menu

 藤岡市議会9月定例会が、本日開会となりました。日程は20日までの20日間です。9月議会は決算議会で、28年度の決算について審査し、市民からお預かりした税金の使い道をチェックしてまいります。分厚い決算書との格闘と、一般質問の準備が並行してしばらく続きますが、全てにしっかりと取り組んでまいります

 今回の一般質問は障がい者の支援について、特に特別支援学校を卒業した若者の就業支援について教育の観点から取り組んでまいります。通告内容は・・・

 

障がい者支援について

(1)障害者差別解消法について

(2)就労支援の現状について

(3)障害者雇用率制度について

(4)障害者雇用促進事業補助金について

(5)特別支援学校高等部専攻科について

(6)福祉型専攻科について

 

 特別支援学校にお子さんが通う保護者と支援者の皆さんの努力と藤岡市長の理解と協力、そして県知事の決断によって藤岡特別支援学校にも来年度から高等部が設置されることとなりました。とても素晴らしいことで、皆様の努力に感謝申し上げます。しかし高等部を卒業しても、知的障がいの方の過半数は就職はすぐにはできず、過半数が福祉施設に入所または通所しているのが現状です。もちろんそこで訓練を積んでさらに就職を含めて自立に向けて努力を続けることになるのですが、なかなか前途は多難な状況があります。

 一方で健常者の高校卒業生の8割は、大学や専門学校に進学しています。障がい者もさらにあと何年か学ぶことができれば、一般企業に就職できる可能性は相当上がると言われています。高等部設置の更にその後を目指して、卒業生がさらに学ぶという選択肢を得られるよう提案してまいります。

コメント投稿

ブログバックナンバー
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp