menu

11月25日(木)、天神ビッグバンの規制緩和第1号の「天神ビジネスセンター」オフィスビルとまちの賑わいづくりの一環として提案した「ストリートピアノ」などを視察いたしました。「天神ビジネスセンター」では斬新なデザインと共に感染症対応シティの新たなコンセプトのもと手を触れずに入口からオフィスまで入場できる非接触の工夫と強力な換気システムなどの設備が取り入れられ、「ストリートピアノ」では見事な演奏が奏でられ文化芸術の心地よい空間が創出されておりました。

ビジネスセンタービル ストリートピアノ

衆議院総選挙に勝利し、11月17日、57回目の「公明党の結党記念日」を迎えました。この間、党員・支持者をはじめ、ご支援いただいたすべての皆様に心から御礼と感謝を申し上げます。

最近マスコミでよく耳にする「未来応援給付」について少し所見を述べさせていただきます。

「名は体を表す」と言う言葉がありますが、「未来応援給付」は、その名の如く「子どもたちの未来を応援するための給付」であり、経済対策、生活困窮者対策などで、一括りにできるものではありません。

消費に回れば経済対策となり、将来に備え貯蓄をすることも自由ですし、各個人・世帯が抱える状況は千差万別だと思いますので、それぞれで使途を考えて、大事に使っていただければ幸いであります。

ご承知の通り、「公約」とは選挙対策のことであり、選挙戦において、政党や候補者が当選後に実現すべき政策について有権者に向けて表明する約束のことであり、「未来応援給付」は、公明党の目指している社会像の一端を示したものであります。

何故、「未来応援給付」を公約として掲げたのか、子育て支援と言えば「公明党」。公明党は、結党以来、義務教育の教科書無償配布から始まり、児童手当の創設・拡充、最近では、幼児教育の無償化、私立高校の無償化、高等教育の無償化など、「少子社会トータルプラン」を発表し、他党が太刀打ちできないほどの施策を実績として着実に具体化してまいりました。

その背景にあるものは、日本が直面している超少子高齢社会下の人口減少」への危機感であります。

高齢化対策としては、一例を挙げると「まるでまちが変わった」とよく評されますが、公明党が主導してバリアフリー関連法を制定し、公的施設のみではなく、駅や商業施設などの公共施設、その周辺部で、段差の解消、手すり、スロープ、エレベーター、エスカレーター等の設置を推進し、ユニバーサルな、誰にも優しいまちづくりを推進してまいりました。

また、少子化による人口減少は、我が国の最大の「国難」と言っても過言ではありません。出生数の低下は深刻で、ピーク時と比較して15年後の人口減少数は、約1650万人とも予測され、この数は、例えれば「九州と四国のまちから人々が全くいなくなる」ほど人口が減ってしまう恐ろしさのことを意味しています。

また、G7(フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ、日本)の先進国の中で、15歳から39歳までの若者の死因のトップを、他の国では「がん」などの疾病が占めているのに対し、唯一日本だけが「自死」=自殺であります。若者の自己肯定感を高める施策が喫緊に求められています。

国内において、昨年度に自殺した児童生徒は、415人で、前年度から100人近く増加しました。小中学生の不登校は、19万6127人で、前年度から1万5000人近く増加し、いずれも過去最多を記録する深刻さです。

「未来応援給付」は、「子育て支援」として掲げている政策であり、コロナ禍の長期化が、子どもたちや子育て家庭に大きなしわ寄せを及ぼし、「生活面」や「心理面」に深刻な影響を与えていることを重く捉えての政策であります。

度重なる緊急事態宣言などによる学校生活(入学式・修学旅行・自然体験教室・運動会・文化祭・卒業式・クラブや部活の中止、将来への不安など)において大幅な制限を受けた子どもたち、容易に想像できることは、子どもたちは一見元気そうに見えても、「社会全体の閉塞感」を敏感に感じ取り、大人が思う以上にストレスを抱え、希望を失っているという状況であります。

「未来応援給付」は、学校生活の制限による子どもたちや度々の自粛によって並々ならぬご苦労があった子育て保護者の方々に、公明党として寄り添うことを考えたことが出発点であります。ゆえに、これからの未来世代を応援するメッセージを込め、「高校3年生までの子どもたちすべてに一律給付する」という公明党の施策は、的を得たものであったと確信しております。

