menu

 

市内で「関孝和先生顕彰第65回全日本珠算競技大会」が開催され、開会式に出席してきました。これは「和算」という日本独自の高等数学を大成した数学者である、関 孝和を顕彰するそろばん競技大会です。関孝和はニュートン、ライプニッツと並んで、世界3大数学者と言われていて、一説に藤岡生まれとされています。群馬県民が誇る郷土かるた「上毛かるた」にも、「和算の大家 関孝和」という札があり、県民には広く知られています。その関孝和を顕彰するこの大会は、藤岡市で開催される唯一の「全国大会」なのです。

 全国大会の名に恥じず、北は青森県から南は沖縄まで全国から300名を超える精鋭が参加してくれました。そのレベルは非常に高く、開会式の前に座席で練習している小学生の小さな女の子が両手を使ってものすごいスピードで算盤をはじいているのを見て、非常に驚かされました。

 この大会を戦後間もないころから開催し、支えてくださった皆様に感謝し、選手全員がいかんなく実力を発揮して、藤岡にいい思い出を作ってくれるようにと願います。

コメント投稿

ブログバックナンバー
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp