menu

8月5日(木)、標記協会の決算、事業報告、事業計画について、事務調査を行いました。同協会が推進する都市緑化事業については、地球温暖化による極端気候が原因のゲリラ豪雨、連続する猛暑への対策などを確実に進めるため、公園・道路・街路樹・花壇などにおいて、貯水や浸透性などの機能を更に高め、グリーンインフラによるまちづくりを進めるよう意見として申し上げました。また、グリーンボンド発行で求められるKPI(重要業績成果指標)により、ブレない事業の進捗管理を行うよう要望いたしました。

コメントは受付けていません。