menu

8月5日(木)、「デルタ株」による新規感染者の全国的なパンデミック(感染爆発)の状況及び福岡市のこれまでにない急増の状況を受けて、髙島市長(光山副市長代行受理)に対し、公明党福岡市議団として10回目となる緊急申し入れを行いました。今後、新規感染者数の急増 ⇒ 重症患者数の増加 ⇒ 死亡例の増加、このまま何の対策も打たないと、トリアージ(命の選別)を行う重大局面も懸念されることから、自宅療養から入院治療に至るまでの医療体制の強化を中心に要望を行いました。市民の皆様には、現時点でも大変なご苦労をおかけして、心苦しい限りですが、なお一層の感染防止対策への御協力を切にお願い申し上げます。

20210807_164825

緊急申し入れ(10回目)

コメントは受付けていません。