menu

公明党は、子どもたちをコロナ禍から守り抜くための特例的な支援策として、0歳から高校3年生まで、子ども一人あたり10万円相当の「未来応援給付」を次期衆院選の公約に掲げましたが、何故、「今」、子どもへの給付が必要なのか?

その理由の1つに日本の「家族関係社会支出」の状況が挙げられます。公明党の推進で、幼児教育・保育、私立高校授業料、大学など高等教育、3つの無償化が実現したことにより、2015 年1.31%から 2020 年1.9%程度まで上昇しましたが、OECD平均の2.1%を下回っている状況です。

家族関係支出

識者の方が、力強い応援メッセージを寄せてくださっておりますので、ご紹介させていただきます。

 

コメントは受付けていません。