安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

吉野家「私の履歴書」について 3606

未分類 / 2016年9月20日

DSC_0308昨日は市民相談対応等々。日頃から牛丼屋さんにはよくお世話になります。今月の日経新聞「私の履歴書」は、吉野家ホールディングス会長の安部修仁氏。連日楽しみにしながら拝見しています。

高校卒業後、「音楽で飯を食う」という志を抱き上京。バンド活動をしながら吉野家でバイト。そして社員に。12年後の1980(昭和55)年、事実上倒産。その重大な日に会社を無断欠勤。昼ごろ同僚からの電話で倒産を知る。彼には「嫌気がさしてバックレた」と話したが、本当は過労でぶっ倒れて床に伏せっていた。こうした下りからはじまる波乱万丈の履歴書。その後、様々な人との出会いの中、再建のリーダーとして社内をけん引、業績拡大を続ける。

会社更生法が申請された時、倒産イメージの払拭を求め、保全管理人が「再建セールをやってくれ」と言ったときのこと。乗り気になれず、「多くのお客さんをさばくための人員を確保できない。これだから素人は困るよ」とこぼした安倍氏。「すると管理人は「どうすれば可能になるのか」と聞いてきた。この言葉にハッとした。やろうともせず、できない理由ばかりをあげつらう自分を恥じた。気を入れ替える。「今、辞めたら“進駐軍”(不動産会社)だったヤツらを喜ばせるだけだ」。離職を考える仲間に声を掛ける。「『吉野家に残ってよかった』と言えるようにしよう」その後、一週間のセールは大成功。

 

92年に42歳で社長就任。昨日の履歴書はセゾンからの支援の様子を描かれていました。

「危機の度に向けられる言葉がある。「単品経営だからリスク管理ができていない」。だが、それは間違っている。単品だから品質を極め、際立った業績を上げ続けたのだ。単品経営はリスクテイクであり、独創性の高い絶対的な価値を生み出す。事実上の創業者、松田瑞穂元社長(享年77)は「一つのことに一番になれ、一つのことを極めろ」が口癖だった。牛丼を極めようとするほどに課題が鮮明になり、改善へと向かう。破綻後もその繰り返しが逆境からの脱却の道を指し示してくれた。幸いにも根強い吉野家ファンに支えられ、逆境を跳ね飛ばすことができた。今、吉野家には世界中で一日に約90万人が来店してくださっている。」

ご苦労を重ねられ、経験に裏打ちされた言葉、信念を貫く姿。人間的魅力を感じます。

「パブリック・フットパス」について 3605

未分類 / 2016年9月19日

DSC_1765昨日は母校・創価大学へ。会合の際、横に座られたのが同じ学部の先輩で、東京都議会議員(町田市)の小磯善彦議員。今、都議会副議長ですが、豊洲の問題への対応含め、種々尽力されているお話を伺いました。

電車での行き帰り。車中ではスマホでメールチェックと日経電子版を読んでいました。スマホは便利ですが、見すぎると頭痛がしたり調子が悪くなることがあります。そんな経験、ないでしょうか。スマホの影響を排出する「デトスマホ」という言葉がありますが、これは大事な時間だと思っています。今日はと思う日には努めて見ないようにする時間を作るようにしています。

先日、公明新聞コラム「北斗七星」が取り上げていました。

「カントは毎日、決まった時間に決まった道を散歩した。大哲学者にあやかるつもりはないが、筆者も考えが煮詰まった時には散歩に出ることにしている。

英国には「パブリック・フットパス」と呼ばれる散歩専用の小径があるという。どの道を選ぶか、行くか立ち止まるか、何を考えるか。散歩中はそれらすべてが自由だ。個に立ち戻る行為である散歩が生活スタイルとして確立されているからだと、作家の藤原智美氏に教えられた(『スマホ断食』潮出版社)。

ところが今、スマホの普及によって個に立ち戻る時間が少なくなっている。駅のホームや電車内で、ほとんどの人が当然のようにスマホを触る光景は珍しくない。

ネットとつながる装置の将来について、藤原氏は同著で「手持ちのモバイルではなく、身につけるウエアラブルになり、やがて体内に埋めこまれてしまうかもしれない」と警鐘を鳴らし、3日間の「スマホ断食」を提唱する。かつてカナダ先住民は、「夢を見る時間」を暮らしの中に取り入れたという。背中を丸めて雪の中に入り、毛布で体をくるみながら夜空を見上げ、一人夢想した。

