menu

 藤岡市戦没者追悼式が市民ホールで行われ、出席して参りました。太平洋戦争では現在の藤岡市の地域でも、1509名の方が戦死されています。戦後の繁栄もこの尊い犠牲の上に成り立っていることに思いをいたし、心静かなひと時を過ごしました。

 今年は大震災があり、多くの命が失われました。そして福島の原子力災害もあり、国難ともいえる事態が続いています。しかし日本人は戦後の焼け野原から、底力を発揮して現在の日本を築いてきたのです。戦中を戦い抜き、戦後の復興と発展を支えてきたのは私たちの祖父母・父母の世代でした。震災後の復興を担う責任があるのは、私たちとその子どもたちの世代と言えるかもしれません。自分の為すべき事を全力でやり遂げること、そして次の世代へ祖父母・父母の体験をしっかりと語り継ぐことが大切です。式典では2人の高校生が、不戦の誓いと震災復興への思いを語ってくれました。戦没者の方々も、きっと喜んでくれていることでしょう。

コメント投稿

ブログバックナンバー
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp