安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

生活者を、もっと国会へ。について 2420

未分類 / 2013年7月21日

長い道のりもすべては今日の勝利のため。心から感謝です。

4日前、尊敬する一人のご婦人が逝去されました。お別れのご挨拶で伺うと、なぜかしわがなくなり、きれいな肌にニコッと笑顔。素晴らしいお顔でした。地域のために、人の幸せために生き抜いた人生。鋭く厳しい声、心通う激励の声、そして真の生活者の声。忘れません。その遺志を受け継いでいきます。

公明党のメッセージです。

「生活者を、もっと国会へ。

国会に足りないのは、生活者の声です。物価に一喜一憂し、子どもの安全を想い、老後を心から心配する、ひたむきな生活者の視点です。

つねに市民の肌感覚を大切にする公明党が行う市民相談だけでも年間60万件。全国約3,000人の地方議員と国会議員の密接なネットワークで、生活者の生の声を国会につないできました。私たちの政策はその中から生まれたものです。

例えば、この国が、今後避けて通れない「社会保障と税の一体改革」。公明党がいま全力で取り組んでいるのが、その増税によって負担が増える生活者の暮らしを守ること。「食料品など毎日必要なものの税率を抑えてほしい」というお年寄りや、子育て世代の切実な声を受け、増税分の負担を和らげる軽減税率の導入をめざしています。

複雑な自動車諸税をカンタンにすることや、自動車取得税を廃止すること。また、パートやアルバイトなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大や、さらに、経営に苦しむ中小企業に対しては、資金調達や経営改善を国が積極的にサポートできるよう、きめの細かい政策を進めています。

この世に幸せを願わない人はいない。

そんな、生活者としてあたりまえの気持から離れないこと。まだまだ十分とは言えませんが、これからも公明党ならではの活動を、全力で続けていきたい私たちです。」

食品ロス削減と大人の意識改革について 2419

未分類 / 2013年7月20日

昨朝、佐々木さやか候補が青葉台駅前でご挨拶。さわやかなスタートとなりました。早朝から一緒に場所取りをした友人と近くのコンビニでアイスコーヒー。おいしかったです。その後、区内各地へ。選挙戦最終版です。
 
ところで、うちの息子はコンビニでお世話になりバイトをさせ頂いておりますが、戦力として扱われているとの本人談。勉強はどうかわかりませんが、期待はやる気や希望となり、部活もバイトも集中しているようです。社会勉強の意味からも、生きる力を学ぶ上でも、親としては嬉しいです。
 
コンビニの商品開発力といいますか、品揃えは大変なものです。大学時代の友人がオーナーをしていて、FBでよく「試食」と称して新商品をアップしていますが、つられて買ってみることがあります。
 
一方、以前からコンビニの売れ残りは問題視され、再利用を含めた取組みが進められてきました。
 
「まだ食べられるのに廃棄される『食品ロス』が増えている。」コンビニに限らず、食品ロスの削減について先日の読売新聞社説が指摘していました。
 
「日本では年間1700万トンの食品廃棄物が発生し、このうち食品ロスは推計で500万~800万トンに上る。国内のコメの収穫量とほぼ同規模で、あまりにも巨大な損失である。
  
 対策を検討してきた政府が主導し、食品メーカーや卸業者、コンビニ、スーパーなど約40社が加工食品の賞味期限に関する商慣行の見直しに着手することを決めた。削減に向けた第一歩と言える。
 
 (中略)返品や廃棄、在庫管理にかかる費用を抑えることで、商品の値下げにつながり、消費者にも恩恵が及ぶのではないか。
  
 ただ、ルールの見直しが業界全体に広がらないと、削減効果は限られる。政府と業界は、参加企業の拡大を図ることが大事だ。
  
 企業は、容器や包装の改良で賞味期限自体を延ばすなど技術開発にも力を注ぐ必要がある。
  
 併せて問われているのは、消費者の意識改革だろう。食品ロスの半分は家庭で発生するからだ。政府は消費者の啓発活動にも積極的に取り組むべきである。
  
 (中略) 鮮度を過度に求めると、価格が割高になって、かえって消費者の利益を損ねる場合もある。消費者が食品の安全性に厳しい目を向けることは大切だが、過剰な鮮度志向は改めてもらいたい。
  
 世界の食料需給が逼迫する中で日本は食料の6割を輸入に頼る。社会全体で食品ロスを減らす努力を続けていかねばならない。」
  
「消費者の意識改革」との指摘は重要です。お金を払えば何でも買える。お金を払う人が偉いと思う錯覚。少し角度が異なりますが、コンビニのレジでのやり取りや、ファミレスでの注文の仕方など、人前をはばからない傍若無人な言動。社会の変容が大変気になることがあります。
 
「他人もそうだから」といった言葉を時折耳します。どうなのでしょうか。道徳もマナーも損得で考える。大人とは何か、と感じることがあります。
  
比較的成熟した民主主義社会にあって、経済は発展し物質的には豊かになったが、人の心はどうなのか、と思うことがあります。心は豊かになるどころかやせ細ってはいないか。
  
人を思いやる気持ち、お互い様の心は、自分さえよければいいという利己主義とは正反対のところにあります。
いずれにせよ、子どもは大人の真似をします。今の社会の実態は今の大人が作ったもの。こうした話をすると疎まれることがありますが、未来のために、大人の意識改革が、政治の具体的な関与が必要だと思います。

選挙は採用試験について 2418

未分類 / 2013年7月19日

暑さが戻ってきました。熱中症に注意です。

明後日は参議院選挙投票日。日本の針路を決める大事な選挙。選挙は政治家の採用試験であり、政治家の雇い主について書きます。

会社にお勤めの方の雇い主は、会社であり、社長であり、株主です。雇い主はしっかり仕事をする人を採用しないと大変なことになります。会社の未来をかける人の採用には慎重。間違うとお客様にも一緒に働く人々にも迷惑がかかります。

「政治家の雇い主」は一体誰か?

それは「有権者」の方々です。

政治家の仕事はお約束したことの実現であり、一歩でも前進させること。民主主義国家・日本には様々な考え方があります。主張は自由です。しかし、自らの主張がすべて受け入れられないからと言って対話しないというのは仕事をしていないのと同じ。いかにお約束を実現するか。「合意形成能力」こそが民主主義下の政治において求められる力であり、対話の力こそ有権者の期待に応える原動力。日本の政党として不可欠な政権担当能力でもあります。

一般的なお勤めの場合でも、仕事をするということは、数字であれ、形であれ、サービスの提供であれ、結果を残すことによって給与が出ます。結果をもって応えることは政治も同じです。

耳障りのいい言葉、スカッとする言葉を並べて、まるで仕事をした気になっているのは政治でもなんでもありません。具体的に行動しないということでは、何もしていないのと同じです。

会社は人材を採用するときに、この人は何を勉強してきた人なんだろう。どのような経験をし、どのような性格で、この会社でどんなことをしたいと思っているのだろうか等々、様々なことを検討されれながら一人の人材を採用されるのではないかと思います。

政治も同じです。選挙は政党、政治家の採用試験。どの政党が政治家が、これまで何をしてきたのか。訴えてきたことを、お約束してきたことをどこまで実現してきたのか。そしてこれから何をしようとしているのか。選挙広報には「これから」のことが書かれますが、政治家の雇い主の皆様には、現職であろうが、新人であろうが、「これまで」の行動や仕事ぶりも注視頂き、ご判断いただきたいです。

公明党は結党以来、福祉、教育、経済、外交等々、愚直に前進の政治を行ってきました。ビジョンを持ち、常に動き、常に対話し前進する政治。国県市の議員ネットワークで問題解決に奔走する政治。パフォーマンスは下手かもしれませんが、お約束を実現する力はNo.1であると自負しています。

仕事は「人」で決まります。「政治家の雇い主」である有権者の皆様方には、是非ともしっかりと仕事をする「人」をご採用頂きますと共に、採用した限りは、しっかりと仕事をしているかどうかチェックして頂きたいと願っています。

人間味と「かかわる」ことについて 2417

未分類 / 2013年7月18日

昨朝、ある介護施設での責任者の方のお話。「年をとると落ち着いてくるというわけではなく、要望が多くなったり、強くなったりする傾向がありますね。その対応も介護の力です」今の社会になくてはならない仕事であるにもかかわらず、中々報われない感の強い介護の現場。本当に頭が下がります。政治の責任は重いです。

これを伺って、先日ある幼稚園の園長先生が話をされていたのを思い出しました。「子供は大人になり、そしてまた子供に戻っていく。そういうものですよ。」「でも子供は勝手に育たない。教育が大事」深い言葉でした。

「子供みたいに振る舞う大人が問題。親の教育が大きいわよ。それとスポーツ。私が教わったことがここにあったと思う。人の心のわかる人にならないと。」昨日、奈良町にお住いのご婦人といじめなどの社会問題の原因について対話していたときに出てきた指摘。教育の力、スポーツの力があって当たり前のようでいて、当たり前でなくなってきたことは社会の根幹を揺るがす大きな問題だと思います。

人間味は人と人とのふれあいから生まれるものと思いますが、そもそもふれあいが少なくなっています。人と会わなくても生きていけるし、面倒な関わり合いなどパスしたい。そんな一見合理的とも思える生き方が、人間味を薄れさせ、人への優しさを希薄にしている。その結果が人を軽視し、人を簡単に傷つけることに繋がっているようにも思います。

人とかかわることは面倒のようであっても、人間が人間らしく生きていこうとする限りは「かかわる」ことは必要な行動だと思います。人間は理性の動物とも言われますが、人として生きることが面倒になると、動物的に餓鬼畜生のような生きざまになっていくでは、と感じることがあります。

こうしたことを多くの方が問題だと感じているのではないかと思います。経済的に豊かになればなくなるというものでもない。人が耐えられなくなってきているように感じます。街中、電車の中、日常生活の様々な場面で「何か違う」と感じつつ、自分まで変わっていないか。政治は制度の議論が主になりますが、子供への道徳教育の議論などもあるものの、社会の将来を考える時、国の重要な課題として避けて通れない問題ではないかと思います。

人生が豊かになるためにも、色々な方とかかわりながら成長したいと思っています。

人権を守る法整備について 2416

未分類 / 2013年7月17日

昨日、青葉区千草台にある市立緑ヶ丘中学校近くの交差点に新たなカーブミラーが設置されました。今春、地域の皆様からお声を頂き現場を確認。現場の状況と切実な声を受け止め行政が検討。昨日の結果に結びついた次第です。これでより安全で安心な通学路となり、交差点となります。地域、行政のお骨折り頂いた関係者の皆さんに感謝です。

昨日午後、お会いしたある会社の社長さんから公明党への賛辞を頂いた後、「駅で佐々木さやかさんが話してるの聞いたよ。若いけどしっかりしてるね。」と言われると、もう一方の方が「そりゃ弁護士だよ。昔いた浜四津さんも弁護士だったよね」とのお話とともにご期待を頂きました。

佐々木さやか候補。これまで弁護士として人を守るために法律を使う側にいましたが、生活者の目線で法律を作る側となってより多くの方々のお役に立ちたいと訴えています。浜四津敏子さんのバトンを、松あきらさんのバトンを受け継ぐことのできる力ある候補。断じて勝たなくてはなりません。

ところで、昨日もそうですが、ここのところまた青少年のいじめ、暴行、自殺等々、悲惨な事件報道が続いています。これまで様々な対策が議論され実行されているようですが、事態は益々悪化しているように感じます。子供社会の実態は大人社会の反映。憲法改正が議論されていますが、社会の変化の中で守られるべき人権がいとも簡単に傷つけられている現実があります。

人権を守るための法整備を強く求めるものです。

話し合いと信頼関係について 2415

未分類 / 2013年7月16日

昨日は以前住んでいた港北区へ。懐かしい笑顔と再会しました。あるお宅での話。「国会議員で与党が色々やっているのはわかるけど、野党の人って何しているの?」少なくない意見を表現した鋭い指摘です。

ところで、友人との会話ならともかく、立場の異なる方などとの話し合いは、一般的には突然に始まるものでもなく、話し合いの土壌を作って、テーブルに臨むことが通常ではないかと思います。

政治だからデジタルに「ゼロか1か」というわけではなく、アナログな信頼関係は大事ですし、日頃のやり取りが重要な場面での話し合いの場づくりには欠かせないものと思います。

「どうあるべきか」ではなく「どう見られるか」を重視する政治家にとって、テレビ映りや正論のような主張が最も重要になるわけですが、話し合いができずに一方通行になることが多い。信頼関係がないからです。

日頃から反対するばかりのケースもあれば、自らの主張を続けるだけで、自らの政策実現のためにも議論しない。多様な主張が行きかう議会制民主主義において政策を実現するには、主張すること以上に、話し合いで「合意形成」をすることが重要になります。これを妥協とされる場合もありますが、単独過半数を得ない限り、他党との話し合いでの決着なしに前に進むことはありません。世の中を良くしたいと思うならば、主張するだけでは無責任ということになります。

NHKの番組である野党の幹部が「3党の合意と言われても、我々にとっては何ですか、となる。全党できちっとやるべきだ。」との発言があったと朝日新聞が伝えていました。

そもそもこの政治家がどのような政治活動を行ってきたかを注視する必要があります。その場限りの主張でないかどうか。話し合いのための土壌を耕してきたのかどうか。こうした言葉だけで、本気で話し合いを求めているのかどうか。本気で話し合えば相手の欠点も自分の欠点も見えてきます。それを曝すだけの気構えがあるのかどうか。

自民、民主、公明で行われた「三党合意」に基づた社会保障改革については今も話し合われていますが、民主党は年金についても未だ「最低保障年金」を主張しています。それが全く絵に描いた餅であり、前政権で実現不可能であることが明らかになった今も矛を収められない現実。しかし、責任政党として話し合いのテーブルについている限り、国民のために意見集約してもらわねば困ります。

話し合いも様々ですが、土壌をつくり、テーブルをつくり、結論を出していく。こうした階段を上るにも信頼関係が重要だと思います。

先憂後楽と障害者福祉の集いについて 2414

未分類 / 2013年7月15日

昨朝、ある介護施設に伺った際、施設長からスタッフの方々へ、入居者からの声への対応についての話がありました。その中で「後々の苦労を思えば、今のうち手を打つ少しの気遣いが大事になる」との指導。相手の立場になって先手を打つことが利用者の満足と円滑な運営につながるとの指摘。

「先憂後楽」サラリーマン時代に朝礼で唱和していましたが、政治にも大事な視点です。

午後、新横浜にある障害者スポーツ文化センター横浜ラポールで行われた「第63回横浜市身体障害者福祉の集い」へ。衆議院議員の上田勇党県本部代表も参加されました。

3.11から2年4か月が過ぎた今でも仮設住宅をはじめ、他県への避難生活を余儀なくされている方々がいます。公明党は来週投開票となる参議院選挙にあたり、東北の復興と実感できる景気回復を大きなテーマとして掲げ闘っています。

昨日の大会宣言にありましたが、未曾有の大震災では障害者の死亡率が住民全体の死亡率の2倍以上であったことの調査結果を示したうえで、災害時の障害者への迅速な情報提供の必要性や「自助・共助・公助」の災害対策とりわけ自助・共助の重要性を改めて認識したとされていました。