最後に、公明党は、次世代の人材(支え手)を育成することは「国」の責務である考え行動してまいりました。コロナ禍の不安を払しょくし、だれもが安心して子どもを産み育て、十分な教育が受けられる社会づくりを、今こそ「国家戦略」の一つに据えるべきだと考えております。

ポストコロナの時代、「日本再生へ新たな挑戦」をスタートするにあたり、どこまでも「寄り添う心」を大切にし、国(地球)の宝である子どもたちを社会全体で守り育てていく社会の実現のため、これからも勇猛精進してまいります。

福岡市の舞鶴公園において、「落ちにくいブランコ」、「車いすのまま使える砂場」など、「ユニバーサル都市・福岡」の実現を目指し、障がいの有無や年齢などに関わらず、あらゆる子どもたちがお互いの違いを理解し合い、一緒に遊べる遊具広場の整備を進めるための実証実験が始まりました。

西日本新聞朝刊(11月19日)

  (11月19日 西日本新聞朝刊)

インクルーシブな遊び場づくりの概要

議会提案の実現(令和3年9月定例議会【9月7日一般質問】

 

 

「脳梗塞により半身不随となった40代の方から、寝返りが打てずバリウムによる胃がん検診が受けれないので、胃カメラによる検診が受けられるようにしてほしい」との市民相談を受け、保健福祉局健康医療部健康増進課に要望したところ、令和3年12月1日(水)から1,800円の受診料金(市県民税非課税世帯の人、生活保護受給者、中国残留邦人等で支援給付の受給者は証明書の提示により料金は免除)で受けられるようになりました。「50代になるのを待たなくても受診できるようになってうれしい」との喜びの声が寄せられました。

福岡市検診ガイド(抜粋)

特例措置(40代で胃カメラ検診)の概要

 

11月16日(火)、交通対策特別委員会が開催され「都心部における道路交通の円滑化に関する調査」について報告を受けました。バス路線の幹線・フィーダー化については、バス路線の再編において、乗継拠点から都心部への運行効率化(減便)で浮いた経費を都市周辺部から乗継拠点までの折り返し交通の利便性の向上のために使うこと(1時間に1本の運行を2本にすることなど)、事業運営主体の違い(バス・地下鉄・JRなど)を乗り越えるような運賃体系の確立(東京の交通マネージメントのような経営効率化により不採算路線を収益の高い路線で補填し運賃を安価に抑えるなどの運賃体系の確立)を提案いたしました。

11月1日から福岡市のほぼ全ての公民館で無料Wi-Fiが利用できるようになりました。オンライン申請やZOOMを使ったオンライン講座など公民館の利便性が飛躍的に向上します。デジタルが苦手な方へのサポートも行われますので、ご安心ください。

公民館Wi-Fi

 

公民館Wi-Fi整備の概要

(議会提案の実現)

福岡市では、現在、行政手続きのデジタル化・オンライン化などのデジタルトランスフォーメーション(DX) の取組みを積極的に進め、4月から、新電子申請システムの運用が開始されております。11月15日から、新たに「子ども医療証の申請」と「国民健康保険の脱退届」の2つの手続きが新電子 申請システムに加わりますので、お知らせします。

オンライン手続き拡大中

 

福岡市における新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が下記のとおり実施されますので、 お知らせします。

※今後の国の方針やワクチン供給状況等に応じて、変更となる場合がありますのでご留意ください。

新型コロナウイルス3回目接種の概要

福岡市は、働きたい高齢者と企業の多様な雇用をマッチングする仕組みや環境をつくり、 高齢者の就業を応援する「シニア活躍応援プロジェクト」を実施しています。

シニア活躍応援プロジェクトの概要

「側溝のブロックに凹凸があり、しかも弛んでガタガタしており、足を挫く歩行者が多いので何とかしてほしい」との市民相談を受け、東区維持管理課に働きかけ、側溝ブロックの凹凸の改修を行いました。「これで安心して通行できます」と地域の皆様から喜びの声が寄せられました。

歩道の凹凸の改修(和白東5丁目3番地)