menu
カテゴリー(日記)

令和3年度の住宅都市局関連の決算分科会審査を行いました。意見として、①生活交通支援について、市民相談として寄せられている志賀島島内線などのバス交通のダイヤの充実や本数の増便を図ること。その際、オンデマンド交通の導入も検討し、地域の生活交通の利便性の向上を図ること。②公共交通のバリアフリー化の促進について、鉄道各社のホームドアの整備の進捗状況を尋ね、利用者の転倒事故などから命を守るため整備の必要性とJR香椎線のバリアフリー化の促進を鉄道事業者に働きかけること。③都心部の機能強化と魅力づくりについて、感染症や環境負荷の低減に対応した都市開発の誘導・支援の状況を尋ね、都心部の緑地保全や屋上・壁面緑化を推進すること。④魅力と活力のある地域づくりについて、志賀島の人口が減少している状況を踏まえ、人数が少ないことによる子どもたちの学校教育の影響などが心配され、市街化調整地域における定住化の促進や活用できる物件の発掘・情報発信などを充実すること。などを申し上げました。

その後、福祉都市委員会が開かれ、九州大学キャンパス跡地のまちづくりについて、進捗状況の報告を受けました。意見として、まちづくりの進捗にあわせた市の取組みとして、災害に強いまちづくりなどの一環として、分散型エネルギーの導入に取り組むことなどを申し上げました。

10月3日(月)からネクスペイ第3弾の販売(市民向けの抽選受付)が開始されますのでお知らせいたします。

【購入方法】

①9月26日(月)午前9時以降に、スマートフォンでQRコードを読み取り、専用アプリをダウンロード。

②10月3日(月)午前9時から10月16日(日)までに、専用アプリから抽選申込。

③10月下旬にアプリで抽選結果をお知らせ。

ネクスペイ第3弾【操作方法の問い合わせ先】

ネクスペイコールセンター

0120-366-602

(午前9時~午後7時)

 

【福岡市プレミアム付電子商品券「FUKUOKA NEXT Pay」第3弾の概要】

●FUKUOKA NEXT Pay(ネクスペイ)

●発行団体

福岡商工会議所・早良商工会・志賀商工会

●商品券の形態

電子商品券

店舗のコードをスマホで読み取り決済

●使用期間

令和4年11月1日~令和5年2月15日

●販売総額

2,500,000 千円

●発行総額

3,000,000 千円(プレミアム分20%を含む)

●購入限度額

1人2万5千円(1口 5,000 円で5口まで購入可)

 

記者発表資料

福岡市プレミアム付電子商品券ネクスペイ第3弾 市民向け抽選販売開始

 

ネクスペイ第3弾1ネクスペイ第3弾2

新型コロナのパンデミックや台風襲来などで、直接お目にかかる機会がぐーんと減ってしまいましたが、皆様、お変わりはございませんでしょうか。

敬老の日を迎え、人生の大先輩である皆様の方のご長寿を心からお慶び申し上げますとともに、ご健康とご多幸を心から祈念させていただきます。

祝電(敬老の日)2022

 

 

「新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養期間等の見直しについて」(令和4年9月7日付厚生労働省事務連絡)により、療養期間が短縮されることとなりました。

有症状の場合(現に入院している方等をのぞく)
(検体採取時や新型コロナウイルス感染症と診断されたときに症状のあった方又は診断後に症状が出てきた方)

・発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24 時間経過した場合には8日目から解除となります。
・ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動を徹底ください。

(例 : 下図参照)
4月10日に発症した場合 → 療養解除日4月18日

有症状の場合の療養期間の説明

≪注意≫
下記に該当する方については、今回の見直しの対象となりません
・発症日から7日間経過時点で現に入院している方
・人工呼吸器等による治療を行った方
・高齢者施設に入所している方

(例 : 下図参照)
例1 : 4月10日13時に発症した場合 → 療養解除日4月20日13時
例2 : 4月10日(時間不明)に発症した場合 → 療養解除日4月20日24時

有症状(入院患者等)の場合の療養期間の説明

無症状の場合
(ずっと無症状で、新型コロナウイルス感染症と診断された後も症状が出ていない方)

・療養期間は、従来と同じく検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除となりますが、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除となります。
・ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動を徹底ください。