ここも「先憂後楽」の行動が大事かと思います。政治も相手の立場に立った行動が大事。弱い立場の人を想い、寄り添う気持ちは大変重要だと思います。

夏祭り始まるについて 2413

未分類 / 2013年7月14日

昨日午前中、佐々木さやか候補がたまプラーザ駅前で街頭演説。暑い中、大勢の方々に激励頂き有難うございます。候補本人もお応えすべく全力で走っています。

ところで、街では夏祭りが始まりました。昨日の夕方には区内2か所のお祭りへ。地域の皆様のご尽力あっての恒例イベント。徳江区長はじめ区幹部も参加。噴き出す汗をぬぐいながら各地盛況のお祭りでした。

こうした機会に伺うお声が重要。昨日も種々ある地域課題について伺いました。できること、出来ないことがありますが、広聴活動がこれからの市政に活かされていきます。

地域がひとつになる重要なイベント、夏祭り。普段目にしない方々が触れ合う場所でもある夏祭り。区民意識調査からも他と比較して希薄な人間関係が重い課題として注視される青葉区にあって、夏祭りの益々の発展に期待し、可能な限りサポートしてきたいたいと思います。

水分補給と栄養バランスについて 2412

未分類 / 2013年7月13日

猛暑。昨日はまだましだったかな、と思いますが、記録的な日々が続きます。今はもっぱら外で動いていますので、行く先々で「いい色しているね」と言われます。私のような南方系の顔には黒が似合うようです。

よく指摘されますが、水分補給は大事です。先日お伺いした幼稚園では、園児たちに水分補給と共に塩飴を食べさせているとのこと。「塩分控えめも大事だけど、こういう時の塩分は大事なのよ」こども達の顔を姿を見ながらの対応。現場には知恵があります。

一昨日、サラリーマン時代の友人が心筋梗塞で倒れ入院したとの連絡が同期の友からありました。症状軽く、数日で退院できそうとのことで良かったのですが、この暑さが影響しているのかも知れません。

只、電話で彼のことを思い出しながら話していると、倒れた彼は無類の「マヨラー」。好きな食べ物はマヨネーズ。マヨネーズが悪いわけではありませんが、どれも食べ過ぎはよくない。周りで見ていて入社当時からコレステロールの影響を心配していました。そしてなんといっても次に好きなのが「タルタルソース」だったという話。殆ど変らないじゃないか、と思うわけですが、これで何もない方がどうかしている、などと言っていたのを思い出しました。そんな彼は今も一番の人気者です。

猛暑を乗り切るためにも適度な水分補給とバランスのとれた食事。理想ではありますが、気を使いたいところです。

期日前は「きじつぜん」について 2411

未分類 / 2013年7月12日

昨朝、ある介護施設を訪問しました。命を守る、命を支える日々の活動に感謝です。

様々な仕事がありますが、選挙の関係の話になりますと「時間的に投票日には行けないないかも」というお声があります。そのために期日前投票制度がありますので利用を促しています。

期日前投票は丁度10年前の2003年12月に設けられた制度。「きじつまえ、きじつぜん、どっちなんだろう?」こんなやり取りを何度かしたことがあります。ウィキペディアによりますと、「きじつぜん」と呼ぶのが正しく、メディアによっては「きじつまえ」と呼んでいるとのこと。

参院選神奈川選挙区の期日前投票について、5日の開始から3日間で6万5846人が投票し、前回参院選の同期間より1・79倍(2万8963人増)に増加したと神奈川新聞が伝えていました。県選管は「増えた要因は不明だが、全体の投票率の伸びにつながってほしい」と話しているそうです。そうであって頂きたいです。

市区町村別で大幅に増えたのは、山北町の5・69倍(61人増)をはじめ、横浜市金沢区の5・20倍(1720人増)、大和市の3・99倍(1704人増)など。横浜、川崎、相模原の3政令市は、すべての区で前回を上回り、それぞれ2・09倍(1万3079人増)、1・42倍(3029人増)、1・77倍(1636人増)。

一方、前回を下回ったのは、逗子市と南足柄市。それぞれ0・98倍(11人減)、0・70倍(72人減)。前回の参院選は77万1085人が期日前投票を行い、県内の投票率は55・56%。

不在者投票に限らず、最終的な投票率も伸びればと思います。