安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

ねじれ解消と仕事をすることについて 2421

未分類 / 2013年7月22日

国会のねじれが解消しました。

さあ、これからです。与党は結束してお約束の実現に向けて邁進し、実感できる景気回復を目指すことになります。

当然ながら当選した野党議員にも責任があります。

「声を国会に届ける」とはどういう意味なのか。約束したことを少しでも実現するつもりがあるのかどうかに注目しています。

「ぶれない」とは耳触りはいいですが、野党にあってどのように公約実現のために働くのか。野党は選挙時の主張を変化させないで約束の実現が前に進むことはまずありません。話し合いの力が重要になります。

お約束を実現することが仕事であるならば、実現しようとしないことは仕事をしないことになります。

日本は議会制民主主義の国。「合意形成」こそが議会ルールの基本。

いずれにしましても、与党も野党もこれからの行動に注目です。