menu

9月定例市議会が開かれ、論戦がスタートしました。

 

 本日、9月定例市議会が開会され、終日審議に出席させていただきました。その中で、6月議会で私が推進させていただいた「ふるさと寄付金条例」も議案として提案され、審議に入り、総務常任委員会に付託されました。さまざまな課題は残っていますが、実現に向けて動き出しました。

 

 市議会は、今週は常任委員会、来週は決算特別委員会、再来週が一般質問と続きます。現在一般質問の原稿の追い込みと、決算の分厚い資料との格闘が続いています。市民の皆様の声を市政に届けるため、また大切な税金の使い道をきちんと市民に代わってチェックさせていただくためにしっかり取り組んでまいります。

 

 私の一般質問は、今回はトップを切っての質問となり、16日(火曜)の午前10時からと決まりました。今回の質問の内容は

 

1.ごみ処理について
 (1)紙ごみの資源回収について (2)藤岡市指定ごみ袋について(3)携帯電話等のリサイ
  クル促進について

 

2.雇用促進住宅小林宿舎の廃止について
 (1)市の対応について

 

 以上を質問する予定です。最近の猛烈なゲリラ豪雨は、地球温暖化の進行によるものでは、との声も聞こえます。学校では日本は温帯と習ったはずですが、すでに亜熱帯に入ったと指摘する説もあるそうです。足元から環境問題に取り組んでいかなければなりません。

 

 雇用促進住宅については、いきなり早期に廃止という話になり、入居者は本当に困っています。公明党は真剣に取り組んでおり、先日はスケジュールを1年延ばすことができました。国の政策変更の問題ではありますが、藤岡市では何が出来るのか、探っていきたいと考えています。
   

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp