menu
バックナンバー 2021年 10月

10月28日(木)、標記協議会が開催され、九州大学の移転に伴うまちづくりについて報告を受けました。箱崎キャンパスの跡地のまちづくりについては、現在、事業公募の条件整理が行われておりますが、適切な競争は大前提として、地場中小企業等の工事契約の受注の機会を確保しているのか、今後の事業の進め方として、平成30年度から実施している先進的技術の実証実験の社会実装の状況とまちづくりへの導入方針、「グリーンフィールド型のスーパーシティ」への応募の意思を確認させていただきました。

若い世代の方の接種をより⼀層促進するため、若者や家族連れが集まるショッピングモールにおいて、ワクチンに関する情報提供と予約不要のワクチン接種が実施されますので、お知らせいたします。

イオンモール⾹椎浜での新型コロナウイルスワクチン接種の概要

いよいよ明日、衆議院選挙が公示となります。「公明党」が何を目指しているのか、その「全体像」が知りたいとの声が多数寄せられました。2021政策パンフレット「日本再生へ新たな挑戦」をご高覧いただければ幸いです。SDGsの目標達成に向けた大事な「政権選択」選挙です。政治の良し悪しの判断基準は、たった一つ、それは「実績」です。単なる批評や耳障りの良い話なら誰でもできます。国民の生命と暮らしを守るために実際にどれだけ働いてきたのか、これまでの実績(政策実現力)で選んでいただけることを念願しております。

日本再生へ新たな挑戦

福岡市における新型コロナワクチン接種の進捗状況をふまえ、現在、市内9会場(7区集団接種会場・クルーズセンター・KITTE博多)で実施している集団接種について、11月からは市内2会場に集約して接種を行われますので、お知らせします。

11月からの新型コロナワクチン集団接種の概要

新型コロナウイルスワクチン接種を希望していて、接種会場への移動が困難な方への接種機会を確保するため、医師・看護師等を対象者の自宅に派遣して接種を行う、訪問接種が実施されますのでお知らせいたします。

※ 申込期間:10月12日(火)から 10月29日 (金)までとなっておりますので、ご留意ください。

在宅療養者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの訪問接種の概要

 

公明党は、子どもたちをコロナ禍から守り抜くための特例的な支援策として、0歳から高校3年生まで、子ども一人あたり10万円相当の「未来応援給付」を次期衆院選の公約に掲げましたが、何故、「今」、子どもへの給付が必要なのか?

その理由の1つに日本の「家族関係社会支出」の状況が挙げられます。公明党の推進で、幼児教育・保育、私立高校授業料、大学など高等教育、3つの無償化が実現したことにより、2015 年1.31%から 2020 年1.9%程度まで上昇しましたが、OECD平均の2.1%を下回っている状況です。

家族関係支出

識者の方が、力強い応援メッセージを寄せてくださっておりますので、ご紹介させていただきます。

 

10月4日(月)、令和3年度第1回の標記審議会が開催され、審議会委員として参加しました。審議会では、高島市長からの「福岡市民病院における感染症医療について」の諮問があり、今後、感染症専門部会を設置し、審議を行うことが決定いたしました。まず、福岡市民病院をはじめ、医療従事者の皆様へ新型コロナウイルス対策へ献身的に取り組んで頂いた御礼を申し上げ、意見として、市民の皆様に安心していただけるように、軽症、中等症、重症患者に対して行った治療方法(レムでシビルや抗体カクテル療法)と効果の情報開示を行うこと、コロナが第5波まで広がっている中、後遺症に関する相談が非常に市民から寄せられている状況に鑑み、ポストコロナ時代を見据えた上で、後遺症の予防策や治療方法についても、ぜひ、福岡市民病院を中心に、医療関係者の連携のもとで実施して頂きたい旨を申し上げました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策へのご協力に心から御礼と感謝を申し上げます。

さて、売上が減少した事業者への支援(月次分)9月分の申請の受付が10月1日から始まりましたので、お知らせいたします。

詳細は、売上が減少した事業者への支援(月次分)をご参照ください。

売り上げ減少9

売上が減少した事業者への支援申請サイト