LINE(ライン)は日常生活に欠かせない。「ポケモンGO」も「クール」で「かわいい」日本文化だ。それらと共存していけるように、心してスマホと付き合いたい。」

3日間はきついものがありますが、参考にしたいと思います。

救急出動で不搬送 1.5倍について 3604

未分類 / 2016年9月18日

DSC_0300昨日は敬老の日を前に催された敬老会に参加した後、会合をまわり市政報告。笑顔で集まるおじいちゃん、おばあちゃん。元気で長生き、食べるものが美味しい、そんな毎日を送って頂きたいなと思います。一方、年を重ねれば、体の調子がよくない時が増えるもの。状況に応じて、機を逸することなく医療や介護のサービスをご利用いただけばなと思います。

とはいえ、先日の朝日新聞が気になるニュースを報じていました。

「119番通報で出動した救急隊が、誰も運ばずに引き返す「不搬送」が、2014年までの10年間に約5割増えたことが、総務省消防庁への取材でわかった。高齢化などで緊急性の低い通報が増えていることが一因と見られる。「空振り」の出動が増え続けると、重症者の搬送に影響する恐れがある。

朝日新聞が消防庁に情報公開請求して得たデータによると、14年の不搬送は63万4千件。05年(43万3千件)と比べて46%増えていた。一方、救急車の出動総数は598万件で、同じ期間では13%増にとどまっていた。出動に占める不搬送の割合は、大阪府(14・4%)や兵庫県(12・9%)、東京都、埼玉県(どちらも12・8%)など大都市圏で高かった。

不搬送の理由は、家族らが通報したが搬送を拒む「拒否」(32%)が最も多く、隊員が応急処置をして医療機関に搬送しない「現場処置」(18%)が次いだ。けが人や病人がいなかった例や、誤報・いたずらは計11%だった。」

できるだけこうしたことがないように、と願うところです。

追悼 加藤九祚先生について 3603

未分類 / 2016年9月17日

DSC_1760昨日は午前中、公明党市議団として地元・青葉区の横浜市立美しが丘中学校に伺い、全額市費負担による英検実施の状況を伺った後、中学2年生の授業を拝見しました。5年前、私共が推進した施策でもあり感慨深いものがあります。未来のためにご尽力いただいた関係者の方々に感謝です。授業では、教科書だけでなく、コミュニケーション能力向上に力を入れ、工夫を凝らした内容。知識だけでなく、集団の中で「活用」を教える取り組み。準備される先生方のご苦労を感じるとともに、生徒たちが何とか伝えようと努力する姿が印象的でした。

ところで、今週、アジア文化史、人類学者として活躍された加藤九祚(かとう きゅうぞう)先生がお亡くなりなりました。享年94歳。私が大学在学中に創価大学の教授として就任され、中央アジアに関する興味深い授業をしてくださったことを思い出します。私の後輩には、先生に師事し、ウズベキスタンまでお供し、今も現地で頑張っている人もいます。学問を超え、人間として大変魅力的な先生でした。

日経新聞コラム「春秋」が加藤先生のことを取り上げていました。

「いっそ人間をやめてしまいたい。仲間を裏切り、殺し合う。忌まわしい光景を見た。底知れぬ怖さを感じた。民族・考古学者の加藤九祚(きゅうぞう)さんは、敗戦後、旧ソ連に抑留された日本人60万人の一人だった。強制収容所での出来事をずっと記憶から消すことができなかった。

「みんなと一緒に明るい方を向いて生きていこう」。帰国後、青春の5年間を過ごした極寒の地が留学先、現地調査の舞台だったと考えることにした。出版社に勤めながら、シベリアの研究を始める。この地域の踏査に生涯をかけた19世紀ロシアの探検家プルジェワルスキーのように生きたいと思った(「シベリア記」)。

国立民族学博物館の教授となり、シベリア・中央アジアの少数民族や文化を紹介した。シルクロードの遺跡の調査にも力を入れた。1998年からウズベキスタンの古都テルメズの仏教遺跡の発掘・保存活動に加わり、大仏塔を発見している。今月初め、現地入りしていたが、体調をくずし病院で亡くなった。94歳だった。

「人間として恥ずかしくない生涯をつらぬけるよう支えてほしい」。抑留中に見送った仲間を思い出しては、願っていたという。プルジェワルスキーの言葉がいつも耳に響いていたかもしれない。「人生はすばらしい。なぜなら旅ができるから」。旅の途中で病に没した探検家の軌跡が、加藤さんの人生に重なってみえる。」

