menu

10月31日

 春のように暖かい一日、東京の日本教育会館で行われた議員研修に、斉藤議員と共に市議会公明党として参加してきました。今回の「公共経営シンポジウム」のメインは「放射能汚染から住民を守るために、今何をなすべきか」と題して、放射能除染の取り組みについてでした。まず仁志田福島県伊達市長より、福島原発事故後の除染作業への取り組みを中心に基調講演が行われ、その後同市長、除染を求める東京都内の民間団体の代表、被災地での福祉避難所開設・運営に取り組んだ特定非営利活動法人職員さんを交えてのパネルディスカッションが行われました。

 放射能の問題については、藤岡市内では高い線量が観測された地点は現在のところありません。しかし市民の不安を解消するために、やるべきことはしっかりと取り組んでいかなければなりません。福島から避難されてきた方に対し、悲しい思いをさせることを繰り返させてはいけないと思います。これからも議員として市民の皆さんにお応えできる知識を吸収できるよう、折に触れて学んでまいります。

 会場には太田市議会公明党の皆さん、桐生市議会の山之内議員も来ていました。勉強熱心は公明党の伝統です。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp