安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

タイカレーと「価値ある仕事」について 2424

未分類 / 2013年7月25日

あまりこういうのは書きませんが、書かずにいられません。いなばの缶詰。タイカレーシリーズ。最高においしいです。選挙が終わってまったりしそうな私の大脳を刺激し、底なしの胃袋を満足させ、少なくないストレスを大いに発散します。基本的に東南アジア系の私ですが、これほど本物を再現したディッシュを日本で感じたことはありません。しかも100円。学生時代の東南アジア研究会の先輩(タイに留学していた方。私はマレーシア)がFBでアップしていましたが、これでもう日本のタイ料理屋に行ってカレーで感動することはないかも知れません。お嫌いな方もいらっしゃると思いますが、パクチーの香りもバッチリ。私にはクリーンヒットでした。

昨日は朝から挨拶まわり。途中、佐々木さやかさんと合流しての御礼もありました。夕方からは市民相談や会合など、選挙は終わったことでこれまで滞っていた案件の処理や新たな課題への対応など日常の議員活動に戻っています。

どうせやるなら私もいい仕事をしたいと思います。昨日伺ったある企業では「価値ある仕事をしよう」というのが合言葉。単純で当たり前のようにも見える「あとひと工夫」が中々大変なこと。しかし、この労を惜しまない努力が「価値ある仕事」に。頭を使うこともあれば、体を使うことも。付加価値こそが価値を高める源泉。

こちらの企業は創業以来半世紀「価値ある仕事」が徹底されてきたことで無借金経営で取引先への支払いも現金払いを実現。雇用に対する仕組みや福利厚生なども充実しており、そうした行動が業界からも広く「信頼」という価値を高めています。

これはひとつの例ではありますが、人それぞれの人生においても、昨日よりも今日、今日よりも明日へ、という自らの価値を高める考え方や行動は大事なことではないかと思います。

私は私にとっての「価値ある仕事」があります。そして、その行動が「信頼」につながれば、政治の信頼につながるのではと思っています。今日もまた一歩前進。頑張ります。