私の祖父も60万人の一人だったのですが、その悲惨さについて生前何度も語っていました。

加藤先生、島国・日本にあって、世界へ踏み出す勇気を与えたお一人ではなかったかと思います。ご冥福をお祈りします

引きこもり対策について3602

未分類 / 2016年9月16日

DSC_1754昨日は区内の会合4か所をまわり、市政報告させて頂いた後、企業へのご挨拶等。

引きこもりでお悩みの声。これまで何度か頂き、行政機関などに繋げてきました。平成25年3月発表のデータですが、横浜市における若者のひきこもり約8000名と推計しています。

横浜市における若者の自立支援施策はその状況に応じて設けられています。ひきこもりや不登校などの悩みについて本人、家族などの相談を受け、サポートする「横浜市青少年相談センター」。若者の社会参加を目指す「地域ユースプラザ」。主に就労に向けた総合相談・就労に向けた支援を行う「若者サポートステーション」があり、個々人の状況に応じて対応しています。何度か視察していますが、ただの箱モノというわけではなく、個々人へのきめ細かな対応を見ると、困っている本人・家族などをここにつなげることの重要性を感じます。

先日、引きこもりに関する国の調査結果について、公明新聞が社説で掲載していました。

「特効薬はないものの、何とか自立できる道を開きたい。

15~39歳の引きこもりの人が、全国で推計54万1000人に上ることが内閣府の調査で判明した。2010年の前回調査に比べ約15万人減ったが、依然50万人超の高水準だ。引きこもりの人とその家族を支え、社会復帰を後押しする取り組みが求められている。

今回の調査で注目すべきは、引きこもりの「長期化・高年齢化」が顕著になったことだ。

引きこもり期間については、「7年以上」が34.7%と最も多く、「1~3年」が最多だった前回より長期化の傾向にある。引きこもりになった年齢は20~24歳が34.7%と最も多かったものの、35~39歳が10.2%と倍増している。

引きこもりは、長期化するほど解決が難しくなるとされる。本人が引きこもり生活に慣れてしまうからだ。また、引きこもりの子どもが高年齢化するに従って親も高齢になると、子どもと向き合う気力・体力がどうしても衰えてしまう。その上、親が亡くなった後の子どもの生活維持も大きな課題である。

引きこもりに対する取り組みは、初期段階における対策をはじめ、長期化・高年齢化といった最近の傾向も考慮しなければならない。

こうした中で期待したいのが、「外に出たくない」という人に対してアウトリーチ(訪問支援)を行う「ひきこもりサポーター」だ。引きこもりへの支援は時間と労力がかかるとされる中、同サポーターは継続的に訪問して本人と家族を支えていく。引きこもり本人との距離感を尊重して手紙を使って効果を挙げた事例もある。厚生労働省は同サポーター派遣事業を進めており、実施自治体も増えている。こうしたきめ細かな支援は、本人や家族にとって心強いものであろう。一層の普及が望まれる。

相談体制の整備も急ぎたい。引きこもりに的確に対応するためには専門家の協力が欠かせないからだ。相談窓口となる「ひきこもり地域支援センター」は現在、各都道府県・政令市68カ所に開設されている。今後、一般市町村への設置も進めてはどうか。」

横浜市における「ひきこもり地域支援センター」の機能については、南区の中央児童相談書内にある「横浜市青少年相談センター」が担っています。http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/ikusei/kosodate/

指摘にもありましたが、本人や家族などが抱え込まず、「人につなぐ」ことは大事だと思います。

 

取引先問題と対応マニュアルについて 3601

未分類 / 2016年9月15日

DSC_1750昨日は終日政策・総務・財政委員会。政策局関連では、横浜市中期4か年計画2014~2017中間振り返り、横浜市立大学の業務の実績に関する評価結果等。総務局関連では、新市庁舎整備関連。財政局から、再生可能おエネルギー導入拡大を視野に入れた市税条例の一部改正や日野公園墓地納骨堂(仮称)新築工事請負契約等の議案や報告事項について説明を受けた後、種々議論がありました。

報告事項の中に、私債権等早期未収対応マニュアルの策定がありました。このマニュアルは市役所全職場を対象とし、主に定期的な未収債権が発生しない職場に向けた内容となっています。