無症状の場合の療養期間の説明
ただし、療養期間内に症状が現れたら、その日から「有症状の場合」の「0日目」に移行します。

なお、本見直しについては、令和4年9月7日より適用となり、同日時点で患者である方にも適用されます。

現時点で、市ホームページは修正できていない部分もございますが、ご了承ください。

人権啓発フェスティバル「ハートフルフェスタ福岡 2022」が開催されます。「ハートフルフェスタ福岡」は、市民一人ひとりが人権を自分自身の問題として身近に感じ、考えてもらうきっかけをつくる人権啓発イベントです。今年で25回目を迎えます。今年のメインイベントは、10月23日(日曜日)に、天神の2会場で開催します。ぜひ、ご参加ください。入場無料です。

詳細は、「人権啓発フェスティバル「ハートフルフェスタ福岡」」をご覧ください。

今年のフェスティバルは、リアル(対面)とオンラインのハイブリット開催です。リアル会場では、「ステージパフォーマンス」、市民団体等によるゲームやワークショップなど、子どもから大人まで楽しめる企画が盛りだくさんです。オンラインイベントでは、「環境について学びたい」「自分たちにできることを考えたい」という思いを持った学生メンバーで構成された福岡市SDGs学生サポーターが、環境に関するさまざまな情報を発信します。ぜひお気軽にご来場、ご参加ください。

詳細は、「環境フェスティバルふくおか2022」をご覧ください。

9月8日(木)、公明党福岡市議団を代表し、①福岡市の脱炭素に向けた取組みの加速化②障がい者等の社会参加施策の推進の2点について一般質問を行いました。「2030年」は、SDGs(持続可能開発目標:だれひとり取り残さない)のターゲット年です。ウクライナ情勢が混迷を極める中、一地域の紛争がこれほどまでに、エネルギーや食糧など、地球規模で大きな影響を及ぼすのか・・・。私たち人類は、「地球」という惑星に住む「運命共同体」として、いかなる困難があろうとも、連帯してSDGsの目標達成に向けて前進を続けなければなりません。その先頭を「日本」が、なかんずく「福岡市」が走り続けてほしいとの思いから、2つのテーマの質問を行いました。総括として髙島市長から、①に対しては、「脱炭素型ライフスタイル・ビジネススタイルへの転換や省エネルギー化の推進、再生可能エネルギーの利用拡大などの取組みに加え、今後、脱炭素先行地域などの国の制度の活用も進めながら、取組みを加速していく」、②に対しては、「障がいのある方が、あらゆる分野の活動に参加するためには、障がい当事者等の意見を尊重し、「オール福岡」で取り組むことが重要である」との前向きな答弁を勝ち取ることができました。

令和4年9月議会質問②JPG 令和4年9月定例会

福岡市議会中継(録画)

9月1日(木)福岡市民会館大ホールで開催された標記福祉大会に参加しました。百歳のご長寿の方を代表してお二人の方に表彰状と花束が贈呈されました。髙島市長のお話しでは、百歳以上のご長寿の方は、平成が始まったころはわずか29名だったのが、何と現在では877名、「人生100年時代」と言われる由縁に納得です。

コロナ禍の大変な中、本日の大会を迎えるまでの諸準備など、楢崎貞雄福岡市老人連合会会長はじめ関係者の皆様のご尽力に感謝を申し上げますとともに、全参加者の皆様のご健勝とご多幸を心から祈念させていただきます。

安全対策に万全を期しながら⼯事を進めている七隈線延伸区間(天神南駅〜博多駅)について、令和5年3⽉27 ⽇の開業が決定いたしましたのでお知らせします。

 

七隈線(天神南駅~博多駅)開業の概要

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、濃厚接触者の待期期間の短縮についてのお問い合わせが多くなっております。
福岡県のホームページで分かりやすく解説されておりますので、ご紹介します。

待機期間短縮の概要


 

濃厚接触者の待機期間短縮の取扱い

濃厚接触者の待機期間の短縮について [PDFファイル/949KB]


 

2.社会機能維持者の対象となる事業

国の基本的対処方針に記載されている「緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者」を基本とします(別紙参照)。

緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者 [PDFファイル/238KB]

 

3.その他留意事項

・ 濃厚接触者となった方が業務に従事することが事業の継続に必要である場合が対象となります。

・ 事業者が従業員等の待機期間短縮のために行う検査は、事業者の費用負担により行ってください。

・ 検査の結果、陽性が確認された場合、事業者は対象者に医療機関の受診を促してください。

・ 7日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認を行うほか、高齢者、基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化するリスクの高い方が多数いる場所への訪問及び接触を避けること、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を行っていただくようお願いします。