、来年度から横浜マラソンの出走権を返礼品に加えることを予定しています。日経新聞からです。

「横浜市は2020年度から、同市へのふるさと納税の返礼品を拡充する。同市内の有名ホテルの宿泊券やマラソン出走権、プロ野球観戦などの体験型メニューなど計23種類を追加する。同市ではほかの自治体へのふるさと納税で年間約130億円超が流出しており、返礼品の魅力を高めて寄付を増やす狙いだ。

市が市内事業者から宿泊・食事・観光・市内限定体験の4分野で返礼品を公募し、21の提案を採用した。老舗ホテル「ホテルニューグランド」の宿泊券や横浜DeNAベイスターズの観戦チケット、観光タクシーの利用などのほか、横浜マラソンへの出走権も追加する。4月からは民間のポータルサイトの利用を始めて、PRに力を入れる。」

横浜以外にお住まいの方でご興味ありましたらどうぞ。

「横浜市へのふるさと納税」https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/zaisei/shisai-takarakuji-kifu/kifukin/kifu.html