このきっかけとなったのが、自治体や企業相手に電力を売買していた新電力大手「日本ロジテック協同組合」が資金繰りに窮して今年3月末に撤退した問題。横浜市の公共施設3カ所で発電し、同組合に売電した約7億円が未回収の状況。対象の発電施設は旭、金沢区のごみ焼却施設と、鶴見区にある北部第二水再生センター屋上の太陽光発電施設。いずれも契約開始当初から支払いが滞りがちだったとのこと。

4月に市は債務者に対し、未納分の支払いを求める訴えを横浜地方裁判所に提起しています。こうしたことを踏まえて作られたマニュアルを確認しましたが、しっかりとした厳しい内容になっていると思います。

只、様々思うところがありますし、昨日質問として取り上げ、また要望しましたが、市として更なる取引先選定能力、取引先管理能力が求められると思います。

「世界で一番貧しい大統領」について 3600

未分類 / 2016年9月14日

DSC_0950昨日は朝から地元の会合をまわり市政報告。企業へのご挨拶の後、市役所で決算委員会に向けての打ち合わせ。

先日、ある待合室の書棚に「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」があるのを見つけ、手に取りました。少し前に大変注目された絵本で、興味深く読ませて頂きました。以前、あるコラムが取り上げていました。

「蓄財に無関心で、銀行口座すら持たないウルグアイのムヒカ前大統領は、「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれてきた。

“貧乏とはいくらあっても満足しない人のことだ”“命より高価なものは存在しない”――氏の発言や評伝は、日本でも本やテレビで紹介され、話題になっている。市場主義がもたらす格差の拡大への根源的批判が、人々の心に刺さるのだろう。

青年時代の氏は、経済政策の失敗による貧富の差の拡大に怒り、反政府ゲリラに加わる。逮捕され、14年近く投獄された。だが、その獄中生活のおかげで、氏は、“ファナティシズム(狂信)は憎しみを生む。異質なものに寛容であってこそ、良き社会を築ける”との考えを得た(『世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ 心を揺さぶるスピーチ』ゴマブックス)。

戦争や暴力は「正義」と「正義」の衝突から起こる。正義を叫んでも、寛容の心が伴わなければ、人間は野蛮へと落ちてしまう。そういう例を、私たちは嫌というほど見せられてきた。

衝突と分断が覆う世界にあって、必要なのは「思いやりのある正義」であろう。つまり「相手の立場になって考える」精神だ。」

国も、会社も、あらゆる組織も、その未来はリーダーで決まるということかと思います。

膵臓がん予防ついて 3599

未分類 / 2016年9月13日

DSC_1748昨日は市役所で決算委員会に向けて、医療局、港湾局関連の打ち合わせ。団塊の世代の方々が75歳を超え後期高齢者となり、医療・介護のニーズがピークを迎える2025年。横浜市でも、この山を越えるため、あらゆる手を尽くし、準備が進められています。

ところで、これまで何度か人間ドックを受けてきましたが、エコー検査をする方によって膵臓の状況が「わかる人」「わからない人」がいるようです。見つかりにくい膵臓の病気とよく耳にしますが、どなたがやってもわかるようになって頂きたいなと思います。

先日、日経新聞コラム「がん社会を診る」に東京大学病院の中川恵一准教授が「膵臓がん、際立つ難治性」と題して掲載されていました。

「優勝31回で、角界で初めて国民栄誉賞を受けた元横綱千代の富士の九重親方が7月31日、東京都内の病院で亡くなりました。享年61歳、死因は膵臓(すいぞう)がんでした。

 昨年の5月場所後に東京・両国国技館であった還暦土俵入りではウルフと呼ばれた現役時代をほうふつとさせる引き締まった肉体を披露しましたが、6月には膵臓がんを切除する手術を受けました。

 何度も繰り返しますが、がんはよほど進行しない限りは症状を出しにくい病気なのです。膵臓はピストルのような形をしていますが、銃口に近い膵尾部にできた「膵尾部がん」を切除した時点ですでに肝臓などに転移があった可能性があります。

 膵臓がんは早期発見が困難なうえに進行が早く「見つからない」「治らない」がんの代表で、「がんの王様」とも恐れられています。

 国立がん研究センターによる予測では、2016年に新たにがんにかかる患者数は年間約101万200人(男性57万6100人、女性43万4100人)です。臓器別のトップ5は、大腸(14万7200人)、胃(13万3900人)、肺(13万3800人)、前立腺(9万2600人)、乳房(9万人)で、膵臓は4万人と7位にすぎません。

