ごあいさつ

 

2003年に群馬県議会議員に初当選して以来、

「弱い立場の人を守りたい」と、障がい者・若者の雇用施策や、

子育て世代の政策に取り組んでまいりました。

なかでも、中学卒業までの医療費完全無料化を実現するなど

“街のサービスマン〟をモットーに、

皆様お一人おひとりの声を県政へ届けるため、全力で走り続けてまいりました。

 
そして、令和3年10月31日に投開票された第49回衆議院総選挙では、

皆様からの筆舌に尽くせぬご支援を賜り、

初当選をさせていただくことができました。

私は、ある先輩議員に教えていただいた言葉を肝に銘じております。

 
『ひもじさに泣く子どもと一緒に泣くのが政治ではない。

 ひもじさに泣く子どもにパンを探すのが政治である。

 しかし、単にパンを探すのではなく、

 子どもと一緒に泣く心が無ければ真の政治たりえない。』

 
社会情勢が刻々と変化をするなか、これからも若い方々が希望を持ち、

高齢者の方が安心して暮らせる日本の明るい未来を目指し、

全力で取り組んでまいります。

.
福重たかひろ
公明党広報
サイト管理者
群馬県 福重隆浩
t.fukushige1105@gmail.com