安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

公明党 横浜市会議員(青葉区) 行田朝仁 (ぎょうた ともひと)

教育委員会関連視察等について 1607

未分類 / 2011年7月22日

昨日は終日市役所周辺で教育委員会関連の勉強、視察を行いました。

午前中は教職員研修事業と給食調理業務民間委託事業と学校給食会運営補助金についてのレクチャー。教員研修の最大の問題は団塊世代の引退を受け、占有率約30%に及ぼうとしている新人教員の育成。その中で最も注力されていのが「コミュニケーション能力」の向上。教育現場にも様々な課題がありますが、社会の抱える大きな問題のひとつとでないかと思います。

横浜市の学校給食は市直営から民間委託が進められており約40%程度。良い結果が得られているようですが、大きく展開できていない理由として栄養士の不足、人件費が増やせないことが問題とのこと。その他、学校給食と放射線問題について議論しました。

午後から日本大通りにある横浜都市発展記念館、横浜ユーラシア文化館を視察。

その後、西区老松町にある中央図書館の後、中区に戻り教育文化センター内の東部学校教育事務所を訪問。こちらは横浜を4方面に分け、教育委員会と学校の間に入り、教育活動、人材育成、学校事務支援、地域連携推進を行う事務所。どれも学校現場が苦労しているところであり、それを支えようとするもの。昨年度からの取り組みですが、結果が気になるところです。

夜は地元で市政報告会。台風が去って涼しい夜でした。