 一方、がんで亡くなる人の数は、全体で約37万4000人(男性22万300人、女性15万3700人)ですが、臓器別では、肺(7万7300人)、大腸(5万1600人)、胃(4万8500人)、膵臓(3万3700人)、肝臓(2万8100人)の順で膵臓は4位につけます。罹患(りかん)数と死亡数が最も接近しているのが膵臓がんで、数字の上でも難治性であることが分かります。

 新しい抗がん剤の開発などによって、生存期間の延長は認められていますが、世界保健機関(WHO)による推計でも、膵臓がんによる死亡率は約98%でほとんど減少していません。がん検診による早期発見の有効性も確立していませんから、まずは予防が大切です。

 喫煙は1.7倍、糖尿病では2倍近くリスクを高めますから、禁煙と体重の維持が何より大事です。また、遺伝性のがんも5~10%ありますから、近縁者が罹患した方は要注意です。」

青葉区の喫煙率について 3598

未分類 / 2016年9月12日

DSC_1745昨日は地元での市政報告、会合参加等。私はたばこを吸っていませんが、青葉区は喫煙者にとって結構キツイ街だと思います。

先日、青葉区民意識調査の結果の速報値が報告され、青葉区民の喫煙率なども掲載されていました。それによると、青葉区民で「煙草を吸っている人」は平成28年度男女平均「10.9%」(平成25年度11.9% 厚労省調査の全国喫煙率平均値は19.5% JTの調査によると男性30.3%、女性9.6%)、「以前吸っていたがやめた」が25.5%、「吸ったことはない」62%とのこと。因みに、横浜市の人口は372万人。青葉区の人口は31万人。都道府県別の喫煙率などの調査結果を見ましても青葉区の数字はダントツ。基礎自治体別の数字があるのかどうかわかりませんが、恐らくですが、全国トップの喫煙率の低さではないかと思います。健康志向のとても高い街です。

青葉区の全面禁煙登録店舗の状況についても調査されてました。青葉区内で店内すべてを終日禁煙している店舗数は80店舗。これは横浜市18区内で1位。現在も食品衛生講習会などで全面禁煙登録店舗募集を周知するなど取り組んでいます。

ここに至るまで、学校と連携した「たばこに関する健康教育」の実施などで若年層へアプローチ。一般市民への継続的なアプローチ。歩きたばこ防止に向け、ポイ捨て禁止キャンペーンや美化推進員による清掃活動なども行われてきました。

健康長寿日本一に向け、引き続き前進です。

「滅亡」と「興隆」について 3597

未分類 / 2016年9月11日

DSC_1741昨日は午前中に中区での会合の後、夜は地元で会合。北朝鮮が建国記念日に当たる9日、5回目の核実験を実施。国営メディアは「核弾頭の威力判定のための核爆発実験を断行した」と伝えています。断じて容認できないこと。安倍首相は「我が国に対する重大な脅威であり、地域の平和と安全を損なう」と厳しく非難しています。他方、先日の東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議でありましたように、周辺地域で領土に係る問題が続いています。

「対話によって相互理解は深まり、友情が芽生える。語り合うことは平和の架橋作業だ」。「何のためなのか」が大事。決めてかからず、「話し合おう」「差異を乗り越えよう」という気持ちを持てるかどうか。いかに共有できるようにするか。人に会い、「対話」を重ね、解決に向けて前進していく。外交に限らない、日常の大事かと思います。

こうした社会にあって何が必要なのか。ひとつの考え方として、あるコラムが記していました。

「治乱興亡」という熟語があるように、歴史は、さまざまな勢力による興隆と滅亡の繰り返しとして描かれてきた。多くの歴史小説を著す中津文彦氏によれば、興隆・滅亡には“方程式”があるという。

滅亡に至る共通項は「準備不足」「孤立」「奇策」の三つ。一方、興隆の共通項も三つあり、最初の二つが「周到な準備」と「連携」。滅亡の方程式とは反対の事柄だ。しかし氏は、最後の3点目に、全く同じ「奇策」を挙げる(『日本史を操る興亡の方程式』PHP文庫)。

どういうことか。準備不足で、孤立した者が策に走ると滅亡を招くが、準備を重ね、強い連携を築いた上で、定石を破った大胆な策に打って出るときには、大いなる飛躍が期待できる、ということだ。」

いずれにしましても、目的に向かって日頃の積み重ねが大事ということかと思います。