menu

 地元の藤岡第一小学校で、群馬大学大学院の片田敏孝教授をお招きして防災講演会が開催され、PTAの一人として参加してきました。片田教授は「釜石の奇跡」で有名な先生で、防災研究の専門家です。釜石の奇跡とは、片田教授が8年間に渡って防災指導に当ってきた釜石の小中学生たちのほとんどが、あの大津波から逃れることができたばかりでなく、多くの地域の幼児・高齢者をも救ったという事実です。

 この講演会では、片田教授が子どもたちをどう指導してきたのかを語ってくれました。それは「想定を信じるな」「最善を尽くせ」「率先避難者たれ」という3か条なのですが、これはなにも津波だけでなく、あらゆる災害に通じることだと思います。群馬にはもちろん津波は来ませんが、台風や地震はいつあっても不思議ではありませんし、火災などでも同様です。地域の防災力をハード・ソフト面で高めていく努力は、政治・行政の責任として当然必要ですが、子どもたちの命をどう守っていくのか、そのために子どもたちになにを教えていけばいいのかという視点で、大変示唆に富んだ講演会でした。同時に釜石の子どもたちの姿から、防災教育とは単なる危機回避に留まらず、子どもの生きる力を引き出す教育であり人間教育であると教えられた思いです。教育で一番大切なことは、「命を守ること」を教えることではないでしょうか。

コメント投稿

ブログバックナンバー
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp